柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

家が燃えなかったのが奇跡です。

投稿日:

 

今朝、父がいつも寝ている部屋に行くと、

信じられないような光景が目に飛び込んできました。

私は震えが来て、そこにへたり込んでしまいました。

夜中の3時頃までは父がいつものように唸っていたので、

うるさくて私も寝られなかったのですが、それ以降は私、

爆睡してしまってました。

 

朝の7時までの4時間の間にこんな事になっているなんて・・・。

もう自宅での介護は本当に冗談抜きで無理だと思いました。

私は1日中血圧が上がっている感じで頭がボーっとしています。

何も覚えていない父。

息子にこれからの事を相談して、「それじゃあ、母が先に倒れるよ」と言われたばかり。

身体が膨張しているような感じがしてきついのはやはりまだ血圧が高いのかもしれません。

今日はもう父を実家に置き去りにして私は自分の家に帰りたい気分です。

早く施設入居ができますように。

早く私の血圧が下がりますように。

今夜は何事も起きませんように。

そうお祈りして今日はもう寝ます。

朝、目に飛び込んできた光景が頭から離れなくて、きっと眠れそうにないけれど。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

地獄を天国にしてくれたデイサービス職員の神対応に感謝で一杯です。

昨日からの(救急車騒ぎ)延長で、痛さでぐったりしている父をデイサービスの方が連れて行って下さいました。「どうしても無理な時はお電話しますがよろしいですか?」と。えっ?こんな状態の父をお世話して下さるの …

父を煮るなり焼くなり好きにしてください。と言う気持ちです。

夜中の3時から何度も父の様子を見に行く私。 その前は24時まで父の部屋にいました。 救急車を呼ぶ覚悟で荷物をまとめてました。 父は一昨日の夜から食べ物も水分も一切取っていないのでした。 ・水分だけでも …

20分近くで110万円渡した認知症とお金についての話です。

  突然頭が冴えた認知症父は、 普段は父の頭の中では死んだ事になっている兄が今日は生きていました。 生き返った事は嬉しいのですが面倒な事に、「学生だからお金をあげなきゃいかん!」と言って聞き …

夜中に逆さまでおしっこまみれという光景。

  認知症親のひとり自宅介護 今日も嵐のような一日が終わろうとしています。と書きたいところですが、 認知症父の場合はこれから先の夜中からが本番です。 家にいながら、毎日施設で夜勤を担当してい …

エアコンのコードを切ろうとハサミを持つ認知症父の姿を思い出しました。

    長女と電話で話している時に、札幌のほうが宮﨑よりも気温が高かったりする、今年の北海道の異常気温の話になったんですよね。今日も札幌は34度!あり得ないですよね。 そんな話をし …


  1. おにぃ より:

    minoriさんおはようございます。

    限界とっくに超えてますね。息子さんの存在が救いですね。

    こちらは介護というのはまだまだ(だと思います)ですが、まともに使いこなせないパソコンとかスマホの設定とかで老親に呼び出されます。スマホにマイナンバーを紐づけさせて、なんてこと政府が言い出してますが老親世代にそれを指南するのは子世代になります。介護の前段階からすでに憂鬱です。

    一時も早くminoriさんに心の平穏が訪れることを願ってます!

    • minori より:

      おにぃさん、こんばんは。
      そうです。そうです。今回は息子の言葉が救いになりました。
      親世代には子供が近くにいないと、パソコンやスマホのトラブルや疑問が出た時に
      大変ですよね。介護の前段階でそういう問題もあるのですね。
      うちは電話の事で悩まされています。
      携帯を使えなくなった父。携帯電話の使い方を忘れたと日に何十回も固定電話から
      電話をかけてきます。
      いつも優しいコメントありがとうございます。また明日も頑張ります。

      • おにぃ より:

        minoriさんこんにちわ。
        お忙しい中返信ありがとうございます。
        お父様、小さい頃からある固定電話の記憶は残ってて携帯電話の記憶はもう飛んでしまってるのでしょうね。お辛いですね。
        先ほど本日の分を拝読しました。40代の人、とても失礼な感じですね!最近の親御さん世代は息子さん(のお嫁さん)に遠慮して気軽に聞きにくいので自分達で何とか頑張って解決する傾向があり、娘を持つ親御さんは娘を何でもやってくれる家政婦の用に(遠慮なしで)扱い新しい事を覚える気は全くなく、また聞けば(やってもらえば)いいわ!って人が多いと言う話を聞きました。もちろん全員ではありませんがそういう傾向はある気がします。娘しかいないうちの親はまさにそれです(^-^;)
        半分愚痴をコメントしてしまいました。お忙しいのにスミマセン。
        一部地域に緊急事態宣言が出されいつにも増して大変な状況ですがご無理なさいませんよう!

        • minori より:

          おにぃさん、こんばんは。
          40代の方、実は以前私にしつこく変なお見合いを仕掛けてきた方の娘さんでした。
          何だか言い方や雰囲気が似ているなぁと思ったらやはりそうだったんです。^^;
          親子は似るんですね。
          そうですね。私も息子のお嫁さんが居たら遠慮するかもですね。^^;
          娘には何でも心が通じて解ってもらえそうな気がしてついついこの時ばかりと何でも聞いて解決したくなるのでしょうね。
          すぐにおにぃさんに駆けつけてもらえるご両親は幸せですね。
          覚える気があっても覚えないほうがまたよびだして会えるから・・・。と思っているのかも知れませんね。^^
          いつも温かいコメントありがとうございます。おやすみなさい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ