柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

夜中の3時、玄関に水を撒きながら新聞は止めると固く誓った人。

投稿日:


夜中眠れずにいると、新聞配達が来ました。何時だろうと時計を見るとまだ夜中の3時。
眠れないし、それに父が新聞を見つけると大変な事になるので(過去記事を見てください)玄関に行くと、えっ?すでに父が立っているじゃありませんか。

もしや!玄関を見るともうすでに玄関はおしっこでビジャビジャ。下駄箱にしまい忘れた私のスリッパもオシッコまみれ。これで何度め?

履いていた室内スリッパが滑って私は廊下で滑りそうになる。

夜中の3時に玄関に水を撒きながら、もう決めた!!!新聞は今日限りで止めてやる!と新聞に怒りをぶつける私でした。^^;

・ヤブに鍋ごと味噌汁を捨てに行かなくなったし、
・作ったばかりのおかずを庭になげ捨てなくなったし、
・私をドロボーと間違えなくなったし、
・一度床に座ると立てなくなるくせにすぐ座ってしまう事も無くなったし、
・夜中1時間おきに起きてガスの火をつけることも無くなったし、
・夜中ガスに直接食べ物を置いて火をつけて、煙騒動も無くなったし、
・仏壇のマッチの火事騒動も無くなった。
・庭の花を手当たり次第むしり取る事も無くなったし、
・紙パンツを履いてくれるようになった。
・夜中大きな声で唸る事が少なくなったし、
・冷蔵庫の中身を手当たり次第捨てなくなった。
・頑なに拒んでいたデイサービスにも行くようになった。

でも、今はたった1つのおしっこの垂れ流しに頭を悩ませています。

そして明け方の5時。やっと寝たと思った父の様子がおかしいので部屋に行くと、上布団が結構濡れている。本人は雨漏れとさわいでいる。

ここで私は言った。これはお父さんのオシッコです。いつでもどこでもこうやって垂れ流ししてるのを私が後始末しているの知らないでしょうけれどね。あとは覚えていない程グチグチグチグチ。
わしのおしっことな?そんなはずはなかろうが!
と言う父にまたグチグチグチグチ。

父を見るとまたパンツを履いていない。何やってるのよ、お父さん!
電気ストーブを付け、紙パンツを履かせ、寒いと連呼する父の為にお茶を沸かし、台所のストーブをつけると灯油切れ。灯油を入れるために外に出るともう明るくなっていました。

家族は誰も知らない認知症の親と介護者の娘の2人だけの家の中での戦い。
こんな認知症家族を介護している人は、世の中にどれ程いるのだろう。
世界中の認知症親を介護する人と繋がりたい。
どれだけのため息と涙があるのだろう。

今日の午前中、必ず必ず新聞屋に停止の電話を入れる。必ず!

いつまでもすべての事を夜中の3時に来た新聞のせいにする私でした。
(新聞配達の方ごめんね。あなたは悪くない)

明日新聞が止まり、明日からは玄関に水を撒くことがなくなりますように。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症で夜中2度目の煙騒動。限界寸前の自宅介護です。

  夜中に2度目の煙騒動です。 レンジの使い方を忘れてしまった父は、夜中に何か食べたくなると、ステンレスの網ザルに物を入れて直接火にかけるようです。 ザルが焦げてススだらけになっていたので、多分間違い …

台所のテーブルの上に臭い匂いを放つまさかの物体がありました。

※食事中の方は読まずにお願いします。 認知症父の介護をしてきて、絶対に経験したくないと思っていた事がついに起こりました。 初めての事でかなりショックだったし、胃も痛いしとても疲れたので、今日もスマホの …

食べ物が認識できなくなった父と尊厳死の話をした私です。

  ここ一週間で父の様子が随分変わってしまいました。 ほとんど歩けなくなり 食欲もなくなりました。私の話す事もほぼ理解できなくなりました。 イスに座るにも、イスの場所の感覚が分からい様子で中 …

認知症の父への殴り書き。

今日は認知症の父の言葉に、さすがに腹が立ち、 「お父さんは、自分が軽蔑しているその認知症なんだよ。 あれもこれもそれも、何もかも出来ない人になってるんだよ!!」と もう少しで言いそうになりました。 や …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ