柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 高齢の父の事

認知症の父と地震訓練の話をして思ったこと。高齢者の一人暮らし

投稿日:

最近スマホの画面から地震情報が目に飛び込んでくる事が多くなりました。

そのたび、88歳で一人暮らしをしている認知症の父の事が気になっていたんです。

先日、青森で震度5弱の地震を知ったのを機に、父と地震が起きた時の簡単なシュミレーションをしました。

 

足腰が弱っていて、立つのも歩くのも時間がかかるし、認知症で上手く判断もできない父なので、怖がらせないように不安を煽らせないように・・・。

 

父は、いつもリビングのこたつに座っていて、そばには何も倒れてくるものや落ちてくるものがないので、

もしも、大きな地震が起きた時は、ここに座ってこたつ布団を頭からかぶって私が来るのを待っていてね。と話しました。

一日中繰り返し話したけれど、何度話しても父の答えは

•窓から逃げる

•テーブルの下に隠れる

•玄関から外に出る。

でした。^^;

そのたびに私が、

窓から逃げるのは結構な段差もあり、庭の大きな石もごろんと転がるかもしれないし、窓が割れてけがするかもしれないから、こたつの布団をかぶって私を待っていてね。

テーブルの下に隠れる前に、食器棚の食器がお父さんに飛んでくるかもしれないから、動かないでそのままこたつの毛布をかぶって私が来るのを待っていてね。

玄関は、段差もあるしドアが開かなくなっているかもだから、こたつの布団を頭からかぶって私がくるのを待っていてね。

を繰り返し話しても、父からの答えは、「解った。お前が来るまでに窓からでるか、テーブルの下にもぐるか玄関から外にでるかしておくよ」でした。^^;

 

半分諦めて、「何があってもお父さんの所にすっ飛んでくるから心配しないでね。」というと、父は嬉しそうな顔をして、「こうやって防災の話し合いをお前がしてくれて安心じゃ」といって安心した顔をするのをみて、

認知症の父には、この安心感以外、訓練は効き目がないことを思いました。

災害が起きた時は、もう天に任せるしかないです。

ありがたい事に、父の住む場所は地盤が固いらしく、今までに何度か震度5の地震の時に実家に電話を入れた時に、いつも母がそこまであまり揺れなかったといってたっけ。

認知症の父との地震訓練は、安心させるだけで終わりました。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-父の認知症, 高齢の父の事
-,

執筆者:

関連記事

物忘れ外来に行った父は認知症ではく意外な結果でした。

こんにちは。 実家から戻りぐったりのみのりです。   私の父は87歳。一人暮らし6年目です。 最近物忘れが激しくて、明らかに今までとは様子が違ってきたので 妹が「物忘れ外来」に連れていきまし …

父と家族の介護日記まとめ

こんにちは、みのりです。 こちらは、87歳から少しずつ変わってゆく高齢の父の様子と、親の介護にあたり家族の考え方の違い、苦悩を綴っています。 父親を介護する私の気持ちや、父の認知症の進行、介護する妹と …

ネクタイの結び方も忘れてしまった父が言った一言。

こんにちは。 息子の高校の卒業式に今月88歳になる父と一緒に行ったみのりです。     息子が高校に入学した時から、長生きして卒業式にワシも出席すると張り切っていたので、私と一緒に …

親の介護に疲れた時に出る涙

最近、突然ボーっとしたり涙がこぼれたりする事が多くなりました。 あんなに息子が自分の手から離れて自由な一人暮らしをしたかったのに、いざ一人暮らしになると心に穴があいたように寂しい事や、 実家で一人で住 …

要らぬ親切大きなお世話の妹に迷惑しています。

いつもはニコニコしている認知症の父が、昨日は1日中不機嫌でした。   その原因は介護用のベッド手すりです。必要な人には本当に便利なものでしょうが、 父の場合、これが父の意志とは関係なく憩いの …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ