柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

介護後の消えない罪悪感は皆同じでホッとしました。

投稿日:

 

認知症父が施設入所して9日目。

今日は、まだまだ罪悪感で苦しい私の気持ちを吐き出すために、介護経験者の方に苦しい気持ちを聞いてもらいに出かけてきました。

みなさん、それぞれ色んな理由で嫌がる親を施設に入れた経験がおありで、その罪悪感はずっと抱えている、消えないとい仰っていました。

やはり、みんなそうなんだと、話しを聞いてもらって良かったと心底思いました。

ブログに頂くコメントの経験談のように、施設に入れた後の気持ちの経験談の一つ一つがとても救いになりました。

 

あの時はああするしか他に方法はなかった。と割り切って、自分を納得させているけれど、ふと思い出すと罪悪感に駆られて苦しくなる。と。

何年経とうが、行きたくないという親を施設に入れた罪悪感は消えないと。

 

みんな同じなんだ。

 

随分気持ちが楽になりました。

 

私の場合は、実家から父を追い出して自分一人が自由に実家に居座っているような罪悪感もあるのです。こんな私の気持ちと同じ気持ちになった方がいて、救われました。

 

昨日までの私は、自宅で窓も開けずに寝込んでばかりだったので、ご近所の後期高齢者(80代後半の方達)に心配され、元気出してと励まされる始末。

あべこべですね。^^;

 


↑庭に咲いているこのきれいな花はウコンの花でした。父が耳かきの穴程の量を食べるのに、私がミルで粉にしてあげていたウコン。
「これで、元気で長生きできるね。」と言いながら。

 

梅干しの種の中の白い実も毎日少しずつ食べていました。
「これを食べるとおじいちゃんずーっと長生きするんだね!」と孫に言われて照れながら。

 

ハチミツにつけたニンニクも毎日食べていました。
「これで長寿は間違いないぞ。」と嬉しそうに笑いながら。

こんなに健康には気を使って長寿にはなったけれど認知症になった父。

長生きと認知症。だから仕方ないじゃないって近所の人に慰められました。

本当にそうですね。

 

人生を長く生きてる方達に元気にしてもらった私は、
父がおっしっこまみれにした敷布団2枚を、明日の可燃ごみに捨てるために、ひもで縛りました。

 

介護は終わった。初めて少しそう思えました。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

20分近くで110万円渡した認知症とお金についての話です。

  突然頭が冴えた認知症父は、 普段は父の頭の中では死んだ事になっている兄が今日は生きていました。 生き返った事は嬉しいのですが面倒な事に、「学生だからお金をあげなきゃいかん!」と言って聞き …

自宅で生活できるレベルではないの。と言ってしまいました。

  昨日あんなにこれからの事を喜んだのに、今日は何から手を付けて良いか分からない程、朝からひどい光景に鬼のような顔になっている私。 玄関の私の靴まで父の尿で濡れていました。新聞を取りに玄関に …

認知症介護が終わる?ケアマネージャーに泣きついた甲斐がありました。

    今日は朝からこんな光景を目にしました。スゴイですね~。 敷布団が宙に舞ったのでしょうか?こんなところまで移動しています。 まくらも飛んでいます。一人で枕投げでもして遊んだのでしょうか …

認知症介護中だからこそのゆとり時間の大切さ。

  今日は久しぶりにメルカリをボーっと見ていたら 欲しかった形のショルダーバッグが目に入りました。 メルカリの売上金も2万円近くあることだしと思って思いきって購入しました。 いくら毎日介護一 …

認知症介護。悩みに悩んだ末の決断です。

実家に引っ越す事を決断して数日が経ちました。 父との同居が嫌で仕方なく、気分が悪くなり鼻からコーヒーが出たり、胃もたれで何も食べられなくなったりと随分悩みましたが、今回は少しの胃もたれで済んでいます。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ