柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

50代おひとり様。市販のダシを使うと「お前は神様じゃ」って言われます。笑

投稿日:2018年11月23日 更新日:

 

こんにちは。

2日連続で、父から手を合わせて拝まれて照れるみのりです。笑

 

自宅から車で少し走ったところの実家に父が一人で暮らしています。

父は87歳。認知症ではないけれど、とにかく物忘れが激しいのです。それでも一人で頑張って暮らしています。

 

そんな父が2,3日前から腰が痛くなって、家の中の事を自分でするのがきつそうなので、私が朝昼夕と一日3回実家に行って日常の手伝いをしています。

 

妹も実家の近くに住んでいるので、毎日父の様子を見に行ってくれます。すごくありがたいのですが、父の行動をいつもブツブツ私に報告してきます。(苦笑)

 

妹は「~でなきゃだめ!」な人。自分の価値観が一番正しいと思っているところがあるので、父のすることが1から10まで気に入らないのですね。

 

例えば、味噌汁の作り方。

 

毎日味噌汁を作る87歳の父に、体に良いからと昆布といりこでだしを取るように指導します。

 

市販のダシなんてとんでもない。と父の脳に刷り込みます。

私が妹の夫だったらちょっとめんどくさいタイプですね。笑

 

日常の細かな事も、あれはダメこれはこうしてと、いちいち父に指示をだします。

 

私はなんのこだわりも無いので、お味噌汁も市販のだしの素を結構な割合で使う人。

 

なので、父にお味噌汁を作るときも、簡単にだしの素でチャチャっと作ります。それでも、「なんと美味しい味噌汁じゃ。」と父からお褒めの言葉を貰います。笑

 

87歳のお年寄りが一人でお味噌汁を作って食べるだけでもすごい事。

 

それを、市販のだしの素は体に良くないとか、健康に気をつけて食べなきゃとか、良くない物は食べないでとか、

 

そんな事87歳の父にはもういいじゃないの?と思うけれど、妹の耳には届きません。

 

自分の価値観が一番ですからね。

 

昨日は、こたつに入っていても寒い寒いという父に、だしの素を使ってうどんを作ってあげると、お前の作るものはいつも美味しくて宮廷料理を食べてるようじゃ。と言ってました。笑

 

今日もお昼に、だしの素を使って雑炊を作ると、こんなに美味しい料理は初めて食べるぞ。と言いながら3杯もお代わりしてました。

 

だしの素さまさまです♪

 

それに、父が庭で作ってる野菜をたっぷり入れたから美味しいんです。

 

ワシにはこんな味はだせない。と言いながら食べてました。

 

そして、食べ終わってお団子を二人で食べている時に、「お前はワシの神様じゃ」とにこにこしながら手を合わせて拝まれたという訳なんです。

 

「だしの素さえ使えば、お父さんもこの味すぐに出せるよ!」と言いたかったけれど、妹の顔が浮かんできて言わずに帰ってきました。苦笑

 

何でも一人で頑張ってるのだからお味噌汁くらい手を抜いてだしの素でもいいんじゃない?が妹にどうしてもいえない、いくじなし~の姉の私です。

明日もだしの素使って茶碗蒸し作るぞ!(妹への力なき抵抗)

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

が、しかし、良く考えてみると食にこだわりの強い妹の家族は確かに皆健康です。家族の健康を支える母としては立派なこだわりですね。人に押し付けなければですが・・・。( ̄∇ ̄;)

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

物忘れ外来に行った父は認知症ではく意外な結果でした。

こんにちは。 実家から戻りぐったりのみのりです。   私の父は87歳。一人暮らし6年目です。 最近物忘れが激しくて、明らかに今までとは様子が違ってきたので 妹が「物忘れ外来」に連れていきまし …

まさか認知症の父と会話が出来るなんて夢のようでした。

  認知症父の面会に、次女と一緒に行って来ました。 次女は施設に会いに行くのも、認知症が激しくなってからの父に会うのも初めてです。   前回の面会の父の様子から、変わり果てた父を見 …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …

実家にあるもので宝物として残しておきたいもの。

そうそう、これこれ。これを見るとおじいちゃんを思い出すよね。と家族の皆が言いそうな物が実家にあります。 それは、父がずっと使っていた国語辞書です。 この辞書、いつから使っているのでしょう。 これを見る …

高齢者父のカスにまみれた紺色のカーディガン。

高齢者の父のベッドの部屋は、高齢者独特の皮膚のカスが凄いので、念入りに掃除機をかけますが、 認知症の父がいつも座っているコタツまわりは、父がほとんど座りっぱなしという事と、床がジュウタンで掃除機がかけ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ