柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

認知症で高齢の父が望む暮らしと現実。

投稿日:2020年6月23日 更新日:

先日の父の日の事。

いつものように実家に父のお世話に行った時、「今日は父の日だね」と言うと、認知症の父がにっこり笑い、「何もしなくていいから話をしておくれ」と言いました。

こうしてお茶を飲みながらお前の話を聞くのが一番じゃよ。とも・・・。

一瞬の会話でしたが、私の涙腺が緩み目頭が熱くなってもう少しで父の前で涙が出るところでした。

その涙が出そうになった訳は、これから先の父の置かれる身にあります。

 

妹の都合で、これからしばらくは私一人での介護になります。

 

それにあたり、妹が父のホームの入居の提案をしてきました。

 

 

ホームの入居を申し込む事を私も承諾したところでしたので、父のこの言葉が胸が痛くて仕方なかったという訳です。

 

人気のあるホームなので、今申し込んでも入居できるのは1年以上先とのこと。

でも、もしかすると早く順番が回ってくるかもしれない事実。

入居できる時に、父が全てを忘れている状態ならば、私も覚悟はできますが、まだところどころ覚えていて、「家がワシにとって一番の保養じゃ。」といって庭いじりを楽しみにしている、まだ記憶が残ったままの父をホームに入れる時が来たら、父と私は耐えられるだろうか。

父は、まだ自分の言った事や、現在の自分の様子を客観視して感想を言う事ができます。

そんな父をどんな風に言い含めてホームに入れる事ができるでしょうか?

どうかどうか、父が全ての記憶を忘れてしまった時に入居が決まりますように。

父の優しい眼差しと、優しい言葉を聞くと、罪悪感に押しつぶされそうになります。

先のことをあれこれ悩むのは辞めようと思いながら、先日の父の言葉を思い出しては、涙目になり、ため息がでる私でした。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事

執筆者:

関連記事

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

認知症父の涙。

認知症父の面会に行き、2年ぶりに父に触れ、父の優しい笑顔と涙に泣いてしまった私です。 父は病院に入院して今日で5日め。 2年前の施設に入所から、面会はビニール越しだったので父に触れる事は出来ないでいた …

貰ってばかりで何が悪いの?って開き直れば良かったな。

庭の畑にニンニクと大根の種を植えました。 玉ねぎの苗も100本注文しました。 こんな様子を札幌の長女にメールすると、「お母さんが農作業するなんて昔のお母さんからは想像がつかないわ」と。笑 私も自分が家 …

自分の高齢の親が他人から優しくされる嬉しさ。

  88歳の父を散髪に連れて行きました。 いつものお店。1000円カットです。 今回は、新入りの可愛らしい女性が担当してくれました。 父を椅子に案内する時、そっと手を差し出して支えてくれまし …

超高齢者として生きる事は生易しい事ではないと父が教えてくれます。

握る力の弱くなった高齢者には、重い陶器の食器は酷ですね。 来月90歳になる父は、しょっちゅう食器を割ってしまいます。 握る力の弱くなった高齢者には、 握りやすくてそして軽い食器が理想ですね。 今まで使 …


  1. 子供は、当然のこととして、まず先に親の気持ちを考えますけれど、親は親で、まず先に子供の気持ちを考えているものです。

    子供の気持ちが親に通じないはずは、ありません。わたしは、そう思っております。

    • minori より:

      石神井翻訳亭さん、おはようございます。
      通いでお世話している娘達に気を使って、
      言葉や態度を選んで接している父を見ていると、申し訳なくなり
      頭ではわかっているのに心が苦しくなります。
      いつも優しいアドバイス、ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ