柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症

みそ汁に毒は入っていないよ、捨てずに朝食べてね。と鍋に貼りました。

投稿日:2020年10月5日 更新日:

 

実家で作った味噌汁をことごとく捨てられる私です。

捨てられるのだから作らなきゃいいのに、

みそ汁が大好きな認知症の父の事を思うと、作ってしまうんですよね。

毎回捨てられるのだから私も知恵を絞ればいいのに、

認知症の父の方が1枚うわてで、アッ!と思った時には捨てられています。^^;

 

どんな感じで捨てられるかというと、

•味噌汁を作り、冷蔵庫に入れるには熱いのでガスレンジの上で少し冷ましている間、私が少しその場を離れたすきに、流しに捨てられる。

•味噌汁を作り、冷蔵庫に入れるのを忘れて買い物に行ってしまった時、鍋ごと持って近所のやぶに捨てられる。

•「これはお味噌汁です」と書いた付箋を貼り付けておいた冷蔵庫の味噌汁も近所のヤブに捨てられる。

 

こんな感じで、ほかのおかずも捨てられる事が多いのですが、味噌汁に関しては百発百中1度目の味噌汁は捨てられてしまいます。><

一度は、作ってその場を離れて振り向いたら流しに捨ててるところでした。^^;

 

なんで捨てちゃったの?とその時は頭に来て聞きました。

だって、その時の味噌汁は、手が込んでいたから。

すると答えが、

「毒が入っているかもしれんし、腐ってるかもしれん」でした。^^;

 

そんな訳ないでしょう。^^;私がお父さんの為に作るのに。って言ったら、

お前が作ったのかい?ですと。さすが認知症です。

 

昨日は、作ったばかりの味噌汁を父が流しに捨てようとしているところを間一髪で私が鍋を掴んだんですね。

その無事だった味噌汁を、父と食べていると父が、

「味噌汁を飲んで生き残ったのは俺とお前だけじゃのう。後はみんな死んでしもうた。」

と言ってました。

誰も死んでないって。^^;

呆れるどころか可笑しくて吹き出してしまいました。

 

「美味しかったぞ」と毎回美味しく食べるくせに、お鍋に作った味噌汁は捨てようと目を光らせてる父。

 

今日は、夜作った味噌汁が余ってしまい、捨てられる覚悟で鍋ごと冷蔵庫に入れて帰ってきました。

付箋に「このお味噌汁には毒は入っていませんよ。明日の朝、温めて食べてね。きっと美味しいよ♪」と書いて鍋に貼り付けたんだけど、明日どうなっているでしょうね。笑

明日も捨ててあったらもう味噌汁作りは諦めて便利な「あさげ」に変更ですね。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症
-

執筆者:

関連記事

味がしない。あの時も味覚障害から始まったという怖さ。

うすうす感じてはいたけれど、最近自分に異変が起きてる。 どんな異変かと言うと、日常に起こる全てが怖くて誰かに脅迫されたいるような。 常に些細な事に心臓がバクバクしている異変。 朝、目が覚めただけで、恐 …

消去法が増えていく色のない日常の中にいる親に対して思う事。

  捨てられても作る私がバカでした。 今日もまた朝から味噌汁を庭に捨てているところに出くわし、 もう慣れたはずなのに、感情が乱れまくりの私です。^^; 毎日の朝の日課になってしまったこの味噌 …

認知症の症状が改善する事があるとしたら。

昨日、朝の7時半頃に実家に行くと、認知症の父が「おはよう!元気だったかな?」と声をかけてきました。 そして、 「朝ご飯はもう済んだから、悪いがお前は一人でたべておくれ。」といいました。 一瞬、認知症の …

父が私を思い出せない時間が増えました。

今朝、父が私の事を忘れました。 台所に立っている私と目が合った時に、きょとんとした顔をして、 「朝早くから来てもらってご苦労かけますなぁ。」と父から頭を下げられました。 私を見てもよその人と思っている …

要介護1認知症親のひとり介護5ヶ月目の記録

    認知症親のひとり介護5ヶ月めが過ぎました。 11月の1か月間も色々な事が起こりました。 この1か月は今までと違って、認知症の進み具合が早くなった気がします。 介護する側の私 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ