柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

そっちがそうならこっちは食費0円よ!というちっこい反撃

投稿日:2019年10月13日 更新日:

 

 

食費0円のみのりです。

 

一日おきの父のお世話で実家に行く私ですが、

実家に行った日は、父からお金を貰って食料品の買い物に行きます。

父が「お前の好きな物も一緒に買ってきて、好きに使っていいよ」と言ってくれるので

自分のおやつも一緒に買います。

そして、1日3食とおやつを父と一緒に食べ、帰りに冷蔵庫に残ったおかずを持って帰るので

次の日の介護がオフの日の分も食費が浮き、おかげで食費0円生活になりました。

 

おかずを持って帰るようになったきっかけは、

残ったおかずを次の日に父が食べられるように実家の冷蔵庫に入れていても、

交代でお世話をする妹が、私が作ったものは次の日全く食べさせていない事に気が付いたのがきっかけでした。

 

1度捨ててあるのを見つけてから、自宅に持って帰るようにしました。

 

作ったもの以外に、残ったお米、野菜、おやつなど(上の写真↑)をちょこまか貰って帰り、私の次の日のご飯になります。

今日は昨日もらって帰ったお米とピーマンと肉を簡単に炒めて

簡単にチャーハンを作りました。

10時のおやつも持って帰った饅頭です。

2個持って帰ったので、3時にもお饅頭が食べられます。笑

 

私が作った残り物を妹に捨てられて、はらわた煮えくり返った時もありましたが、

ものは考えようで、

そのおかげで、食費が0円だもの。喜んで受け入れましょうぞ。

 

とにかく、

あっちがああならこっちもこうよ!です。ちっこい反撃だけど。

とにかく敵(妹)は手ごわいです。

妹はこんな人

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

介護日記まとめ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

カサンドラ症候群という名前がついていました。

  先日、ネットで調べ物をしている時に、 「アスペルガーを夫に持つ妻」という文字が 目に入ってきたんですよね。   2度目の元夫の、 離婚して初めて、あの理解できない私を苦しめた言 …

59歳になってもまだ自分の存在を悩む自分のひとり言。

時々、自分は何の為に生まれてきたのだろうと悩みます。 59歳になってもまだ自分の存在に悩む情けない自分に悩みます。 愛する子供が3人もいるのに、自分の存在を否定してしまいます。 きっと親の愛情不足と特 …

破り捨てた書物に書いてあった事。

  父が銀行に行ってお金を下ろしてくる。と言いました。 お前と妹に世話になっているので、お小遣いをあげたいと言う事でした。 私は、一瞬ムッとしたんですよね。 なんで妹も…?と。 毎日12時間 …

私の生きている意味を優しく引き出してくれる人。

  基本家の中でじっとしています。先月から週に1度お掃除のお手伝いにいっていますが、それ以外は今までの預金を切り崩し生活しています。 最近はたいぶ人に会う事に慣れてきましたが、まだ週に1度が …

一人暮らしの寂しさをお金もかけずに埋めてくれるもの。

最近、朝起きて瞑想をしています。 きっかけは、無になる時間が必要だと感じたからです。 近頃、なぜか心が寂しくてその感情が顔に出ているなぁと感じていました。 特に何が寂しいって訳ではないけれど、やはり一 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ