柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

たった数千円でもこんな使い方は勿体なくて仕方ありません。

投稿日:

 

 

父が6月に施設入所の時に、介護用の前開きになった大きなぼたんと、ボタンの所がマジックテープになっている下着を6枚ほど用意したんですよね。
しかし、入所2ヶ月めの先日、あと3枚程持ってきてくださいと言われたんです。

えッ?もう?ダメになるのが早いなぁ。と思いながら、3枚前回のと同じ大きなボタンがついた前開きの物を買って持って行きました。介護用はこれが一番だろうと思って。

すると施設の方が、前回のような前ボタン式の下着はダメだと言うではないですか。

自分ではぎ取ってしまうからと。かぶり式をお願いしたはずですがと。

私、「かぶり?それは聞いてないですね。」と無表情で言ってしまいました。

ただでさえ今月からは、あの納得いかない介護認定が下りたおかげで、介護保険料が5万円から9万円に跳ね上がるんですよ。年金が見事に消えるんです。

 

3枚で数千円ですが、たかが数千円されど数千円です。

それに、せっかく買った物がゴミになってしまうなんてあり得ない。

どうしてもダメな時は言って下さい。と伝えました。
ダメな時は持って帰って前を開かないように縫って被り式にリメイクするつもりです。

 

底辺暮らしをしていると、例えたった数千円の事でももったいないお金の使い方には敏感になってしまいます。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

一人自宅介護の私の為に父の年金はあるんだという考え方。

  今日は、頂点に達していた自分の疲れを 「お疲れではないですか?気なっています。」という ケアマネージャーさんからの優しいメールで気付きました。 きっと、短いメールのやりとりの中でいつもとちがう私に …

後期高齢者として生きる父の年金を上手く使いこなす介護の大事な意味。

途方に暮れていた父の介護ですが、やっとデイサービスが来週から ・週1で一日4時間から ・週2で一日6時間になりました。 という事は、私が週2日、6時間も父と離れる事が出来るようになったという事です。 …

要介護1認知症親のひとり介護5ヶ月目の記録

    認知症親のひとり介護5ヶ月めが過ぎました。 11月の1か月間も色々な事が起こりました。 この1か月は今までと違って、認知症の進み具合が早くなった気がします。 介護する側の私 …

食べ物が認識できなくなった父と尊厳死の話をした私です。

  ここ一週間で父の様子が随分変わってしまいました。 ほとんど歩けなくなり 食欲もなくなりました。私の話す事もほぼ理解できなくなりました。 イスに座るにも、イスの場所の感覚が分からい様子で中 …

89歳認知症父の直筆と夜中に響いた歌声

  昨日、胃の痛みと共に全ての「やる事リスト」が終わりました。 最後は見て見ぬふりをして逃げていた父の年賀状作りでフィニッシュです。 2021年は90歳だし、もしかするとこれが最後の年賀状に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ