柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

息子を取られる感覚はありませんでした。

投稿日:

 

母親からすると、息子という存在は、

可愛い、愛しいを通り越して

宝物というか自分の一部というか、表現できない存在。

 

娘も同じように可愛いけれど、娘の可愛さとは何かが違うんですよね。^^;

 

なので、息子が大きくなるにつれて、自分が心配でした。

息子が自分よりも彼女を大事にする時がきたら、私は耐えられるかな?と。

 

でも、実際は全く違う感情でした。

 

いつかの事、息子がお昼に食べた画像を送ってきてくれた事があるんですよね。

「金欠。広場でコンビニチキンでランチ。」と書いてありました。

 

画像を大きくしてみると、横にかわいい三角おにぎりが見えたんですよね。

すぐに、息子が作ったものでも、コンビニのおにぎりではない事が分かりました。

ははーん、そういう事ね。(母親の直感。)^^;

「おにぎり、自分作ではないでしょう?」と書いて送ってみました。

すると、「よくわかったね。」と返事が。

「もしかして彼女できた?」と聞くと

「イエーーーース!!!」と絵文字と共に返事が返ってきましたよ。

 

素直に嬉しかったですね。

 

彼女が作ったおにぎりは、かわいい三角形でのりが巻いてありました。

金欠の息子のために作ってくれたんだと思うと余計おにぎりがかわいく見えましたね。

「なんでおにぎりの事わかったの?」と息子からきたので、

「すごく美味しそうだから」と返すと笑顔の絵文字と共に「そっか」と返事が。^^

 

幸せそうな息子。

 

彼女が出来ても、母の私はちっとも寂しくないじゃない?

こんなに幸せな気持ちになってるじゃない?

 

それどころか、自分の大事な息子に優しくしてくれる人がいる事が、こんなに嬉しいとは・・・。

 

嫉妬心に燃えるんじゃないかとの心配は私の大誤算だったみたいです。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-子供達の事
-

執筆者:

関連記事

心の深い傷が浅くなったのを実感した日に思う娘の事。

  今住んでいるビル、実は住むのは2度目なんです。 辛い事が詰まった大嫌いなビルにも関わらずです。^^;   不審者から逃げるため緊急物件探しでしたので、 すぐに住める安い家賃の物 …

レターパックは母の愛を届けるのに丁度よい大きさですね。

(↑宮崎ブーゲンビリア空港 藤城清治さんのステンドグラス↑) また今月も子供達にレターパックに宮崎を詰め込んで送りました。 本当は、葛根湯だけ送ろうと思ったのに、 やはり地鶏や宮﨑牛の炊き込みご飯の素 …

幾つになっても心配な存在がいるという幸せ

こんにちは。 息子の熱に居てもたってもいられなかったみのりです。   3日前に大学へ帰っていった息子からなんだか熱っぽいとLINEがきました。 あらーーー。あららーーーー。(心配性の私の心の …

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …

息子が変わった中2の初夏

  男の子を育てた事のある方なら、経験した方も多いはず。 ある日突然、可愛かった息子の変わりようにショックを受けた経験。^^; 私もあるんです。結構衝撃的なショックを受けましたね。 今では、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ