柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

不審者の事 節約

小さな間取りと最低限の持ち物と2Wayテーブルの簡単DIYの話

投稿日:2020年1月4日 更新日:

1年半も前の事なのに、まだ昨日の事のように覚えている不審者から逃げた引っ越し後の安堵感と不安感。

そして、また見つかって逃げる時の為に、荷物は最低限しか持たないと心に誓いながら暮らした1年半。

結果、私は「小さな間取りに最低限の持ち物で暮らす一人暮らしのおひとり様」という人間になりました。

 

この1年半は、小さい間取りの空間に機能的や癒しは求めず、ただただ逃げる時にすぐ持って逃げられる最低限の物で暮らしていたので、これでいいんだと思いながらも、常に空洞の中にいるような殺風景な生活でした。

 

そんな暮らしが急に虚しくなり、

去年の後半に、思い切って小さなソファーを買ったんですよね。

物を増やす事に恐怖すら感じての生活でしたが、思い切って買ってみると、やはり生活は楽しいほうに激変し、買って良かったと思いました。

それに狭い部屋なのに、狭くは感じずそれどころか部屋が広く落ち着いて見えます。

 

まだ現在も物を増やす事の怖さが無くなった訳ではありませんが、昨年末ソファーを購入した事で、今年は暮らしを楽しくする為のお買い物をしても良いかな。と思えるようになりました。

そう思えるようになると、ソファーに座ったまま使えるテーブルが欲しくなってきたんですよね。

 

で、まずはいつも使っている背の低いテーブルと家にあるものを使って出来ないかな?と思いまして、

 

今回、この棚を使ってこんなものを作ってみました。^^;

 

なんと、高さは私が座った時にピッタリという偶然。

 

そこへ、外出していた次女が戻り、これを見て笑っていましたが、まず2人でこのテーブルでご飯を食べて使用感を確かめてみる事に。

いいんじゃない?と次女の嬉しい感想。

棚に乗せただけなので、低くして使いたい時はすぐに元に戻せます。

しばらくこれで使用感を確かめてみて、変だったらまた考えます。

例え、「小さな間取りに最低限の持ち物で暮らす一人暮らしのおひとり様」という私でも、やはり自分の居る空間作りは大切なんですね。

 

今年は、不審者の事を忘れて、部屋を工夫できる年になれるかもしれないと前向きな私がいて嬉しいです。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-不審者の事, 節約
-,

執筆者:

関連記事

意地悪な私に優しい息子。

  シングル底辺暮らしの私の財布から、お金が羽をつけて飛んでいきます。 ・まず、車の車検。 本当は60歳になったら車は手放そうと思っていたのですが、親の介護が長引きそうで、まだまだ車がいるので、今回も …

精神異常で不審者の恐ろしいまでの執着心を見ました。

私の人生色んな事がありすぎて、しっちゃかめっちゃか人生ですが、 その中でも一番怖かったのは、5年にも及ぶ不審者の嫌がらせでした。 何人ものグループでの集団不審者でした。 最初は1人だけだと思っていたの …

安物買いの私だけど、銭失いではない買い物が出来るようになりました。

衝動買いの少ない私ですが、今までは吟味して購入しても失敗する事が結構あり、衣類に関しては、40代の半ば頃から、好きと似合うが崩れてきて、買ってきても着られない服がクローゼットに並んでいました。 40代 …

結局0円でマスクが2枚作れた結果となりました。

  前回のアベノマスクのリメイク失敗作ですが、 こちらです。 無器用が災いした、ブサイクな仕上がりに結構落ち込んだ私でしたが、   私がそのリメイクマスクをつけた画像が長女のツボに …

底辺暮らしで介護中、1枚しかないズボンがやぶけたけど選択は1つのみ。笑

  お出かけ着も普段着も1セットしか持っていない私ですが、 なんと、その普段着のズボンがやぶけました。>< 最初は小さな穴でしたが、見て見ぬふりをしている間に大きくなってしまって …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ