柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

日常の事 認知症の父と私

施設入所13日目。父の事を忘れさせてくれた事。

投稿日:

 

ハンドメイドのYouTubeをみていると、作りたくなった物があったので、布が入った箱を開けてみると、なんと!好きだと思っていた布ほとんど好みが変わってしまっていました。

知らない間に柄の好みって変わるんですね。

25年程前に買った布がほとんどなので、まあ、好みが変わっても不思議ではないですが。

これから先、この布たちを使って何かを作る事はなさそうだし、適当な大きさにカットしてフリマに出品しました。

その頃買い揃えたハンドメイド用の小物も一緒に出品。

 

ついでに、以前から出品してみたかった、庭の畑にたくさん芽が出た苗の出品もしてみました。1度苗も出品してみたかったので、苗を何本にするか、どの苗を送るかなど、作業が楽しかったです。

 

新しい事をして、頭を使っていると、施設に入って窓越しですら面会が出来ない父の事を少し忘れる事が出来ました。

車椅子から立ち上がってコケたと連絡があったのに、姿も見れない父の事を心配するだけで何もできないモヤモヤを、今日はフリマ作業が忘れさせてくれました。

 

父が施設入所して今日で13日目。私がこれほど罪悪感を感じるのは、

施設入居の事を何も伝えず、朝ごはんを笑顔で食べている時にいきなり連れ出された父の驚いた顔を思い出すからです。

「お前の料理は天下一品じゃよ」と言いながら、最後に今川焼を頬張っているところへ施設の職員の方がみえて、そのまま連れて行かれた父。

そして、施設でまだ暴言を吐いて帰ろうとしている父の事を電話で報告されると、最後の日の美味しそうに食べていた姿とびっくりした顔を思い出してどうしても苦しくなるのです。

 

明日は何をして父の事を忘れようか・・・。

こんな苦しい気持ちが軽くなる日はいつ来るのでしょうね。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-日常の事, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

辛そうで可愛そうな認知症父。心が痛む私。

  今日はデイ無しの日。もしもデイサービスに行っていたら、もしも施設に入居していたら、父がこんな目にあわずに済むものを。 もしも・・・。もしも・・・。と何度も思った日でした。 朝のお漏らしは …

うち殺してやる!って、お父さん・・・。施設入所後父は豹変しました。

  昨夜は寝る前に明日は有意義な一日を送ろう。と心に決めていました。 もう、大変だった介護は終わった。とそう思っていたから・・・。 朝起きて、やることリストをスマホに書き、シャワーを浴びて朝 …

遠い懐かしい思い出

  築46年の和風作りの実家で、仏壇を掃除したり、提灯を出したり、 庭の野菜を裏庭の水道で洗ったりしていると、 子供の頃、お盆の時期に両親の故郷に帰り、同じような事をしてお手伝いをしていた頃 …

コタツの上に靴下を並べた認知症の父の気持ち。

間違い探しが新聞のチラシに入っていました。 これなら父にも出来るかも! コタツで口を開けて寝ている父を起こして チャレンジさせました。 この程度だったら5分程で出来るかなと思っていましたが、 15分何 …

夜中の3時、玄関に水を撒きながら新聞は止めると固く誓った人。

夜中眠れずにいると、新聞配達が来ました。何時だろうと時計を見るとまだ夜中の3時。 眠れないし、それに父が新聞を見つけると大変な事になるので(過去記事を見てください)玄関に行くと、えっ?すでに父が立って …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ