柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

認知症の部屋、マッチの火で焦げた残骸を見て思う事。

投稿日:

 

今日は、天気も良かったので、実家の介護後の掃除をしました。

畳を拭いている時に畳の焦げた跡が目に入りました。
そして、焦げた座布団に、焦げた父のはんてん。

よくあの時家が燃えなかったと、あの時の情景を思い出してぞっとしました。

あの日は、いつものように朝起きて父の部屋に行くと、
・何か所も焦げて大きな穴があいた座布団と
・その上に半分燃えた父の靴下と半分真っ黒焦げたティッシュが何枚もありました。
・すった後のマッチも何本かありました。

こんな光景が目に飛び込んできたんです。

見た瞬間血の気が引いたのを思い出します。

部屋を見渡すと、焦げた畳と、焦げて穴の開いた父のたんぜんも見えたんですよね。

もう、力が抜けてヘナヘナと座り込みましたね。

 

夜中に仏壇に線香をつけようとマッチを擦って何本も手から落ちたのでしょう。

そして、火が座布団に移り、燃えたので、ティッシュで押さえて消そうとしたのでしょう。半分程燃えて黒くなったティッシュが何枚もありましたから。

父を起こし、これどうしたの?と聞くけれど、全く覚えていませんでした。
焦げたもろもろを見ても、何の反応もありませんでしたね。

座布団にあいたこげた大きな深い穴。もしも、火が座布団の中でくすぶっていたら・・・。もしも、もしも・・・。

仏壇の横は薄い障子です。

燃え移らなかったのがキセキです。

 

あの時生まれて初めて、腰が抜けるという経験をしました。

あの日は来客がありマッチを出し、いつもは隠してあるマッチをたまたま仕舞い忘れました。
火事に繋がる不注意は介護者として絶対にやってはいけないことです。

焦げた残骸を見て、強く思いました。

家が燃えなかったのは奇跡です。

↑以前こちらの記事に書いたのは、こんな事でした。

今、認知症の方の介護をしている方は、充分お気をつけくださいね。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症介護。経験談のアドバイスコメントに助けられる日々です。

温度計が30度をさしています。そんな中、 父は暑くはないぞと言って毛布をかぶり、熱いお茶を飲んでいました。 そんな父を見て去年の夏の恐怖が蘇り、この介護生活を夏までには早くどうにか終わらせないと・・・ …

認知症父の施設での幸せな様子がたまらなく嬉しい娘です。

父の3回目のワクチン接種の問診票を書きに、施設に行って来ました。 今はコロナで面会出来ませんが、父は元気にしているという事でした。 そしてなんと、対応して下さった職員の方が、偶然にも父の故郷の近くの出 …

嫌だ嫌だと言い続けても解決の道は残されてないのに往生際の悪い私です。

  昨夜、夢にうなされて飛び起きました。 大きな声で「待ってください!」と言って飛び起きたと思います。 夢の相手は不動産屋さん。^^;   実家の父はもう一人では暮らせない程おかしな行動が2 …

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

認知症親のひとり介護3ヶ月に入って思う事

  休みなし1日12時間のひとり介護が3ヶ月目に入りました。 今年の夏は、猛暑でしたので、クーラーも扇風機もその使い方を忘れてしまった父を、一人にすると熱中症になるかもしれない不安から、朝か …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ