柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 不審者の事

不審者に見つからないように夜逃げみたいな引っ越しでした。

投稿日:2018年9月5日 更新日:

 

 

こんにちは。

長い間、得体の知れない不審者に悩まされていましたが

8月に引っ越しをすることができて、やっと落ち着いた生活を

送ることが出来るようになったみのり一家です。

 

不審者が家に来るようになったのは4年前。

半年に1度ほどの間隔で嫌がらせをされていたのが

今年に入って間隔が短くなり

5月あたりからは間隔が1週間間隔になりました。

ある時は、私が外出して忘れ物に気づきすぐに家に戻ると

不審者が玄関のドアノブに手をかけていたこともあったりして。

 

死角になる場所でずっと様子を伺っていたのかと思うと

震えが止まりませんでした。

この時は体が硬直している間に、逃げられてしまいました。

 

 

堂々と防犯カメラが付いているエレベーターでマンションに入り

玄関にビラを何枚も貼り、郵便受けを覗き、

何かをメモして去っていく。

オートロック無しの古いマンションだから出来ることでした。

 

24時間いつでもお構いなしになしにやってくる不審者に

何度、警察に電話をして現場検証してもらったことか。

 

その後、不審者は精神異常者だと解りました。

保健所の管轄(かんかつ)で警察ではどうにもできなし、

私が出来る事は、家族を守るためにも

不審者に見つからないように

ひっそりと引っ越す事しかありませんでした。

 

 

必要最低限の物だけを少しずつ運び

いかにもまだ住んでいるかのように玄関の置物もそのままに

マンションの住人にも挨拶もせず、夜逃げのような状態で引っ越しました。

 

元夫がらみの不審者。

元夫の家族だった私への異常な嫌がらせをする不審者。

毎日震えが止まらない程の恐怖に怯えるのに

警察が捕まえる事の出来ない厄介な精神異常不審者。

 

 

dav

 

 

引っ越して1か月が経ちました。

お陰様で安心した落ち着いた生活が送れています。

普通に笑って、普通に買い物して、

普通に玄関を開けられる幸せをかみしめている毎日です。

 

身に覚えのない事で、

事件に巻き込まれることが誰にでも起こるんだという事を

今回の不審者の事で思い知った私でした。

 

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

今回の件で元夫に連絡しました。
元夫絡で怖い思いをしていたと・・・。
すると、夫からこんなメールがきました。

「何も怖がる事はありません。」

昔、海でだれか一人だけ助けられるとしたら
大波がきて沖に流された妻の私よりも
近くにいる人を助けると平気で言った元夫の顔が浮かび
不審者よりも恐ろしいと身震いした私でした。苦笑

今日もお読みくださりありがとうございました。(^^♪

-シングル家庭の家事情, 不審者の事
-, ,

執筆者:

関連記事

なぜNO!と言えないの?引っ越し費用を48000円も損をするところでした。

  こんにちは、みのりです。 今日は、引っ越し費用を比較するサイトに登録してみた ら、みのり家はどうなったのか?の話です。   大きな家電や家具は引っ越し先に持って行かないと思って …

シングル家庭。離婚を打ち明けた時の、娘の嬉し涙が目に焼き付いています。

こんにちは。 次女に離婚を打ち明けた時の、次女の目からあふれ出した涙が忘れられないみのりです。   今日はその次女が帰ってきます。社会人アスリートです。 この子は、小学6年生から高校に入るま …

引き寄せの法則は本当だった?全ての願いが叶いビビッてます。

こんにちは。 ノートに書いた「叶えたい希望の引っ越し条件」をみてビビったみのりです。笑   あなたは、願いがすべて叶った経験ってありますか?   今日は、全身に鳥肌が立ちまくった程 …

隠してきたわが家の秘密を18歳の息子は黙って聞いてくれました。

こんにちは。 桜の下で息子に秘密を打ち明けて心が軽くなったみのりです。   いつかは話さなくちゃいけないと悩みながら18年が経ちました。それは   • 娘達と息子は父親が違うという …

わが家の部屋がガラーンとしている理由

こんにちは。 新しいわが家は小さいのに荷物がないので、 やけにガラーンとしていて妙に落ち着かないみのりです。   すっきりした部屋に憧れていたはずなのに いざ、すっきりというかガラーンとした …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ