柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

認知症介護。経験談のアドバイスコメントに助けられる日々です。

投稿日:

温度計が30度をさしています。そんな中、
父は暑くはないぞと言って毛布をかぶり、熱いお茶を飲んでいました。

そんな父を見て去年の夏の恐怖が蘇り、この介護生活を夏までには早くどうにか終わらせないと・・・。と焦って終わった一日でした。

 

今日はコメントで頂いた入院というキーワードを何度も考えました。

昨日、ケアマネージャーさんにもうだめだと、今の状況を機関銃のように説明し、1つの案を頂いたのですが、昨日の記事

その案が上手くいくまで、腰が痛くて座れなくなり、歩けなくなった父はどうやってデイサービスに行き、どうやってショートステイをこなしていけるのか疑問になったんですよね。

とりあえずの施設が見つかるまでデイサービスとショートステイを上手くこなしていきましょうという案。

歩けないんです。もうベッドから殆ど立てないんです。行こうにも、私一人で玄関までどうやって連れて行けばいいの?帰ってきて、どうやって玄関からベッドまで私が支えればいいの?

そんな事を悶々と思っている間にも、父をやっとトイレに連れて行き(本当に本当にやっと)今度はトイレから立てなくなった父をベッドに戻すのがどれだけ大変だったか。

これが明日も明後日もしばらく続くのかと思うと、無理です。
一昨年、父のおしっこで派手にすべった時に、私は肩を強く打ち、その肩が何かの拍子に外れそうになるんですよね。

そんな肩を父から全体重をかけて掴まれると、怖いんです。

今の父は、腰も痛がっている、足も力が無くて1歩が出なくて歩けない状態。ほとんど寝たきり状態になってしまいました。

入院出来るものなら、入院が凄くありがたい。
父も、それが出来るのならそれが楽だ。と言いました。本心だと思います。

私もそのほうが父にとって良い方法だしなにせ父が楽だと思うのです。

 

・明日はデイサービスの後に病院に連れて行こう。
・入院出来ないか聞いてみよう。
・出来ないと言われてもすがってみよう。
・もし、本当に出来なかったら車椅子をレンタルしよう。
・ベッドからトイレまで車いすで行けるようにベッドの位置を変えよう。(福祉レンタルに電話)
・家具の配置も変えよう。

食欲もほとんどなく、小さくエビのように体を丸めて寝てばかりの父。
急に弱ってしまいました。

こんな父を無理にデイサービスやショートステイに連れ出す事に罪悪感を感じます。というか、もう行けない感じがするのですよね。
デイサービスに行こう!なんて可哀そうで言えません。

こんな状況なので、入院というキーワードが入ったコメントを何度も読み返した私でした。

予約した認知症グループホームは外観を一目見て、父が笑顔で余生を送れる映像が浮かびました。父の生まれ故郷に似ている風景がありました。

そこに入居させてあげたい。でもそこに行きつくまでがとても険しいです。

全てが上手くいきますように。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

私、生きてる!って感じの1日でした。

朝の介護メモは珍しくこんな感じで始まりました。 4/14 ・今朝は上手く行ったよ。おしっこ漏れ無し! ・一人で紙パンツもはいたしね。 ・朝ごはん中、久しぶりに親の話をしていた。 ・ご飯をこぼさず食べた …

認知症父と台風。相性の悪さは天下一品でした。^^;

  5枚続きの木でできた古い雨戸が動かなくて、 雨戸がない窓に新聞紙を貼ったり、ガムテープで補強したり、 父を守らなきゃいけないという私には支えきれない責任が重くのしかかり、 家が吹き飛ばさ …

私の愛情が必要だと分かっているのに・・・。

今日は父の携帯の解約をしました。もう随分前から携帯の使い方も存在すら分からなくなっていたので。 解約金が1万円以上掛かりますが仕方ないですね。これで父の持ち物が1つ減りました。   今の父に …

味がしない。あの時も味覚障害から始まったという怖さ。

うすうす感じてはいたけれど、最近自分に異変が起きてる。 どんな異変かと言うと、日常に起こる全てが怖くて誰かに脅迫されたいるような。 常に些細な事に心臓がバクバクしている異変。 朝、目が覚めただけで、恐 …

認知症の父に忘れても大丈夫!私が覚えているから。と伝えました。

10分前の記憶がほとんど消えてしまう父は、認知症でありながらも自分の記憶が無くなっていくことにとても不安を感じています。 なので、お世話をしている私は、なるべく私のほうから10分前の出来事を聞き返した …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ