柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

50代シニアの硬い脳みそが敏感に反応したウグイスとカナリヤの意味

投稿日:2019年10月3日 更新日:

こんにちは。

久しぶりの感覚にただの草花にさえ酔いしれているみのりです。

 

昨夜、父と食事を終え、流しまわりを片付けていました。

後ろから認知症の父が言いました。

「お前は仕事がはやいのう。」

私が言います。

「こんな事しか取り柄がないからね。でもありがとう、うれしいわ。」

 

と、ここまでは、いつもの夕飯の片付けの、毎日のひとこまで同じでした。

 

昨日はそれに加え、

「そしてなによりお前は元気が良くて声がいい。うぐいすカナリヤもかなわないきれいな声じゃ。」と言いました。

 

すごく嬉しかったです。

こんな幸せが満ち溢れる誉め言葉をもらったのはきっと初めてではないでしょうか。

 

そんな誉め言葉をもらってから、私の脳はなんだか踊りっぱなしで浮かれてます。

 

褒められるってこんなに嬉しい事なんですね。

特に家族から言われると喜びが倍です。

 

娘にLINEで自慢すると、「おじいちゃん、ナイス!!」と返信がきました。

 

褒められるっていいですね。

こんな50代シニアのカッチカチで、何でも疑ってかかる傾向になった脳みそでも、

瞬間に柔くなって踊りだすのですから。

幸福度指数が一気に跳ね上がります。

 

「褒めて伸ばす」ってよく言いますけれど、本当にそうだと50代後半になって実感した次第です。

 

父が認知症になってからの介護が思いのほか大変で、

あんな事こんな事もあって、父の前では無理して笑顔を作っていましたが、まさかのその作り笑顔を見抜いていたからの誉め言葉だったかもしれません。

でも、それでも私には最高の言葉でした。

 

昨日は認知症の父から、褒める事の大切さと褒められる事の嬉しさを学びました。

 

今日も話を聞いてくださりありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

過去を救ってくれたポテチ。

  今日もお料理のお手伝いに子供さんのいるお宅へご飯を作りに行って来ました。 台所で調理をしながら、親子の会話が聞こえてくると、ああ、私にもこんな時代があったなぁ。と懐かしくなります。 今日 …

60歳ペットボトルのフタも開けられない指でピアノを弾くから・・・。

今日はギターの上手な方と私のピアノで曲の練習をしました。 家にはピアノもキーボードも無いので(小さな子供用はある)、練習している曲の編曲がやりたくても出来ないし、ずっとピアノを弾いていなっかたので、指 …

介護の疲れ。音も人の声も雑音です。

  介護の疲れ。音も人の声も雑音です。 本当はとても疲れる父のお世話。 けれど、疲れるなぁと思いながらお世話をすると、そんな気持ちが態度や顔に出ちゃうといけないと思い、父の前では元気なふりを …

化粧しても子供の頃から変わらない顔ってどうなんでしょう?

私、色んな知り合いに声を掛けられるんです。 最近では、近所のお店で中学生の頃の同級生に声を掛けられました。旧姓のフルネームで。しかし、私は相手の記憶が全くなく、名前を聞いても思い出せず、失礼な形で別れ …

ダサいオバサンの痛かった日。50代一人暮らしの反省

毎日、「ザ・オバサン」の格好で父のお世話をしに実家に向かいます。 お世話は掃除や庭の手入れも含めるので   •汚れても目立たない色で •汚れたらすぐ捨てられる。 こんな服装が理想です。 &n …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ