柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

ホテルが住まい?老いの暮らし方の見本にくぎ付けになる私。

投稿日:

 

わが家の子供達が3人共私から離れて住んでいる事を、今まではこれが人生だと認識していた私ですが、

親の介護も終わり、一人で家にいると、よそのご家庭の密なつながりが羨ましくて仕方なくなります。

 

なぜか、私の知り合いの多くは、子供が近くにいるのです。

例えば、うちと同じ3人子供がいる知り合いは、子供全員結婚しても県内に住み、何かあるごとに、実家に孫を連れてきて楽しそう。

大きな家にたくさん集まる家族。

 

少し前までは、そんな話を聞いても何ともなかったのに、今は羨ましくて自分の置かれている「実家に仮住まいのひとり」という状況が悲しくなります。

寂しいな。でも我慢。を心で繰り返す毎日。

私、今年で60歳。

80歳まで生きたとして、あと20年も一人で暮らすと思うだけで寂しさで背筋が凍りそう。

 

そんな事を思っていると、昨日テレビだったか、YouTubeだったか忘れちゃったけど、
1泊2000円の激安ホテルに住んでいる人の暮らしが出ていたんです。

1ヶ月6万円かかるかど、公共料金はかからないし、元々ホテルなので、部屋の掃除もホテル側に頼むとやってくれる。家具も最低限の物が揃っているしで、無駄遣いしなければ年金で充分やっていける。ホテル住まい最高!と言っていました。

若い方から年配の人まで。たしか80代の人もいましたね。そして、私と同じ年代の女性の方は、住民票をホテルに移したと言っていて、ホテル住まいいいですよ!と言っていました。

ある年配の男性は、アパートに一人でいた時は何かと不安だったけど、ここのホテルに住んでいれば、「何かあったら何でも言ってください。」とホテル側から言われているので安心だ。とも言っていました。

こんな暮らし方があるんだー。

なんて良い暮らしなんだろうと、見終わってしばらく自分がそのホテル住まいをしている姿を想像していましたね。笑

 

今まで、老後はひとり寂しい暮らしを我慢しながら明るく暮らす事を目指さなきゃ。と思っていましたが、このホテル住まいを知って、老後の暮らしにこんな選択肢があるんだと思うと少し気持ちが晴れました。

まだまだこんな風に、老後の楽しい暮らし方があるかもしれません。

今のうちに、色々な情報を知り、自分の老後の暮らし方を探さなくちゃです。

   今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-自分の事
-,

執筆者:

関連記事

目に見えない心の力を貰っている感じです。

最近、私の周りで奇跡と優しさが溢れています。 この沢山の奇跡と優しさに頭がボーっとしている状態です。^^; 何も食べなくても、この奇跡と優しさに包まれているだけで生きて行けそうな、そんな感じです。^^ …

幸せよもう離れないでねって言える普通になれた自分の心。

最近、身体がサッと動きます。 あれをしよう!と頭で思った事がすぐに行動に移せます。そしてそれを楽しくやれます。 何をやっていてもこれが普通なんだな~と感謝の気持ちが湧いてきて、自然と「ああ、幸せだ」と …

2度も裏返しの服を着て澄ました顔をするアホな私。

先月、札幌の孫ちゃんが1歳の誕生日を迎えたので、 次女と息子に評判の良かった誕生日の歌を、ばあばバカで歌って動画で送ったんですよね。 昨日、長女との会話を探すのに、長女のLINEを開けてスクロールして …

やっと母親に戻れました。

  父の介護で手が回らず、愛しい子供達の事はずっと後回しになっていた私。 今日は生協からクール便で美味しい物を送る事ができて、満足しています。 生協から送る宅急便は、自宅からの持ち込みも一緒 …

しがらみが取れた61歳のひとり言

少し前、私は心の闇から解放されました。 死ぬまで私から離れないだろうと思っていた3つの黒い物が、私の心から離れたその日から私は新しい人生を手に入れました。 心が軽く、泣く事もなく、穏やかな気持ちで毎日 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ