柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

認知症が進んでも高齢の父が築いていた近所付き合い。

投稿日:

今日は、回覧板とおかずの差し入れを持って2軒隣のご近所のご年配の方の所へ行ったついでにお邪魔して、世間話をしてきました。

昨日の一人暮らしの男性もそうでしたが、ご近所の方も88歳というご高齢で、一人で暮らしています。

ご近所になって48年です。

この長い年月の中の近所で起こった出来事や昔話をしていると、

父の話になりました。「お父様には本当にお世話になったのよ。」と。

なんでも、ご近所の家の前の道路を毎日父が掃いていたそうです。庭仕事が好きだった父は、いつも朝早くから実家の前の道路を掃いているのは知っていましたが、2軒隣のご近所のお宅の道路まで掃いていたとは。
それも毎日。

聞いた話を逆算すると、認知症で行動がおかしかった時期も毎日の日課として掃いていたようでした。

夏の暑い日も、冬の枯れ葉がたくさん落ちてる時も毎日よ。あなたは知らないでしょう?

おばちゃんは、それがどれだけ有難かったか。と言っていました。

へぇー。そうだったのですか?

父が今まで、日頃こんな関係を築いていたとは知りませんでした。

父は病弱で一人暮らしのご近所の方を人知れず心配していたんですね。だから、私が父の介護で実家で作ったご飯のお裾分けを2軒隣のご近所の方に持って行くと言うと、それがいいそれがいいと言って喜んでいたのですね。

こんな話をご近所の方から聞くとコロナでしばらく会えていない父に逢いたくなりました。

そして私は、父が築いてくれた近所付き合いを大切にいて行こうと思います。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

認知症の症状が改善する事があるとしたら。

昨日、朝の7時半頃に実家に行くと、認知症の父が「おはよう!元気だったかな?」と声をかけてきました。 そして、 「朝ご飯はもう済んだから、悪いがお前は一人でたべておくれ。」といいました。 一瞬、認知症の …

認知症の父の真剣な顔と美味しい物アンケート。

  実家に行くと、火災保険の書類が届いていました。 封書の中に、「抽選で毎月100名様に美味しい物が当たるアンケート」が同封されていたので、   父が昔よく、本に付いている懸賞や感 …

高齢者の父には腕より優しさ優先の病院を選んであげたい。

先週、高齢の認知症父が顔から足の指まで血だらけになりました。その時に行った病院での話です。 夜中に近くのやぶに生ごみを捨てに行き、よたよた歩いている途中で大雨になり、やぶの側溝ですべって父が転びました …

思わず泣いてしまった病院での出来事

今日は 何度も行くのを渋っていた父の整形外科に行ってきました。 なぜ行くのを渋っていたかと言うと ・ヨタヨタとやっと歩ける父を必死で車に乗せ、 ・病院に連れて行き必死で車から降ろし、 ・靴を脱がせ、 …

子育てで学んだ事が認知症の父のお世話に役立っていると感じます。

  初めての子供が産まれる前に、子供を育てた人が書いた一冊の本を読みました。 たくさん良い事が書いてありましたが、   •お腹の赤ちゃんにいつも話しかけるといいこと。 •子供の行動 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ