柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

母との思い出

60年前30度以上の暑さが続く中私を育てた母の苦労が想像出来ました。

投稿日:

私は7月生れなのですが、今年の7月の暑さに参りながら、自分が生まれた1961年の7月の気温はどうだったのだろうと、
生まれた県の1961年7月の気温をネットで調べてみたんです。

なぜこんな気持ちになったかというと、母は夏に生まれた私をどんな気持ちで育てたのかな。と、この暑さの中ふと思ったからでした。

パソコンに出てきた1961年7月、8月は30度以上の気温の日が多くてびっくりでした。35度の日もありました。

60年以上も前の事だから、気温もきっとそこまでなかったのでは?と思っていたので60年前もこんなに気温は上がっていたのかと・・・。

 

私を育てた思い出話は1度も聞いた事がなかったのですが、泣き止まない新生児のあんたをたたいた事があった。という事を1度だけチラッと聞いた事がありました。

その言葉が頭から離れなくて、自分が実際子供を持ったときに、その言葉が信じられなくて、自分の子供をあやすときにはいつもその言葉が聞こえてきて苦しめるのでした。

でも、今回60年前の気温を見て思いました。
・扇風機は持っていたのかな?
・部屋は西日が当たらなかったのかな?
・お父さんは育児に少しは強力してくれたのかな?
・手を貸してくれる隣人はいたのかな?

今と変わらない気温の中、クーラーもない部屋で私を産んで育てたんだ・・・。

チラッとその当時の家にはお風呂が無くて銭湯に行っていたと聞いたことを思い出しました。

お母さん、私の出産で疲れてたんだね。
だからつい、泣き止まない新生児の私をたたいてしまったんだね。

 

亡くなるまで、私をたたいたという事以外、私との思い出を話す事が無かった母ですが、きっと大変な事ばかりで話したくなかったのでしょうね。私の想像ですが。

今回ふとした事で自分が生まれた月の気温を見て、今とあまり変わらない気温に驚いた事で、母への気持ちがまた少し変わりました。

まだ写真を見るのは抵抗がありますが、こうやって思い出しても嫌な涙は出なくなりました。

しかし、今と変わらない気温の中、クーラーもお風呂も無い子育て、根性のない私には出来ないと思います。

新生児の私をたたいたというよりも、暑さと疲労でつい手が出てしまったのでしょうね。

あんたを産んだ時は暑くて大変だったよ~と話してくれていたら、もっと母を理解できたのに・・・。と思うこの頃です。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-母との思い出
-

執筆者:

関連記事

実家は現実も思い出も反面教師の材料で溢れてる?

  とにかく「これって高そう」と思うような置物がたくさんある実家です。 全部母が買い揃えた物だけど、 母の亡き後、父にとっては全て邪魔な物となっている置物。^^; この実家の高かったであろう …

60歳また1つ乗り越えた事。

  今日は久しぶりに父と母の共通の知り合いから電話がきました。 話が長くなるのを覚悟して今日も受話器を取りました。^^; 父と母の昔の思い出話が1時間近くも続きました。 今までの私は、生前の …

35年前の値札のついたままの着物の行く先が決まりそうです。

着物を持っています。 最初の結婚から35年間広げてみた事もなく、もちろん1度も袖を通す事もなかった数枚の着物。 全てに値札が付いている着物と帯と小物。 1度だけ長女が大学生の頃見てみたいというので開け …

亡くなった母が美化されていく事に不満が爆発しそうになります。

  今までの記事にも何度か母の事を書きましたが、母とは折り合いが悪く、 特に父親似の私が母は苦手だったようで、子供の頃はよく罵声を浴びせられて育ちました。 容姿の事も、兄と妹は母の家系に似た …

忘れていた母と母の味を思い出させてくれたもの。

  今日は敬老の日だったんですね。 「今日は敬老の日よ。お互いおめでたいわよね。はいこれどうぞ!」と、ちらし寿司と赤飯を頂きました。 敬老?私まだ60歳になったばかりなのですが・・・。笑 お …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ