柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

認知症父の入所準備が着々と進む中、穏やかな日常がありました。

投稿日:

 

昼間、施設入所の為に必要な物を買いに出かけました。

向かった先はしまむら。介護用品や年配男性の服が売ってるんですよね。

ちらっと覗いてみて、無かったら少し遠いイオンに行こうと思っていましたが、見事に入所時に欲しい衣類が全部がしまむらで揃いました。

入所するホームは揃える物が少なくて助かります。

・お薬
・お薬手帳
・保険証
・着替え4セット
・バスタオル4枚
・タオル4枚
・歯ブラシ コップ 歯磨き粉
・上履き
・電気シェイバー

これだけです。あと上履きを買うだけです。

事務的な事は、父方の親戚と私の妹に、父がホームに入所する事になった事を伝える電話が残っています。

父の兄妹から電話がかかってくる時は、父が話を合わせて笑ったり喋ったりして、とても元気だという印象を与えていて、親戚は今のような状況を多分知らないと思うので、びっくりすると思います。

今まで、父の威厳を保つ為に何もお知らせしていなかった私がいけないのですが・・・。

お父さんは元気?と聞かれると、「はい。元気にしております」といつも答えていたし、

少し前の父の妹との電話での話しぶりも、私がそばで聞いていてびっくりするほど普通の会話だったので施設に入るの?とさぞ驚く事でしょう。

私の兄からは、施設が決まったら教えてよ。と言われていたのでメールしましたが返信なし。^^;妹にはこれから伝えなければです。

 

今日はとても穏やかに1日が過ぎました。父が私に「いつもありがとう」と言いました。「世話になっているお礼にこの家をお前にあげたいと思っておる」と言いました。

喋り方が昔みたいで、なんだか認知症初期の頃の父に戻ったみたいな日でした。

デイサービスにもまるで仕事に行くみたいに、私に手を振っていきました。しっかりした顔をして帰ってきて夕飯も全部食べました。

父がベッドに入る時に「明日の宮崎は27度で晴れのち曇りらしいわ。」と私が言うと、「晴れのち曇りという事は明日は雨じゃな。」というので私が笑い、父もつられて笑って笑顔でおやすみと言って寝ました。

入所まであと5日です。

父に感謝の気持ちを持って残りの5日優しく接します。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

今日で認知症親の在宅ひとり介護が終わります。まだ実感はありません。

  今日で在宅ひとり介護が終わります。 荷物を詰め終わりました。 父は、最後の朝に私に歩ける姿を見せました。 ・頭も正常になったの?と思う程しっかりしてる所を見せてくれました。 ・坐骨神経痛 …

認知症の父、突然その時はやってきた。

  昨日から父の足が前へ一歩踏み出せなくなり、昨夜「自宅での生活が無理になったね。」と言うと、うんと素直に頷いた父。 そして夜中、ワシがトイレに行きたくなったらどうするかな?と何度も不安そう …

私を忘れた認知症父の事をもうこれで充分だよと思えたのは・・・。

前回の話の続きです。→前回の話 ついに私を完全に忘れてしまった認知症の父の態度に動揺し、今までとは違う寂しさが襲う自分を、どう対処するか考えていた二日間でした。 今日、たまたま息子に送金したり、メール …

台風の怖さを忘れた父の事。

さあ、今日からあと2日間、 認知症の父と2人、築46年の木造平屋で最大級台風10号が過ぎるのを待つことになります。 今はまだ雨風も大したことなく大丈夫ですが、 最大級の大型台風10号と同じくらい、認知 …

可哀そうと思わないで。という認知症専門医の話に救われました。

時々、「ボケ日和 転ばぬ先の知恵」という本を書かれた認知症専門医の長谷川嘉哉先生のYouTubeを見ています。 今日の話は、最後に今の父と私にも当てはまる、私の心が軽くなる話でした。 それは、「安易に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ