柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

認知症が進んでも高齢の父が築いていた近所付き合い。

投稿日:

今日は、回覧板とおかずの差し入れを持って2軒隣のご近所のご年配の方の所へ行ったついでにお邪魔して、世間話をしてきました。

昨日の一人暮らしの男性もそうでしたが、ご近所の方も88歳というご高齢で、一人で暮らしています。

ご近所になって48年です。

この長い年月の中の近所で起こった出来事や昔話をしていると、

父の話になりました。「お父様には本当にお世話になったのよ。」と。

なんでも、ご近所の家の前の道路を毎日父が掃いていたそうです。庭仕事が好きだった父は、いつも朝早くから実家の前の道路を掃いているのは知っていましたが、2軒隣のご近所のお宅の道路まで掃いていたとは。
それも毎日。

聞いた話を逆算すると、認知症で行動がおかしかった時期も毎日の日課として掃いていたようでした。

夏の暑い日も、冬の枯れ葉がたくさん落ちてる時も毎日よ。あなたは知らないでしょう?

おばちゃんは、それがどれだけ有難かったか。と言っていました。

へぇー。そうだったのですか?

父が今まで、日頃こんな関係を築いていたとは知りませんでした。

父は病弱で一人暮らしのご近所の方を人知れず心配していたんですね。だから、私が父の介護で実家で作ったご飯のお裾分けを2軒隣のご近所の方に持って行くと言うと、それがいいそれがいいと言って喜んでいたのですね。

こんな話をご近所の方から聞くとコロナでしばらく会えていない父に逢いたくなりました。

そして私は、父が築いてくれた近所付き合いを大切にいて行こうと思います。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

思わず泣いてしまった病院での出来事

今日は 何度も行くのを渋っていた父の整形外科に行ってきました。 なぜ行くのを渋っていたかと言うと ・ヨタヨタとやっと歩ける父を必死で車に乗せ、 ・病院に連れて行き必死で車から降ろし、 ・靴を脱がせ、 …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …

自分の高齢の親が他人から優しくされる嬉しさ。

  88歳の父を散髪に連れて行きました。 いつものお店。1000円カットです。 今回は、新入りの可愛らしい女性が担当してくれました。 父を椅子に案内する時、そっと手を差し出して支えてくれまし …

認知症親のひとり介護3ヶ月に入って思う事

  休みなし1日12時間のひとり介護が3ヶ月目に入りました。 今年の夏は、猛暑でしたので、クーラーも扇風機もその使い方を忘れてしまった父を、一人にすると熱中症になるかもしれない不安から、朝か …

介護の疲れ。音も人の声も雑音です。

  介護の疲れ。音も人の声も雑音です。 本当はとても疲れる父のお世話。 けれど、疲れるなぁと思いながらお世話をすると、そんな気持ちが態度や顔に出ちゃうといけないと思い、父の前では元気なふりを …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ