柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

認知症が進んでも高齢の父が築いていた近所付き合い。

投稿日:

今日は、回覧板とおかずの差し入れを持って2軒隣のご近所のご年配の方の所へ行ったついでにお邪魔して、世間話をしてきました。

昨日の一人暮らしの男性もそうでしたが、ご近所の方も88歳というご高齢で、一人で暮らしています。

ご近所になって48年です。

この長い年月の中の近所で起こった出来事や昔話をしていると、

父の話になりました。「お父様には本当にお世話になったのよ。」と。

なんでも、ご近所の家の前の道路を毎日父が掃いていたそうです。庭仕事が好きだった父は、いつも朝早くから実家の前の道路を掃いているのは知っていましたが、2軒隣のご近所のお宅の道路まで掃いていたとは。
それも毎日。

聞いた話を逆算すると、認知症で行動がおかしかった時期も毎日の日課として掃いていたようでした。

夏の暑い日も、冬の枯れ葉がたくさん落ちてる時も毎日よ。あなたは知らないでしょう?

おばちゃんは、それがどれだけ有難かったか。と言っていました。

へぇー。そうだったのですか?

父が今まで、日頃こんな関係を築いていたとは知りませんでした。

父は病弱で一人暮らしのご近所の方を人知れず心配していたんですね。だから、私が父の介護で実家で作ったご飯のお裾分けを2軒隣のご近所の方に持って行くと言うと、それがいいそれがいいと言って喜んでいたのですね。

こんな話をご近所の方から聞くとコロナでしばらく会えていない父に逢いたくなりました。

そして私は、父が築いてくれた近所付き合いを大切にいて行こうと思います。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

超高齢者として生きる事は生易しい事ではないと父が教えてくれます。

握る力の弱くなった高齢者には、重い陶器の食器は酷ですね。 来月90歳になる父は、しょっちゅう食器を割ってしまいます。 握る力の弱くなった高齢者には、 握りやすくてそして軽い食器が理想ですね。 今まで使 …

とても後悔する出来事がありました。

  用事を済ませ、赤信号で止まっていると、 うちの父と同じくらいのご老人が新聞紙に包んだ菊の花を片手に持ち、 杖をつきながらフラフラと歩いているのが車から見えました。 一瞬、くるまを止めて、 …

認知症の父。また一つ大事な事が出来なくなりました。

  今日は、何も起こらない普通の日でした。このなんでもない普通がかえって特別のように感じる、そんな日でした。 ただ、また1つ父が大事な事が出来なくなった日でもあります。 最近、トイレの大の流 …

父からの生きる事への問いかけに戸惑う私です。

人が何も出来なくなっても生かされる意味を、神様に聞きたいみのりです。   父は88歳。70代半ばに胃がんで手術しましたが、その他はこれといった病気は無しです。 年に1度の後期高齢者の健康診断 …

給付金申請書をスラスラ書く89歳認知症の父に驚きました。

先日、実家に行くと父に特別定額給付金申請書が届いていました。 一緒に封を開けて中を確認し、父に給付金の説明をしました。 自分の名前書けるかな?と心配しながらボールペンを渡してみると、名前も住所もスラス …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ