柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

今日で認知症親の在宅ひとり介護が終わります。まだ実感はありません。

投稿日:

 

今日で在宅ひとり介護が終わります。
荷物を詰め終わりました。

父は、最後の朝に私に歩ける姿を見せました。
・頭も正常になったの?と思う程しっかりしてる所を見せてくれました。
・坐骨神経痛の痛みが無くなって身体が軽いのか、一人で歩いて3回もトイレに行きました。まあ、垂れ流しながらだけど。
・その内の1回は大の排泄ができていました。

お父さん、私、こんなにしっかりになった姿を見せられたら、明日からのカーテンで仕切られた6人部屋の施設での生活を思うと心が締め付けられます。

私は持ち物に名前書きが終わり、父の為に履きやすそうな柔らかい介護用の靴を買い、全てが終わりました。

 

最後の夜ご飯は、父の大好きなかぼちゃのにつけと味噌汁を作りました。よく鍋に生ゴミを入れられたカボチャの煮付けと毎日のように鍋ごと近くのヤブに捨てられた味噌汁。笑

今日は、天下一品と言いながら食べていました。坐骨神経痛の痛みがなくなって味も美味しく感じるのでしょうね。

気分がいいのか、「ワシは健康だし今の所どこも悪いところが無いし欲しい物もない。それだから年金は余る一方じゃの。お前達姉妹が自由に使ってくれ」と言ってました。

これからは全く残らない年金。しかし、

「そう?ありがとう。」と言うと喜んでましたね。

あまり話をすると辛くなるので、おやすみと言ってベッドに連れて行きました。

明日は、9時半に施設の方がお迎えに来て、一緒に新しいかかりつけの先生にご挨拶をして、施設に行き終わりです。

明日からは父の新しい生活の始まり。明日は良いお天気になりますように。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …

自宅で生活できるレベルではないの。と言ってしまいました。

  昨日あんなにこれからの事を喜んだのに、今日は何から手を付けて良いか分からない程、朝からひどい光景に鬼のような顔になっている私。 玄関の私の靴まで父の尿で濡れていました。新聞を取りに玄関に …

神様はいた!奇跡メールに笑顔が戻りました。笑

完全同居2日目にして、同居は失敗だったと頭を抱えていたところに1通のメールが。ケアマネージャーさんからでした。 丁度娘に電話をしていた時でしたが、チラッと見ると、デイサービスに空きが出たと書いてある! …

割れない食器でお互いストレス減。心に余裕が生まれます。

買って良かったって思います。介護用になるニトリの割れない食器。 今まで私のイメージの介護用の食器は、こんな味気ない食器で毎日食べさせたらかわいそう、でした。なんとなく昔の病院の器のイメージ? 今は介護 …

認知症の父。また一つ大事な事が出来なくなりました。

  今日は、何も起こらない普通の日でした。このなんでもない普通がかえって特別のように感じる、そんな日でした。 ただ、また1つ父が大事な事が出来なくなった日でもあります。 最近、トイレの大の流 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ