柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

家庭菜園

父や私の気持ちを子供に繋いでくれるもの。

投稿日:

札幌に住む長女にまたまた庭の大根を送りました。

またなの?ですよね。^^;
でも、しつこく送ったのではなく、嬉しい事に娘からリクエストがあったからですよ~。^^;

今、札幌は雪が多くて、近くのお店に子供を連れて買い物に行けないし野菜も高い。と言っていたので、それならばまだ畑に5本植わってるよ、要る?って聞いてみたんです。

「いいの~?送ってくれるととても有難いわ~。甘くて美味しいのよ、お母さんの大根」って嬉しい事言ってくれたので、

喜んで送ったという訳です。^^

自分で育てた大根は自分で食べるのではなく、子供に食べて貰うほうが断然作り甲斐があります。

 

家にあった、
・大きな梨と(多分荒尾梨かな?)
・蜜の入ったリンゴ3つと
・大きな白菜半分と
・キンカンの甘露煮も一緒に入れました。

今回はお店で買った物は何も入れなかったし箱も小さかったので、送料が激安の1600円で札幌まで届きます。やっす‼
(ひでき、感激~!です)笑

 

小さい大根だったけれど、作って良かったなぁって思っているところです。お隣さんに種を頂いたおかげなんですけどね。)

そして特に冬は、普通便で送れるし送料も安く届くのなら、来年はもう少し多くの冬野菜を作って送ってあげたいと欲が出てきました。

 

畑仕事に全く興味が無かった私が変われば変わるものです。笑
(褒め上手な長女のおかげです。^^)

 

褒めちぎられてその気になる性格を知っているかのような褒め方をしてくれるものだから、

子供への贈り物は「自分で作った野菜」が一番だよねとニヤニヤがとまらい私。

単純ですよね。

 

こうやって子供と畑の話をする度、思い出すのは畑で黙々と野菜を作っていた元気な頃の父の姿と、認知症になってから畑仕事をする父の姿。

認知症になって畑の野菜が解らなくなり、片っ端からハサミで野菜を切り刻み、野菜が無くなった畑をじっと見つめては、お前にあげる野菜が足りないな。と畑の事を心配していた父の顔を思い出します。

 

小さいけれど実家の庭の畑がこれから先、子供達に父や私の親の気持ちを繋いでくれるような気がします。

◆「家庭菜園」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-家庭菜園
-, , , ,

執筆者:

関連記事

歳を取るとコンプレックスは消えていく。

今日は曇りで気温が24℃。 裏庭の畑の雑草抜きは今しかない!という事で、 ボーボーに生えまくって手に負えなくなっている雑草抜きを頑張りました。 ゴム手袋して大きなシャベルで掘り返してクワで土を馴らして …

まさに私の理想の暮らしをしていたお隣の奥さん。

わが家とお隣さんの500人待ちの玉ねぎの苗がやっと順番が回ってきて手に入りました。 今年は早く予約したつもりでしたが、私達の前にはすでに500人もの人が注文していたんですね。 玉ねぎの苗大人気です。 …

料理で使った芋の皮から芽が出て再生栽培?

今日は朝から再生栽培のYouTube三昧でした。 お店で買ってきたキノコを自分で再生栽培する動画を見たんです。 「真似される場合は自己責任でお願いします。」って事でしたが、自宅で料理に使った後の残りの …

30年前の自分に教えてあげたい事。

叔母の旦那様から、これでもか!という量の水菜を頂いたので、カットした部分を庭のあちこちに植えてみました。 自分でも水菜の種まきをしていたので、庭はどこみても水菜だらけになりました。^^; 冷蔵庫の中も …

これはやりすぎですお隣さん。

今まで色々とあったお隣さんですが、その事には目をつぶってご近所付き合いをしています。 ・実家の敷地内に入ってきて1周ぐるり回られ時は、びっくりし^^; ・実家のミカンのお裾分けを予想以上にごっそりもぎ …


  1. こしあん より:

    ひでき、感激~!は久しぶりに聞きましたよ!
    大根美味しそうですね。
    娘さんも喜んでくれますし、作りがいがありますよね。
    私も先月実家に帰省した際に、母から「野菜持って行ってよ!」って言われたんですが、なんせ新幹線利用でトランクには自分の荷物でいっぱいだしで、軽いものだけ(ネギとほうれん草)をもらって来ましたよ。
    大根は重いし、巨大な白菜(お店の三倍ぐらいの大きさありました)も重いのでそれはやめましたね。

    実は母は正月明けに心不全になり入院しているんですよ。(妹が帰省中に付き添ってくれました)
    手術しないと完治はしないそうなんですが、これからどうするか、デイサービスのロングステイや施設もあたってはいますが、空きがないので空き待ち状態なんです。
    野菜はもう作れないと思いますね。

    みのりさんのお父さんの野菜作りのお話を聞いて、私の母も認知が出てきているので、もしまた畑に出られることがあっても、同じことをするかもしれません。(寂しいですよね~)
    うちもマンションじゃなくて、小さな庭付き戸建にしておいたら、何か作れたんじゃないかと、今更ながら後悔していますよ。

    これからも美味しい野菜たくさん作れるよう、体力つけて頑張ってくださいね!

    • minori より:

      こしあんさん、こんばんは!
      今日はこちらを読んで思わず涙がこぼれました。こしあんさんのお母様のお野菜とこしあんさんの気持ちと私の父の畑の気持ちなどが重なってしまいました。
      お母様の事、そうだったのですね。しかしながら妹さんがいらっしゃる時で本当に良かった。お一人の時だったらと思うとぞっとしますね。そしてこれからが大変ですね。いろんな手続きや決め事で迷い、それなのに施設は飽きが無くて決まらない。本当に大変だと思いますが頑張って下さいね。1つアドバイスできる事があるとすれば、「最初の段階で姉妹でしっかり話し合っておく事がとても大事」という事です。身に染みて思います。
      お母様のお野菜が食べられなくなる寂しさも慣れなくちゃならないし、お母様が変わっていく現実も受け止めなきゃならない。こういう心の葛藤が結構こたえますが頑張って下さいね。大根と白菜持って帰りたかったですね~。新幹線って頭上の収納も高いし足の所は狭いしでいくつもバッグも持ち込めませんよね。うちの息子もいつも新幹線を利用して帰ってくるのですが、今回息子も、持って帰りたいのに入らない~。と言って諦めた物がありました。私も野菜作りは偶然で、最初は近所の目があり嫌々やったのが始まりです。60代になって初めて土を耕しました。^^;40代の頃庭付きの戸建てに住んでいましたが、家庭菜園?とんでもない。と思ってました。^^;お母様の畑、誰かが引き継いでくれるといいですね。回復をお祈りしています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ