柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

おひとり様 終活

60代シングルの着々と進む終活のあれこれ。

投稿日:

知り合いから、地元の海での「海洋散骨」に立ち合った時の様子を詳しく聞く事ができたんです。

聞き終わる前から「自分の骨は幼い頃から親しんでいる地元の青い海に流したい!」そう決めていた私の気持ちがいっそう固まりました。

海洋散骨、私の理想です!

自分が死んだ後に墓なんて面倒なものはいらないです。

先日、この話を次女にしたところ納得してくれました。^^

そして次女が、近所の人たちが集う銭湯に行くと、おばあちゃんたちが話している事も決まって、自分の葬式と墓の事だわ。と言って笑っていました。^^;

 

そうそう、風船で飛ばす散骨もあるそうです。

今は、墓じまいをする家族が増えていることもあり、海洋散骨や樹木葬や風船散骨に注目があつまっているとの事でした。解るなぁ・・・と思います。

墓が無いからといって忘れてもらっちゃ寂しいので、いつでも子供達が集まった時に私を思い出してくれるように動画や音声を密かに作っているし、

子供達が一緒に歌えるように有名な賛美歌も自分で弾いて録音済み。^^;

90歳まで生きる気満々なのに、気が早いですが着々と自分が死んだ後の事が進んでいます。笑

高価な物もないし、物への執着もないし、家も財産もないし、全てが無いと自分の最後の事が簡単で楽でいいです。^^

しかし、何といっても自分が住む地元の海で海洋散骨が出来るという事がとても嬉しい私です。

◆自分の死後は海に散骨する事に決めました。

◆60代になってから気になる事と言えば。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-おひとり様, 終活
-, ,

執筆者:

関連記事

あの時敷地内に入ってきた男はやはり下見だったのか?

  庭の畑の雑草抜きをしていると、お隣の奥様が出てきて少し雑談になりました。 なんでも、家の場所から2つ道路を挟んだお宅に、夜中に侵入者があったらしく早朝からパトカーが2台きたらしいとか。 …

こういう食事のほうが好きです。

楽しかった子供達との日々は終わり、また1人の質素な暮らしが始まりました。 ひとりになった途端、相変わらずの ・庭で摘んだ薬草天ぷらに、 ・1本30円で買ったゴーヤに、 ・半額で買った地鶏と ・頂き物の …

1ヶ月冷蔵庫無しの電気代はふーんといった金額でした。

  親の介護でほとんど自宅にいないし、冷蔵庫にもほとんど食べ物は入れていなかったので 去年の11月に冷蔵庫の電源を切ったんですよね。 17年前の冷蔵庫だし、この冷蔵庫がわが家で一番電気をくっ …

こんな私でも「それでも幸せは自分次第でやってくる。」

  いつも座っている目の前には小窓があります。 その小さな窓から、青い空を見たり月を見たりします。 今日も何気なく窓から見える空を見ていると、こんな事を思いました。 「こんな出来損ないと思っ …

幸せだと思えばそれが幸せ。

  先日お金の事でちょっとだけ涙した私でしたが、普段はあまりお金の事は気にならず、ただただ自分が楽しめる方法でお金のかからない暮らしを楽しんでいます。 今日は、玄関に草花ではなく雑草を飾りま …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ