柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症

目を疑う認知症父の夜中の行動

投稿日:

 

台風が心配で、実家に久しぶりに泊まりました。

夜中の父の行動にただただびっくりして、一睡も出来なかった私でした。

私が見たもの。

想像をはるかに超えた、父の夜の姿でした。

 

実家のすぐ近くにやぶ林があるのですが、

そこは昔から暗黙の了解で近所の方達が、

自宅の木を剪定してでた枝を捨てたりしている場所なのですね。

そこに、認知症が激しくなった頃から父が、

実家からでる生ごみを捨てるようになって困っていたんです。

 

父が生ごみを捨てるので、

私が料理をした後は、流しの三角コーナーにも、排水口にも、生ごみが残っていないように、

いつも気をつけていたんです。

(少しでも生ごみを見つけると、やぶに捨てに行くから。)

なので、最近は父も生ごみを捨てていないと思っていたのですが。

 

私が泊まった時、夜中に父が出て行くのですよ。

急須ごと、お茶っ葉を捨てに。

父はよくお茶を飲みます。

私が泊まった日、

父は夜中(10時から4時まで)の間に5回も起きて台所でお湯を沸かして

お茶を飲んでいました。

そのたび急須ごと、茶殻をやぶに捨てに外に出ていました。しかも

真っ暗い中。

その行動にもう、びっくりのなんのって・・・。

 

カーテンのすき間から、父の姿を見た私の心の声は、

「はっ?マジ?ウソ!!ばかじゃないの!何やってんの!頭おかしいの?」

こんなところです。^^;

その行動は、毎晩やっているような慣れた感じでした。

しかもその日は台風の影響で風が強いのに、

風にあおられながら、フラフラしながら歩いています。

1時間ごとに起きて急須を持って、やぶに行く父の姿。

もう、実家に一人でいさせるのは限界かなと悟りました。

 

毎日何を言って、全くわかってもらえないはずだと思い知りました。

早朝は、朝の5時頃、台所からなにやらゴソゴソ音がしていました。

何をしているのだろう、と寝たふりをして観察していると、

冷蔵庫に残しておいた、前日のおかずや味噌汁や漬け物を全部取りだし、

三角コーナーに捨てて、強い風の吹く中、三角コーナーごと持って外に出ました。

歩いていく先はやぶ。

 

私が起きて、冷蔵庫を開けると、中の物は全て見事に無くなってました。

私も泊まるからと思い、油断していましたよ。

これまで何度か、冷蔵庫に残して帰ったものを全て捨てられていたので、

冷蔵庫には前日の残りを残さないようにしていたのですが、

その日は、私がいるから大丈夫だろうと思っていたけれど、大間違いでした。

•みそ汁、

•多めに作っておいたおかず、

•漬け物、

•半分残ったかつお節に

•刻んでおいたのり、

全部です。

使いかけのワサビも捨ててありました。

 

その、捨てる現場を目撃した事もショックながら、

いつもこうやって、三角コーナーを持って、近所の前を通り、

やぶに捨てているんだと思うと、

頭が痛くなりました。

 

この認知症の後期高齢者の親をどうすべきか・・・。

 

家のゴミも捨てようとするので、いつも止めていました。

あそこはゴミを捨てる場所じゃないよ。って。

一日中繰り返し説明してもわからないので、

実家から出るゴミは、ゴミ箱には入れず、外のポリバケツに入れて、

家のゴミ箱の中にはゴミが無いように気をつけていたのですが、

まさか、冷蔵庫の中身を朝、

三角コーナーごと持ってやぶに捨てているとは・・・。

近所への迷惑が解らなくなった父の事、真剣に考える時が来たと思います。

 

そうそう、台風の事も解らい様子でした。

台風で風が強い事も、台風だから外に出るのは危険だという事も、

何度言っても理解できない様子でした。

強い風の中、何度も外に出ました。出るなといっても聞きません。

理解できない行動を目の当りにする、心配する、腹が立つ、心が痛む、心が折れるを繰り返していると、

私の心が病みそうです。

お世話が大変という感情ではなく、心が痛くて病んでしまいそう。という感情です。

 

明後日には、台風10号が直撃の予報です。

父が強風の中、外に出る行動を考えただけでも、気が遠くなりそうです。

私が倒れないように、今日は、滞在時間を減らして自分の事を優先です。

可哀そうとか、父のためにとか

自分を犠牲にする気持ちは封印です。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症
-

執筆者:

関連記事

夏の甲子園中止の見出しに認知症とは思えない会話をする父。

今朝、実家に行くと、認知症の父が新聞を読んでいました。 私の顔を見るなり、 「今年の夏の甲子園は中止になったそうじゃよ。戦後初らしい」と教えてくれました。 そして、「頑張ってきた選手が可哀そうにのう。 …

サウナにクーラーをつけているような部屋で過ごした59歳の夏。

  ようやく暑かった宮崎の夏も涼しくなりました。 昨日の日記に、今年の夏を認知症の父と乗り越えた事は、奇跡に近いと書いた私です。   昨夜の心地よい風が、 連日34度を超える猛暑の …

認知症父と台風。相性の悪さは天下一品でした。^^;

  5枚続きの木でできた古い雨戸が動かなくて、 雨戸がない窓に新聞紙を貼ったり、ガムテープで補強したり、 父を守らなきゃいけないという私には支えきれない責任が重くのしかかり、 家が吹き飛ばさ …

認知症父への殴り書き 続編

  昨日の私の父への怒りは、夕方実家に戻ると消えました。 昼間3時間ほど、実家を離れただけなのに、私が「ただいま~」と帰ると、 まるで小さな子供が母親の帰りを待っていたかのような表情の父がそ …

台風の怖さを忘れた父の事。

さあ、今日からあと2日間、 認知症の父と2人、築46年の木造平屋で最大級台風10号が過ぎるのを待つことになります。 今はまだ雨風も大したことなく大丈夫ですが、 最大級の大型台風10号と同じくらい、認知 …


  1. 怪傑ズバット より:

    みのりさん、こんにちは。
    お父さんのこと、深刻ですね。
    しかし、あまり深刻に受け止めてたら、しんどいですよね。

    1.お茶は温かいのを漉して、保温ポットに入れておく。
    2.冷蔵庫の残り物には大きめの付箋に「明日食べる、捨てないで!」って目立つよう  に書いとく。
    3.とにかく、捨てたくなるようなものは可能な限り放置しない。

    言い方は失礼ですが、分別が困難な幼い子供に対処するように柔らかく、って感じでどうでしょう?

    台風10号、十分にお気をつけください。

    • minori より:

      怪傑ズバットさん、こんばんは。

      アドバイスありがとうございます♪
      なるほどですね!
      明日早速、お茶のアドバイスを実践してみたいと思います。
      保温ポットが実家にあったような気がします。
      冷蔵庫の付箋は失敗続きなんですよね。読んだらすぐはがし、
      読んだ事もはがした事も忘れて捨ててしまう。という流れです。^^;
      台風のご心配もありがとうございます。明日も頑張ります!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ