柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

手作り 自分の事

手作りのドクダミ茶が一番だと思った体調不良の朝

投稿日:

梅雨に入る前にせっせと摘んだドクダミなのに、

洗って吊るして乾燥させるまでの工程で満足していまい

飲むのを忘れていました。^^;

今日は、明け方からお腹の調子が悪く元気が出ません。

身体の中から温めたいけれど、飲みたい物は、コーヒーでも紅茶でも緑茶でもない気分。

そうだ、乾燥させたドクダミをお茶にしよう。と思いつき、

さっそくお湯を注ぐと、もう香りがしてきます。

 

薄いみどり色とやさしい味がなんとも言えずホッとする気持ちになりました。

 

なんだか昔、薄い味の薬草のようなお茶を飲んでホッとしたこんな気持ちになった事があるような、そんな気持ちがしながら飲んでいましたが、思い出しました。

 

中国で毎日のように下痢を繰り返し、体力が無い時に菊茶を好んで飲んでたんだっけ。

やはりドクダミのように淡い薄い色と味でした。

体調が悪い時には、優しい味が私は好みなのかもしれません。

ドクダミ茶のおかげ?なのか少し体調も落ち着いてきました。

 

自分で手作りしたという気持ちが脳を刺激したのかもしれませんが、

とにかくドクダミ茶を飲んで少し体調が回復した体調不良の朝でした。

実家の庭にまだドクダミがまだたくさん生えている事だし

もっと乾燥させてみようと思います。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-手作り, 自分の事

執筆者:

関連記事

認知症父の自宅介護を活かせるお手伝い。

  木曜日は、70代80代のお宅に、介護保険ではまかないきれないお手伝いをしに行く日です。今日も行ってきました。 このお手伝いを始めて初めて、老いて自宅で過ごしていても、生活するにあたり介護 …

2度の離婚の大変さをずっと心配してくれていた人

今年のクリスマスのディナーは目玉焼きだったみのりです。^^; 3時過ぎにお茶を飲んでいた父がうとうとしだしたので、慌てて夕食を作ったのが目玉焼き。これに、庭の野菜を添えてクリスマスの食事は終わりました …

ダサいオバサンの痛かった日。50代一人暮らしの反省

毎日、「ザ・オバサン」の格好で父のお世話をしに実家に向かいます。 お世話は掃除や庭の手入れも含めるので   •汚れても目立たない色で •汚れたらすぐ捨てられる。 こんな服装が理想です。 &n …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …

せめて人生の後半ぐらい自分を大切にしたいと思うのです。

実家の父を一日おきにお世話をしている私ですが、心を込めてお世話をしている自信があります。 なので、もしも父が逝った時は、父の介護に悔いや後悔はしないと思います。 でも、父に対して後悔は残らないけれど、 …


  1. ホッとする気持ちになる。これ、日々の暮らしで、とても大事なことですね。
    今日も、 minoriさんにとって良い一日になりますように、と祈りつつ、クリック応援を、ぷちっ。

    • minori より:

      石神井翻訳亭さん、こんにちは。
      いつもコメントと応援クリックを頂きありがとうございます。
      今回は胃の痛みも重なり大変でしたが、ドクダミ茶の香りが優しくて
      ホッとさせてくれました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ