柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

認知症の部屋、マッチの火で焦げた残骸を見て思う事。

投稿日:2021年6月8日 更新日:

 

今日は、天気も良かったので、実家の介護後の掃除をしました。

畳を拭いている時に畳の焦げた跡が目に入りました。
そして、焦げた座布団に、焦げた父のはんてん。

よくあの時家が燃えなかったと、あの時の情景を思い出してぞっとしました。

あの日は、いつものように朝起きて父の部屋に行くと、
・何か所も焦げて大きな穴があいた座布団と
・その上に半分燃えた父の靴下と半分真っ黒焦げたティッシュが何枚もありました。
・すった後のマッチも何本かありました。

こんな光景が目に飛び込んできたんです。

見た瞬間血の気が引いたのを思い出します。

部屋を見渡すと、焦げた畳と、焦げて穴の開いた父のたんぜんも見えたんですよね。

もう、力が抜けてヘナヘナと座り込みましたね。

 

夜中に仏壇に線香をつけようとマッチを擦って何本も手から落ちたのでしょう。

そして、火が座布団に移り、燃えたので、ティッシュで押さえて消そうとしたのでしょう。半分程燃えて黒くなったティッシュが何枚もありましたから。

父を起こし、これどうしたの?と聞くけれど、全く覚えていませんでした。
焦げたもろもろを見ても、何の反応もありませんでしたね。

座布団にあいたこげた大きな深い穴。もしも、火が座布団の中でくすぶっていたら・・・。もしも、もしも・・・。

仏壇の横は薄い障子です。

燃え移らなかったのがキセキです。

 

あの時生まれて初めて、腰が抜けるという経験をしました。

あの日は来客がありマッチを出し、いつもは隠してあるマッチをたまたま仕舞い忘れました。
火事に繋がる不注意は介護者として絶対にやってはいけないことです。

焦げた残骸を見て、強く思いました。

家が燃えなかったのは奇跡です。

↑以前こちらの記事に書いたのは、こんな事でした。

今、認知症の方の介護をしている方は、充分お気をつけくださいね。

 ◆「認知症の父と私」の歩み

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症父の自宅介護を活かせるお手伝い。

  木曜日は、70代80代のお宅に、介護保険ではまかないきれないお手伝いをしに行く日です。今日も行ってきました。 このお手伝いを始めて初めて、老いて自宅で過ごしていても、生活するにあたり介護 …

認知症の言動を受け流すって自分の忍耐との戦いです。

最近の父の認知症の悪化を何とかしたくて、 脳神経外科、わすれもの外来のある病院に行ってきました。 自分は、老化による軽い物忘れだけだと本気で言い張る父を連れて行くのは、大変でした。^^; 本当に自分の …

私が壊れる前に父の施設入所の日取りが決まってくれました。

朝目が覚めると鉛のように身体が重くて硬くてなかなか起き上がれなくなってしまいました。 また今日も始まるんだ。と憂鬱になる気持ちと戦いながら、しぶしぶ起き上がります。 まるで2歳児のような認知症父の手取 …

父が私を思い出せない時間が増えました。

今朝、父が私の事を忘れました。 台所に立っている私と目が合った時に、きょとんとした顔をして、 「朝早くから来てもらってご苦労かけますなぁ。」と父から頭を下げられました。 私を見てもよその人と思っている …

エアコンのコードを切ろうとハサミを持つ認知症父の姿を思い出しました。

    長女と電話で話している時に、札幌のほうが宮﨑よりも気温が高かったりする、今年の北海道の異常気温の話になったんですよね。今日も札幌は34度!あり得ないですよね。 そんな話をし …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ