柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

迷惑そうな顔をする認知症父に戸惑う私でした。

投稿日:

施設に入所している認知症父に面会に行って来ました。

前回のひ孫を優しく嬉しそうに見つめる父の顔が忘れられなくて、もっと昔の事を話しして父の脳を刺激すれば、少し会話が出来るようになるかも知れないと淡い期待を抱き、

今日は、以前実家で介護している時に、ご飯やおやつの時やデイサービスに連れて行く車の中で、2人で良く聴いていた童謡の「ふるさと」を歌ってスマホに録音して行きました。

この童謡は、夜中父の唸り声かと思って耳をすますと、認知症の父が歌っていた。という事があった介護中の思い出の曲だし、いつもCDをもう1度かけてくれ。と言っていたので、今回、この曲を聴いたら目を見開いて喜んでくれるんじゃないかと思ったんですよね。

昔を思い出して、少しでも会話が弾むといいな。

そんな期待を持って歌をスマホに録音しました。

 

でも、期待は裏切られました。

 

ビニールのカーテン越しに座っている父は、そこに座らされている事が不満のような、初めから不機嫌そうな顔をしています。

「お父さん、久しぶりね、元気だった?」

そんな私の声も聴こうとせずに、イライラを隠す動作をし始めました。

父は認知症になってから、イライラしてストレスを感じると、両手の指全部で顔を掻きむしるクセを持っていて、今日もしきりに顔を指でこすっていました。

これ以上すると、顔に傷ができると思い、施設の方を呼びました。

久しぶりねって対面してからまだ2,3分の出来事です。

父が、顔を指でこすりながら私の方も観ずに、「もう用はないですからこれで失礼しますよ」と言いました。

施設の方が父の傍について下さり、私が娘だという事や、
父の好きな歌を一緒に聴こうと言って歌を流して一緒に歌ってくれても、全く興味を示さず、父はただただ迷惑そうでした。

 

父を混乱させてもいけないので、父に会って5分程でお別れしました。

こんな父は初めてでした。
今までも少しずつ変わってしまい、私達兄妹の事も忘れてはいましたが、しばらくすると思い出して会話ができていたので、今日のように激しく進んだ症状がショックでした。

 

自宅介護の時の父との絆があるから、もしも父が私の事を完全に忘れる時がきても寂しくないと思う。と本気で思っていたのに、

実際に完全に忘れられた今日、今までに味わった事のない悲しさがこみ上げてきて仕方なかったです。

なんというか、もうお父さんと私には希望は無いんだというような絶望的なそんな悲しさ。

こんな初めての感情をどうやって沈めたら良いのか解らないまま帰ってきました。

歳を取るって何だろう・・・。
家族を解らなくなっても生きるって何だろう・・・。

これからの面会は強い心を持って(諦めの心でではなくて)父と会えるように、私も気持ちを変えなくちゃいけません。

しかし、まったく思い出して貰えない親を目の前にする事がこんなに辛いなんて・・・。想像以上でした。

◆「認知症の父と私」一覧

◆認知症父が微笑んだ目線の先のもの

◆89歳認知症父の直筆と夜中に響いた歌声

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-,

執筆者:

関連記事

認知症父の施設での幸せな様子がたまらなく嬉しい娘です。

父の3回目のワクチン接種の問診票を書きに、施設に行って来ました。 今はコロナで面会出来ませんが、父は元気にしているという事でした。 そしてなんと、対応して下さった職員の方が、偶然にも父の故郷の近くの出 …

認知症父への殴り書き 続編

  昨日の私の父への怒りは、夕方実家に戻ると消えました。 昼間3時間ほど、実家を離れただけなのに、私が「ただいま~」と帰ると、 まるで小さな子供が母親の帰りを待っていたかのような表情の父がそ …

私の頭から父を切り離す準備が出来た事は大きな進歩です。

ケアマネさんからショートステイしている父の様子を知らせる電話がきました。 父は快適そうでした。 あんなに何も食べなくて心配したのに、昨日の昼、夜、朝、昼、全て自分で箸を持ち完食したのだとか。 そして、 …

全く記憶にない行動をしていた自分がやばいです。

今日は3回もうっかりミスをしてしまいました。しかもそのうちの1回はうっかりどころか全く記憶にないのです。ヤバいって・・・。 1度目は朝、大鍋に火をかけ、煮立つまでの間庭に出て、すっかり火にかけている事 …

今日の介護は疲れた。

今日は久しぶりに認知症父に手を焼きました。つかれたので、スマホに記録している介護記録をコピーします。^^; 朝台所に濡れたズボンが脱ぎ捨ててあった。紙パンツはどうした?肝心な時にはいつも履いていない。 …


  1. こしあん より:

    お父さんの面会に行かれたんですね。
    お疲れさまでした。
    せっかく「ふるさと」を録音して持って行かれたのに、聴いてもらえないなんて、とても残念なことだと思いますし、お顔も完全に忘れられてしまうなんて、さぞやお辛かったことでしょう。
    私も歳を取って、色々なことを忘れてしまって、はたして幸せなんだろうか、って、老健に入居している母を見て、そう思うことが増えましたね。

    両親をみてきて思うことは、私もこんな風に歳を取るんだな、ってことです。
    親のように子供たちに迷惑をかけるんだろうか(かけたくないですけどね)、ってこともよく考えるようになりました。
    もうここは仕方がないので、なるようになるってことで、どうにかなってしまったら、誰かに面倒をみてもらうしかないですよね。

    私もいずれ母から顔を忘れられる日が来ると思いますので、覚悟はしているんですけど、やっぱりショックだと思います。
    みのりさん、美味しいものでも食べて、元気を出してくださいね!
    嫌がられてもまた行ってあげてください。

    • minori より:

      こしあんさん、こんにちは。お返事が遅くなりました。
      録音した歌を消去しようとしてスマホから流れてきた自分の歌声に涙がでちゃった私です。

      面会の時、担当の施設の方が父の傍に来た時に、心を許したようなホッとした表情をする父を見ました。その時、安らぐのはもう家族の顔ではないんだなと・・・。
      施設に入ってもうすぐ2年。ここが父の安らぐ場所になったんだと、自分に言い聞かせて父にバイバイッと手を振りながら、味わった事のない寂しさが襲いました。

      美味しい物食べましたよ。^^冷蔵庫に残っていた地鶏とピーチカクテル飲んで、その後こんにゃくラーメンを食べる頃には寂しさも薄れ・・・。笑
      もう元気です。^^
      そうです、そうです!嫌がられても録音した「ふるさと」を聞かせにしつこくいくつもりです。笑
      こしあんさん、これから辛い現実に心を痛める日も多くあると思いますが、お互い頑張りましょうね!
      いつもお読み下さってありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ