柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

自分の高齢の親が他人から優しくされる嬉しさ。

投稿日:

 

88歳の父を散髪に連れて行きました。

いつものお店。1000円カットです。

今回は、新入りの可愛らしい女性が担当してくれました。

父を椅子に案内する時、そっと手を差し出して支えてくれました。

 

そして、最後に仕上げを確認して欲しいと言われたので、父の元に行くと、バリカンで短くするだけの髪なのに、短い前髪をかっこよく七三に分けてセットしてくれていました。

カットが終わり、父がイスを降りようとした時も、手を添えてくれました。

さりげない心遣いの優しさでした。

私、すごく嬉しかったです。

 

自分の大切な親を他人からも親切にしてもらうって、すごく嬉しい気持ちでした。

 

今までは、よたよたしている父を私が支えてイスに座らせたりしていたので、この新人の若い女性のスタッフのさりげない優しさが本当に嬉しかったです。

しわくちゃな顔のお爺ちゃんの髪を、かっこよく七三に分けてくれたのも、優しさですよね。

鏡に映った父に「いかがですか?」と聞いてくれて、父は「最高じゃ」と笑顔で答えていました。^^

 

他人から自分の高齢の親に優しくして貰うってこんなに嬉しくて幸せな気持ちになるものだという事を知りました。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事
-, ,

執筆者:

関連記事

高齢者父のカスにまみれた紺色のカーディガン。

高齢者の父のベッドの部屋は、高齢者独特の皮膚のカスが凄いので、念入りに掃除機をかけますが、 認知症の父がいつも座っているコタツまわりは、父がほとんど座りっぱなしという事と、床がジュウタンで掃除機がかけ …

愚痴を吐かずにやってられる訳がございません。

今日はいつも以上に立て続けに父の言動に振り回されたので、 逃げるように実家を出て、久しぶりに我が家の小さな空間で昼の4時間を過ごしました。 と言っても、ホッとして4時間寝てしまったのですが・・・。 も …

超高齢者として生きる事は生易しい事ではないと父が教えてくれます。

握る力の弱くなった高齢者には、重い陶器の食器は酷ですね。 来月90歳になる父は、しょっちゅう食器を割ってしまいます。 握る力の弱くなった高齢者には、 握りやすくてそして軽い食器が理想ですね。 今まで使 …

子供の優しい一言は効き目がありますね。

    今日はずいぶん涼しくて、 台所が28度よ!と叫ぶように喜んでしまった私です。^^; 今まで朝から34度もある台所で料理をしていたので、ホントに嬉しいです。 涼しくなった途端 …

認知症で高齢の父が望む暮らしと現実。

先日の父の日の事。 いつものように実家に父のお世話に行った時、「今日は父の日だね」と言うと、認知症の父がにっこり笑い、「何もしなくていいから話をしておくれ」と言いました。 こうしてお茶を飲みながらお前 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ