柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症

記憶が秒単位で消える父にしてあげられること。

投稿日:

 

【記事が消えた為、再投稿です】

毎日、目が覚めたら新しい一日が始まるのに、

父は目覚めて、朝の景色を見ても美味しい空気を吸っても、

遠い昔の記憶だけで生きているという感じです。

最近は、秒単位で記憶が消える事が増えました。

今、見聞きした事が数秒しか記憶に残っていないようです。

 

昨日の父の様子でいうとこんな感じです。

柿を貰ったので剥きました。

•美味しいとひと口食べては、これは何かな?とひと口ごとに聞く。

•塩をかけて食べると言い、塩を持っては柿に振りかけ、塩を置いてはまた手に持って振りかけるを繰り返す。

つまり、これは柿だよ。と教えた瞬間に忘れ、塩も擦りかけた瞬間に忘れる。

冷やご飯が溜まったので、チャーハンを作りました。

父が、すくう物をとってくれ。というので、スプーンを渡しました。

渡した瞬間に、そのスプーンを置き、お箸でチャーハンを食べだしました。

すくうのをとってくれ。と父が言って、私がスプーンを手渡すまで、10秒ほどです。

瞬間の記憶がなくなるのをこうやって毎日何十回と見たり会話したりしているのでもうだいぶ慣れましたが、

何か月か前までは、1分は記憶が持っていたのに・・・。と複雑です。

昔の記憶は鮮明なのに、今の私との記憶も全く残らないのでしょうね。

 

以前、まだ父の記憶が数分あった時、父が自分の様子に疑問を持ちだし、悩んでいる時に、

大丈夫!私が覚えているから!と父を慰めた事がありましたが、

その時の記事↓

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

あの時よりもっと症状が進んだ今、

やはり、今の私と父の楽しい日々の事を父の記憶に残して欲しくて寂しくなりますね。

そして、毎日親が変わっていく姿を見るのは、
仕方のない事とは解っていてもしんどくて辛いです。

昨日私が帰る時に、こんな事をいいました。

「ワシはもう頭が変になってしまった事を夜一人になると思い出す」と。

その言葉を聞いて、思い出す事に関心するやら、現実が可哀そうやら、現状を受け入れるのが辛いやら、

久しぶりに父の事で涙がこぼれそうになりました。

認知症の親の介護は大変という気持ちよりも、心の痛さの方が大きいです。

秒単位で記憶が消える父に私が父にしてあげられる事は、
記憶が残らなくても毎日を笑って過ごさせてあげる事だけ。

そう思います。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症
-

執筆者:

関連記事

手探りのひとり介護は自然体の生き方に任せてみようと思います。

  前回書いた「毒入りお味噌汁」の件は、 付箋に「捨てないでね」と書いても捨てられ今日から「あさげ」です。^^; そんな認知症父のひとり介護は4か月目に入りました。 何もかも手探りの介護です …

要介護1親のひとり介護をHSPの娘がやってみて気付いた事。

  親のひとり介護を始めて今日で2週間が経ちました。 毎日朝の7時過ぎに実家に行き、夜の7時半頃に自宅に帰ります。   以前は、午後の3時間は自宅に戻ったり買い物に行ったりしていま …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …

夏の甲子園中止の見出しに認知症とは思えない会話をする父。

今朝、実家に行くと、認知症の父が新聞を読んでいました。 私の顔を見るなり、 「今年の夏の甲子園は中止になったそうじゃよ。戦後初らしい」と教えてくれました。 そして、「頑張ってきた選手が可哀そうにのう。 …

ゴミ箱に捨てられたパソコン。

  うーん(;’∀’)わかっちゃいるけど泣けてくる。 認知症で、しかも長谷川式テストで低い点数の親をお世話するって、 まるで異次元の世界でもがいているような感じです。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ