柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

60代からの暮らし 健康 おひとり様 父の認知症 終活 認知症の父と私

自分の望む死に方が出来ない父を見て思う事。

投稿日:

今日は入院している父の洗たく物を受け取りと、承諾書を書きに病院に行って来ました。

腕から栄養の点滴を入れていた父ですが、最近血管が細くなり点滴の針がさしにくくなった事で、太い血管から点滴を入れる処置の承諾書です。

まだ自宅介護の時に、父が口癖のように「頼むから延命治療だけはしてくれるなよ」と言っていたし、私も太い血管から栄養剤を流すのは、父の意志に反するのではないか?と思いましたが、

現在腕から栄養剤を流しているのも、延命治療と変わりないので、兄の承諾を得て太い血管にチューブを入れる事になりました。

父も私達も延命治療は反対ですが、状況が変わり施設から病院に移ったので、病院で何も治療をせずに最期を待つ事はできないのですよね。

今の父を見ていると、人は死ぬ時、自分の望む死に方は出来ない事を嫌でも突き付けられます。

あんなに、「自然に死ぬのがいい、余計な治療はせんでくれよ。枯れるように逝かせてくれ、頼むぞ。」と言っていて、あんなに意思が強かったのに、

父は点滴の栄養剤で生かされています。
世の中父と同じ方は多いのではないのでしょうか。

 

私は、身の回りの物を最小限にして、出来る限り自分で生活をして、教会での告別式用の献金と散骨のお金を残して自宅でひっそり死んでいく。これこそが理想だと、最近はそう思っています。

教会でお別れする時の歌も決めていて子供に話してあるし、海に散骨の事も子供に承諾済みだから、後はひっそり孤独死するだけなんだけどなぁ。

でも、願い通りには行かないのが人生。
それでも、子供にだけは迷惑かからない最後にして下さいとか、次から次に神様にお願いしながら、病院から帰ってきたのでした。笑

父は、私に色々な事を考えさせてくれます。

◆「終活」一覧

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-60代からの暮らし 健康, おひとり様, 父の認知症, 終活, 認知症の父と私
-, ,

執筆者:

関連記事

いつの間にか歳を重ねた親と子。大変だった昔も懐かしい。

今年は、私が62歳、長女35歳、次女33歳、そして末っ子長男が23歳になります。 皆の歳を数字で見ると圧巻です。 そして、私の家族が皆年取ったぁと感動すら覚えます。 私が30歳の頃は、毎日ほとんど一人 …

61歳気持ちの差が激しいのは私だけかな?

  昨日誕生日がきて1つ歳を取りました。 去年の60歳の誕生日は、還暦という響きや、よくここまで生きてきたという喜びが溢れた1日を過ごしたのに、 61歳の今年は、なんだか微妙で、喜びの湧かな …

認知症介護にはあり得ないあんな事こんな事が多すぎて叫びたくなる。

疲れてずっと食欲もないのに、先程久しぶりに体重計に乗ると体重が増えていました。貧血気味でふらふらしているのに、体重が増えているなんて。 しかし解っています。ストレス溜まって甘い物ばかり食べてるから予感 …

ビンボーに飽きたとつぶやく非課税暮らしの私。^^;

今日は気温36度の中、出かけました。 讃美歌をお腹の底から声を出して歌って元気を回復させ、 礼拝後の賛美のバンドの練習で笑い、 帰りにマックナゲットとシェークをドライブスルーして、 家に帰りつくまでに …

連休は一人で 耕して疲れて愚痴をこぼすお一人様。

さつまいもの苗が届いたと園芸店から連絡があったので、慌てて庭の畑を耕しました。 クワを力いっぱい振り上げて畑に長い畝を作り、もう体力の限界と思うまでやりました。^^; 朝早くから1時間ほど 草抜きをし …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ