柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

生活の知恵

食品ロスとプラゴミを考えて週末は冷蔵庫の残り物を食べ尽くします。

投稿日:2018年11月4日 更新日:

こんにちは。

週末は、名前の付かない料理を作るのが得意なみのりです。

 

食品ロスプラスチックのゴミを意識しだすようになったのは、娘がまだ4歳の頃。

何気なくNHKの教育番組をつけると(小学生の社会科の番組だったと思います。)ドイツの番組の食品とゴミの取り組みを紹介していました。

 

テレビで紹介しているお店には、いくつものおおきな牛乳のポリタンクが置いてあり、買いにきた人は自分の家から持ってきた容器にそのポリタンクから、必要な量だけの牛乳を買っていました。

 

すべての食品が量り売りなのをみて、初めて見る食品の買い方にすごく感動したのを覚えています。

 

必要な分だけの量り売りを自宅から持ってきた容器に入れて買う。食料を捨てずに済む。ゴミも出ない。とても納得しました。

もう26年も前の事です。

 

その頃の日本は、まだゴミの分別もなかった時で、何でもポイポイ捨てる時代。

ゴミの減量なんてまだまだ普及されていない時代。

私は、ママ友と冷蔵庫の中で腐れた野菜の話なんかを平気でする時代でした。

 

その番組を見ながら、自分の暮らしと照らし合わせてなんだか情けない感情が湧いてきたのを思い出します。

この番組は、私に「ゴミを減らすための取り組み」について考えるよいきっかけを作ってくれました。

 

でも、何から始めたら良いか解らずにいた時に、冷蔵庫の中が使いかけの食品で溢れている事に目が行き

週末は冷蔵庫の中にあるものだけで生活してみようと実行したところ、1週間で出るゴミと食品のロスが確実に減っている事に気づいたんですよね。

 

私のできる事は、これだ!と思いました。

 

それから26年間ずっと、食品ロスの事を頭に入れて週末はできるだけ食料は買わずに冷蔵庫のなかの食料を食べ尽くすようにしています。

 

きついルールでやると続かないのは解っているので、ゆるくやっています。

 

週末だけで、しかもゆるくやっているにもかかわらず、冷蔵庫の中で食品が腐るという事がなくなりましたし、食費もかなり減りましたし、生ごみプラスチックゴミも減りました。

 

確かに、あるもので作る料理は名前もつかないへんな料理が登場するわけですが、週末の定番にすればそのうちに家族も慣れます。笑

 

週末だけの食品ロスとゴミ減らし。

これからもずっと続けていきたいと思っています。

 

◆◆◆ 今日の一言 ◆◆◆

毎日食べる牛乳、ヨーグルト、パンはこんな感じで食品ロスに取り組んでいます。良ければご覧になってみてくださいね。^^

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-生活の知恵
-,

執筆者:

関連記事

50代おひとり様。年収が10分の1に減っても変わらない暮しをしている理由

  こんにちは。 年収100万以下おひとり様のみのりです。   世間では年収100万以下の暮らしを極貧というそうですね。   私は年収1000万円以上の生活から100万以 …

年収180万以下でも楽しい暮らしかたが出来る2つの実践方法

  こんにちは。 おひとり様で高校3年の息子を育てているみのりです。   わが家の年収は200万以下。もっと正確に言うと180万以下です。   この数字、世間では極貧と言 …

地震の予知夢?「地震には気をつけろ」連続してみる夢に防災意識を高めました。

元旦から一昨日までまだ数日しかたっていないのに、次女は同じ夢を3回も見ているのです。
それも、地震の夢。
夢の中に知らない若い男性が現れて、ニコリともせず真面目な顔で「地震には気をつけろ」と言うのだそうです。

食品ロス対策への私が出来る小さな取り組み

随分前にテレビで「食品ロス」という言葉を知ってから
私の中で、お買い物に行くと必ずしている事があります。

狭いキッチンに最適!100均ワイヤーネットスタンドを冷蔵庫に逆さまに使うワザ。

  こんにちは。50代おひとり様のみのりです。 突然ですが、わが家のキッチンって本当に狭いんです。 どれくらい狭いかと言うと、動けるスペースを歩幅で表すと幅は2歩、長さは7歩という笑っちゃう …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

アーカイブ