柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 子供達の事 宗教離婚

シングル家庭。離婚を打ち明けた時の、娘の嬉し涙が目に焼き付いています。

投稿日:2018年11月10日 更新日:

こんにちは。

次女に離婚を打ち明けた時の、次女の目からあふれ出した涙が忘れられないみのりです。

 

今日はその次女が帰ってきます。社会人アスリートです。

この子は、小学6年生から高校に入るまで反抗期が続き、中学生の時はついに親と一言もしゃべらなくなり、とても心配したものでした。

けれど、元夫に話かけられるときだけは素直に返事をしていました。

 

高校生になってからは、今までの反抗期がうそのように明るくなり安心していました。

 

しかし、大学生になり家を離れた時からまた、ん?と思う言動が始まりました。

お盆もお正月も帰ってこないのです。

理由を聞いても、「忙しいのよ、ごめんね。」しか言いません。

 

社会人になって、スポーツの関係で地元に就職した時、まだお金もないのでしばらく自宅から仕事場に通っていましたが、家では自分の存在を消しているかのように、ほとんどしゃべりません。

 

性格は明るいのに、家では無表情でした。それでも家族にはとても優しくて、この次女の心の内を知るすべもない私は、次女が家にいてくれるのを喜んでいました。

 

元夫のモラハラ一色のねじ曲がった宗教話も黙って聞くし、この子は元夫と気が合うのだと思っていました。

 

思っていたのですが・・・。

 

テーブルに向かい合わせて座り、「離婚する事にしたの。」と私が言葉を発した途端、次女の目から一気に涙が溢れてどんどん溢れて溢れて。

 

驚いている私に、「嬉しい。良かった。嬉しい。」といって溢れる涙をぬぐおうともせずに、ありがとうお母さん。と言いました。

 

次女が話してくれました。

 

元夫から長女が馬乗りになってぶたれていたり、母親の私が蹴られていたりを目の当たりにして、次は自分の番だと恐ろしくて仕方がなかったと。元夫が嫌いで嫌いで仕方なかったと。でも嫌いな態度をとると次は私がぶたれると思い、気が合うふりをしていたと。

 

こんなに苦しんでいたのにきがつかなかった私。

 

しばらく二人で泣いて「これからは幸せに暮そうね」と言うのがやっとでした。

 

この次女が帰ってきます。優しくしてもしきれない程可愛くていとおしい子です。

胸筋の厚さが男子も顔負けのスポーツアスリートで、我が家の高校生の息子よりも食べる量が多い28歳です。^^

 

あの時の次女の涙を思い出せば、なんだってしてあげたい私です。

 

とりあえずは、今日のご飯はトンテキ3枚かな。笑

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

筋肉モリモリで力もある頼もしい次女。夜逃げみたいな引っ越しの時は、荷物をせっせと一人で運んでくれて私を助けてくれました。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-シングル家庭の家事情, 子供達の事, 宗教離婚
-,

執筆者:

関連記事

ひとり親家庭の大学進学はお金の不安と免除申請が忙しい。

  こんにちは。 息子の大学進学で、お金が竜巻にでもさらわれたかのように飛んでいったみのりです。   そして、想像以上の出費でクラクラしている私に、更に   •授業料免除 …

ぶん殴るのを忘れたあり得ない名言はなぜか7月に集中。笑

  9年前の7月、私は中国から日本に戻ってきました。 そして戻った次の日、「今日からは君は僕の妻とは思わない。僕は僕にふさわしい愛人を見つけて幸せになる準備をするからそのつもりでいてね。」と …

落ち込んでいる私に息子からLINE音声での生歌プレゼント

  なんと!息子からLINEにウクレレ演奏付きの生歌がきました。 もう嬉しくて、昔のレコードなら擦り切れるんじゃないかという程聞きました。 「こんなに歌の上手な子他にいるかしら?」と親ばか全 …

no image

宗教離婚、19年前に見た不思議な夢を思い出して思う事。

  息子を妊娠中の19年前、 寝たきりの状態で 帝王切開と子宮筋腫と子宮摘出の手術の日を待っていた時の事です。   3ヶ月半の入院生活の中、色々な事が起こり、 帝王切開と子宮筋腫、 …

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ