柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

親の介護に疲れた時に出る涙

投稿日:

最近、突然ボーっとしたり涙がこぼれたりする事が多くなりました。

あんなに息子が自分の手から離れて自由な一人暮らしをしたかったのに、いざ一人暮らしになると心に穴があいたように寂しい事や、

実家で一人で住んでいる、もうすぐ89歳になる父の介護が朝から晩までと時間が長くなり、認知症の症状からくる永遠と同じ事を繰り返す会話や行動に付き合うしんどさや

介護の事で、妹が相変わらず指導権を握り、勝手に父のお金を引き出して使用目的を明らかにしない事や

私が作り置きして帰ったおかずを次の日妹が父親に絶対食べさせない事や

介護の補助金で付けたトイレ、お風呂、玄関の手すりの事も一言もなくいきなりついている事や

相変わらず、父のお世話の日程が妹の勝手なスケジュールで決まるストレスや

父の様子を見ていると、将来の自分と重なり自分の将来が不安になる事や

もう、いい加減父を施設に入れたいと思う自分の気持ちが

毎日私を苦しめて涙がでてきます。

 

父の通帳は、父の家に保管する事になったけれど、通帳のカードは妹が自分で持っていて引き出し放題です。

妹の事は色々ありすぎて、少しでも考えると吐き気がするようになってしまいました。

 

親の為だとはいえ、ここまで子供が犠牲になる必要があるのだろうか?

いつもこんな疑問を抱きながら、ニコニコして父に接する自分もイヤになります。

とにかく私はもう疲れたのだと思います。

認知症の親を通いで看るのは大変なストレスで、こんなに大変だとは想像以上でした。

 

今、忘れ物をして一旦わが家に戻ってきて、こらえ切れなくなってこれをかいています。

またすぐに実家に戻ります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

 

今日は、お昼12時過ぎに実家に戻ると、父は優しい顔をして私を待っていました。

お腹空いたでしょう?ごめんね帰りが遅くなって。というと、

お前も忙しくて大変じゃのう。という父。

 

これだけの会話なのに、いとおしくなって、

父のお味噌汁の具は多めについだり、目玉焼きはキレイに出来た方を父のお皿に盛りつけたり、あれこれ父優先でご飯の支度をしました。

 

日々、こんな風な全く逆の感情が交差する繰り返しです。

そしてこの感情すべてが私の心を悩ませ疲れさせ重くさせて涙がでるのです。

今日は特に心のコントロールが難しい日です。

父を一人にして、けがしたりしないか心配だけど、天に任せるしかないと思って、今また午後から一旦自宅に戻ってきました。またすぐに実家に戻りますが。

 

長生きしてね。と思うのも本音だけど、疲れたのも本音です。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

高齢で一人暮らし、物忘れ外来を受診した父の行動を記録しています。

  【87歳10ヶ月、父の記録】 こんにちは。みのりです。 今日は認知症ではないけれど、高齢による物忘れと診断された87歳の父の記録です。 最近は、いつも見ている私の車が時々ですが解らなくな …

認知症の親より妹の頭のほうが心配です。

  妹の頭の中は一体どうなっているのか。 妹の言動に本気で性格の病気を疑ってしまう姉みのりです。   大切な報(報告)連(連絡)相(相談)が全く出来ない妹は、 どうでもいいような内 …

認知症の父と介護疲れの私を救った夜中の珍客

こんにちは。 大変だった夜通し介護の中、珍客の姿に心をほぐされたみのりです。   朝の4時、まだ真っ暗い外に珍しいお客様がきました。 このかたです。笑     &nbsp …

父と家族の介護日記まとめ

こんにちは、みのりです。 こちらは、87歳から少しずつ変わってゆく高齢の父の様子と、親の介護にあたり家族の考え方の違い、苦悩を綴っています。 父親を介護する私の気持ちや、父の認知症の進行、介護する妹と …

物忘れ外来に行った父は認知症ではく意外な結果でした。

こんにちは。 実家から戻りぐったりのみのりです。   私の父は87歳。一人暮らし6年目です。 最近物忘れが激しくて、明らかに今までとは様子が違ってきたので 妹が「物忘れ外来」に連れていきまし …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ