柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

50代シニアの硬い脳みそが敏感に反応したウグイスとカナリヤの意味

投稿日:2019年10月3日 更新日:

こんにちは。

久しぶりの感覚にただの草花にさえ酔いしれているみのりです。

 

昨夜、父と食事を終え、流しまわりを片付けていました。

後ろから認知症の父が言いました。

「お前は仕事がはやいのう。」

私が言います。

「こんな事しか取り柄がないからね。でもありがとう、うれしいわ。」

 

と、ここまでは、いつもの夕飯の片付けの、毎日のひとこまで同じでした。

 

昨日はそれに加え、

「そしてなによりお前は元気が良くて声がいい。うぐいすカナリヤもかなわないきれいな声じゃ。」と言いました。

 

すごく嬉しかったです。

こんな幸せが満ち溢れる誉め言葉をもらったのはきっと初めてではないでしょうか。

 

そんな誉め言葉をもらってから、私の脳はなんだか踊りっぱなしで浮かれてます。

 

褒められるってこんなに嬉しい事なんですね。

特に家族から言われると喜びが倍です。

 

娘にLINEで自慢すると、「おじいちゃん、ナイス!!」と返信がきました。

 

褒められるっていいですね。

こんな50代シニアのカッチカチで、何でも疑ってかかる傾向になった脳みそでも、

瞬間に柔くなって踊りだすのですから。

幸福度指数が一気に跳ね上がります。

 

「褒めて伸ばす」ってよく言いますけれど、本当にそうだと50代後半になって実感した次第です。

 

父が認知症になってからの介護が思いのほか大変で、

あんな事こんな事もあって、父の前では無理して笑顔を作っていましたが、まさかのその作り笑顔を見抜いていたからの誉め言葉だったかもしれません。

でも、それでも私には最高の言葉でした。

 

昨日は認知症の父から、褒める事の大切さと褒められる事の嬉しさを学びました。

 

今日も話を聞いてくださりありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

荷造り中。家族との絆の食器を捨てる事への罪悪感。

  認知症親との同居の為の実家へ引っ越しです。 実家には私の荷物を置くスペースがほとんど無いため、荷造りは「要るか要らないか」ではなく、「置くところなんてないし、捨てるしかない。」という選択 …

物が少なく小さな暮らしに満足するシニア50代おひとり様のひとり言。

  こんにちは。 50代、小さな暮らしのおひとり様みのりです。   今日は、 •物が無いすっきりした暮らしが生きやすいという事を日々実感している今の私の生活と •過去の不要な物を宝 …

手作りのドクダミ茶が一番だと思った体調不良の朝

梅雨に入る前にせっせと摘んだドクダミなのに、 洗って吊るして乾燥させるまでの工程で満足していまい 飲むのを忘れていました。^^; 今日は、明け方からお腹の調子が悪く元気が出ません。 身体の中から温めた …

50代おひとり様の私、細切れ時間にネット内職しています。

1日わずかの地味~な内職をやっているみのりです。笑   一日置きに父の介護のために実家に行っている私ですが、 今までは父がウトウト寝ている細切れな時間、私はする事が無く、時間がもったいなくて …

父の認知症が私の心の病を克服するきっかけになりました。

めっきり外に出なくなった父のために景色を撮るための散歩が楽しくなりました。 お気に入りの同じ散歩道でも毎日違う景色が見られます。   春なのに秋のような落ち葉の色。   初めて見る …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ