柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事 認知症の父と私

認知症父の自宅介護を活かせるお手伝い。

投稿日:

 

木曜日は、70代80代のお宅に、介護保険ではまかないきれないお手伝いをしに行く日です。今日も行ってきました。

このお手伝いを始めて初めて、老いて自宅で過ごしていても、生活するにあたり介護保険だけでは不十分なところがたくさんある事を知りました。

私は、その介護保険では出来ないすきま部分を補うお手伝いをやっています。

やっています。というか、させて頂いて更に知らなかった事を勉強させてもらっていますといった感じです。

こんな気持ちになったのは、やはり父の介護のおかげが大きいです。

年老いて認知症になり、自宅にいても不便な生活のまま、私以外の他人の手を借りる事を頑なに拒否し続けた父を世話しながら、

ここを手伝ってもらえたら、あそこを手伝ってもらえたらと何度も思った事があるので、本人やご家族がやってほしい事が解るんですよね。

 

ご自宅に行くと、お手伝いの間中、色んな話をされます。

誰かに話を聞いてもらいたい気持ちも良くわかります。

家族以外の人に聞いてもらいたいという気持ちもすごく分かります。

病院に行った。薬をたくさん貰った。でも生きて行くのはしんどい・・・。
子供の事、孫の事、自分の親の事などなど。

もしも、父の介護を経験していなければ、しったかぶりして、適当に解った顔して聞いていただけかもしれませんが、父の介護のおかげで、自分の親のような気持ちになってお話を聞けます。

 

今日は天気が良かったのでお布団が干せました。最初しっとりしていたお布団が軽くふんわりして、それだけで私の方が嬉しくなります。

父の介護は大変でしたが、こうして父の介護で学んだノウハウが誰かの役にたっている事が嬉しいです。

あんなに介護で泣いたのに、不思議なものですね。

 認知症の父と私

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-自分の事, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

見上げた先のオンボロハンガーに思う事

いつも座っている場所から斜め横を見上げると、コレ↑が見えます。 これまでは、外に掛けていたのであまり目にする事は無かったのですが、いつの頃からかこの場所に掛けるようになってよく見るようになったんですよ …

懐かしさで物悲しく聞こえる七草の歌。認知症父介護の記憶より。

  七草の歌を一人で口ずさんでいる私がいます。 去年の1月7日、父が七草粥を食べるのは最後かも知れないという気持ちで作った七草粥。 1年前の今頃は、父が1日ごとに急激に認知症が激しくなってい …

終活は子供達への最後のプレゼントですね。

  今週から終活を少しずつ初めました。 私はパールのネックレスと数種類の小さな石を持っています。 今日は、パールは娘達には指輪、息子にはネクタイピンにして子供達3人に残したいと思っているので …

昼からシャワーを浴びて明日の用事に備える人。

  朝シャン派の私が明日の為に昼間からシャワーを浴びました。 理由は、明日用事が6個あるから。^^; そして朝からシャワーを浴びなきゃと思うと、絶対めんどうで出かける気が起きなくなるから。^ …

認知症父と私の朝のルーティーン

興味ある人いないと思うけど、要介護1の認知症親とひとり自宅介護の娘の朝の様子を書いてみます。 ■朝5:00 ・真夜中の3時にやっと寝たはずの父が起きて台所に来る。 ・妄想の中でひとり言をブツブツ言いな …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ