柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

父の私じゃない!その気持ちが私を次の行動に突き動かします。

投稿日:

先日、父の機嫌の良い日を選んで父を夜一晩一人にしてみました。

一人で過ごした次の朝は父がどうなっているか試してみたかったのです。

毎晩毎晩、夕方の6時半頃には寝てしまう父が少しの物音でパニックになるので、音を立てないようにじーっとしている毎日が私には大きなストレスなのです。

なので、週に1度は自宅に戻りたい、戻らせて!という気持ちで試してみたんですね。

しかしやはりダメでした。思っていた以上にダメでした。

夜中何回私に電話してきたでしょうか。

電話の内容はこうです。

「うちの中の様子が違う。誰か知らないやつの物がたくさん置いていある。勝手に誰かが住んでるのかも知れん。」

「お父さん、それは私のもの。いつもお父さんの所で一緒にいるでしょう?そのままにしておいてね。」

「お前がいつもいる?それは初耳じゃのう・・・。」

この会話が夜中に何回も何回も電話で繰り返されました。

そして、次の日実家に行くと、凄い事になっていましたね。

認知症の恐ろしさを目の当たりにしたといった感じ。

 

私が使っている部屋に置いている私の荷物が捨てられていて、

靴下や下着は一列に並べられ(父親とはいえ気持ちわる!)

袋の中の物も全部出してゴミ箱に入っているし、タイツは紐代わりにゴミをしばってありました。

父の頭の中には、どれだけ毎日一緒にいても全く私の存在は残らないのですね。今回の事ではっきりわかりました。

いつも私が着ている服がかかっていても、よそ者が置いていったと疑わないんだね。

そして、私が毎日父の為に泊まっている事を告げられて本気で驚くんだね。

この父の言動に最初は頭にきたけれど、良く考え直してみると、

父は夜中ケガもしていないし、普通にしているし、

ただ、私の荷物があったからよそ者が勝手に来ていると騒いでいるだけ。

それなら、私の荷物がなければどうなるのか?また荷物なしで試してみる価値あるかも。

次は、荷物なしでの一晩一人にしてみよう。

色々な事を試して早く私の時間を作りたい。

父の私じゃない。愛する子供達の為の私。そして大切な自分。

この気持ちが私を次の行動に突き動かします。

最近、もういいの。と開き直った自分がいます。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症を理解するにはたくさんの共有時間と失敗が必要な気がします。

今日は父のデイサービスの日。 父はお風呂に入りに行く日だと認識しています。 前もって伝えておくと、余計な事を考えて要らぬ妄想が起こってしまうので、当日の朝ごはんの時に「今日はお風呂の日だよ」と伝えるよ …

罪悪感は忘れてねと形見用の日記に書きました。

認知症&栄養点滴&タン吸引の為入院している父の、着替えとオムツやその他の備品を持って病院に行って来ました。 購入した秋冬用のパジャマも入れました。 以前入所していた施設では、寝る時もパジャマではなく普 …

誰も悪くないのに。

  いつの頃からか、「父のお世話」と言っていた言葉を「父の介護」と言うようになりました。 もう、お世話という生易しい言葉では済まなくなったんですよね。 昨日スーパーで2個セット半額の贈答品用 …

私を忘れた認知症父の事をもうこれで充分だよと思えたのは・・・。

前回の話の続きです。→前回の話 ついに私を完全に忘れてしまった認知症の父の態度に動揺し、今までとは違う寂しさが襲う自分を、どう対処するか考えていた二日間でした。 今日、たまたま息子に送金したり、メール …

認知症父と再会。大切な事に気付いた時間でした。

  認知症父が居る施設の面会禁止が解除されたので、約2ヶ月ぶりに会いに行ってきました。 最後に会った時には、次会う時には私の事は忘れているだろうな。と覚悟を決めた程の認知低下だったのですが、 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ