柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

日常の事 認知症の父と私

施設入所13日目。父の事を忘れさせてくれた事。

投稿日:

 

ハンドメイドのYouTubeをみていると、作りたくなった物があったので、布が入った箱を開けてみると、なんと!好きだと思っていた布ほとんど好みが変わってしまっていました。

知らない間に柄の好みって変わるんですね。

25年程前に買った布がほとんどなので、まあ、好みが変わっても不思議ではないですが。

これから先、この布たちを使って何かを作る事はなさそうだし、適当な大きさにカットしてフリマに出品しました。

その頃買い揃えたハンドメイド用の小物も一緒に出品。

 

ついでに、以前から出品してみたかった、庭の畑にたくさん芽が出た苗の出品もしてみました。1度苗も出品してみたかったので、苗を何本にするか、どの苗を送るかなど、作業が楽しかったです。

 

新しい事をして、頭を使っていると、施設に入って窓越しですら面会が出来ない父の事を少し忘れる事が出来ました。

車椅子から立ち上がってコケたと連絡があったのに、姿も見れない父の事を心配するだけで何もできないモヤモヤを、今日はフリマ作業が忘れさせてくれました。

 

父が施設入所して今日で13日目。私がこれほど罪悪感を感じるのは、

施設入居の事を何も伝えず、朝ごはんを笑顔で食べている時にいきなり連れ出された父の驚いた顔を思い出すからです。

「お前の料理は天下一品じゃよ」と言いながら、最後に今川焼を頬張っているところへ施設の職員の方がみえて、そのまま連れて行かれた父。

そして、施設でまだ暴言を吐いて帰ろうとしている父の事を電話で報告されると、最後の日の美味しそうに食べていた姿とびっくりした顔を思い出してどうしても苦しくなるのです。

 

明日は何をして父の事を忘れようか・・・。

こんな苦しい気持ちが軽くなる日はいつ来るのでしょうね。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-日常の事, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

自宅で生活できるレベルではないの。と言ってしまいました。

  昨日あんなにこれからの事を喜んだのに、今日は何から手を付けて良いか分からない程、朝からひどい光景に鬼のような顔になっている私。 玄関の私の靴まで父の尿で濡れていました。新聞を取りに玄関に …

60歳一人暮らしのちょと頑張りかなり疲れたそんな1日。

週に何度が眠れない夜がきます。 トイレで起きる事はないのに、眠れなくて目が覚めてしまうのです。 今日の夜中はそんな日でした。 夜中の12時に寝たのに3時には目が覚めました。   ミルクティー …

認知症父の輝くキセキの一歩がまた1つ増えました。

  昨日は私の方が緊張して眠れませんでした。 なぜかというと、ショートステイ先から父の「帰るコール」が来るかもしれなかったからなんです。 そうです。昨日父はあんなに頑なに嫌がっていたお泊りを …

デイサービス様様様と思った日。

朝、私は6時に起床。 ・台所を見ても父が夜中うろついた形跡なし。 ・廊下やトイレを見てもおしっこを漏らした形跡無し。 嬉しくて父を起こしトイレに誘導。 トイレの前の洗面所まで行ったので安心して私は台所 …

認知症介護。経験談のアドバイスコメントに助けられる日々です。

温度計が30度をさしています。そんな中、 父は暑くはないぞと言って毛布をかぶり、熱いお茶を飲んでいました。 そんな父を見て去年の夏の恐怖が蘇り、この介護生活を夏までには早くどうにか終わらせないと・・・ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ