柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

50代シニアの硬い脳みそが敏感に反応したウグイスとカナリヤの意味

投稿日:2019年10月3日 更新日:

こんにちは。

久しぶりの感覚にただの草花にさえ酔いしれているみのりです。

 

昨夜、父と食事を終え、流しまわりを片付けていました。

後ろから認知症の父が言いました。

「お前は仕事がはやいのう。」

私が言います。

「こんな事しか取り柄がないからね。でもありがとう、うれしいわ。」

 

と、ここまでは、いつもの夕飯の片付けの、毎日のひとこまで同じでした。

 

昨日はそれに加え、

「そしてなによりお前は元気が良くて声がいい。うぐいすカナリヤもかなわないきれいな声じゃ。」と言いました。

 

すごく嬉しかったです。

こんな幸せが満ち溢れる誉め言葉をもらったのはきっと初めてではないでしょうか。

 

そんな誉め言葉をもらってから、私の脳はなんだか踊りっぱなしで浮かれてます。

 

褒められるってこんなに嬉しい事なんですね。

特に家族から言われると喜びが倍です。

 

娘にLINEで自慢すると、「おじいちゃん、ナイス!!」と返信がきました。

 

褒められるっていいですね。

こんな50代シニアのカッチカチで、何でも疑ってかかる傾向になった脳みそでも、

瞬間に柔くなって踊りだすのですから。

幸福度指数が一気に跳ね上がります。

 

「褒めて伸ばす」ってよく言いますけれど、本当にそうだと50代後半になって実感した次第です。

 

父が認知症になってからの介護が思いのほか大変で、

あんな事こんな事もあって、父の前では無理して笑顔を作っていましたが、まさかのその作り笑顔を見抜いていたからの誉め言葉だったかもしれません。

でも、それでも私には最高の言葉でした。

 

昨日は認知症の父から、褒める事の大切さと褒められる事の嬉しさを学びました。

 

今日も話を聞いてくださりありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

カサンドラ症候群という名前がついていました。

  先日、ネットで調べ物をしている時に、 「アスペルガーを夫に持つ妻」という文字が 目に入ってきたんですよね。   2度目の元夫の、 離婚して初めて、あの理解できない私を苦しめた言 …

ごめんなさいを伝える勇気。

  去年の2019年の9月に妹から7枚の手紙をもらいました。 その手紙の内容を読んで、私の中で姉妹の関係に終止符を打ちました。   7枚全部に自分の事が全否定された内容が書かれてい …

背中にドリルみたいなもので穴を開けます、と言われ血の気が引く私。

紛瘤(ふんりゅう)の病で切開した方いらっしゃいますか? もしいたら、その時の様子を教えてください。 私、怖くてキャンセルして帰ってきてしまったんです。 ちなみに、私の皮膚のしこりは5㎝の大きさです。 …

私59歳。人生の先輩の歩みを聞いて思う事。

  最近、70代、80代の方とお会いする機会が増えました。 その方達のこれまでの歩みを聞く事が今の私の楽しみです。 それぞれのいろんな人生があり、人生の先輩の実話には引き込まれてしまいます。 …

70代のお下がりを身に着ける50代の私。

  昨日、実家の近くに住む叔母から畑に野菜を取りに来ない?とメールがきました。 喜んで行って気づきました。 「アッ、ちょうど叔母からお下がりで貰ったズボン履いてるわ。」と。 前回、叔母の家に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ