柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

89歳と59歳の父娘、自分の棺桶の話で盛り上がる。

投稿日:

先日、知り合いとお葬式の話になりました。

最近の葬儀場は増えて競争が激しいので、あの手この手の至れり尽くせりでお客様の心を掴むのだとか。

生前、今川焼が好きだった方には、ご遺体と一緒に棺桶の中に今川焼を入れたり、ケンタッキーを入れたりするのだそうです。

笑っちゃいましたが、そういうサービスをしないと、生き残っていけない程、葬儀場の数が多いのでしょうね。

実家に戻り、父と食事をしながらその話になりました。

父が「ほう、面白い話じゃのう。」と少し興味のある顔で聞いています。

私が、「もしもお父さんが死んで棺桶に眠っている時に、お父さんと一緒に棺桶の中に大好きな宝楽饅頭入れて欲しいと思う?」と父に聞くと、

「それはちょいと遠慮しておくぞ。」といいました。笑

棺桶で眠っている父の顔の横に宝楽饅頭。想像しただけで吹き出しそうです。

そして、何を入れたいか二人で思いつくだけ言い合っていた時、
私がふと思いついて、「お母さんの写真をたくさん入れてあげようか?」と言うと喜んで、

そうしてくれ。と言ったので、

「じゃあ、お父さんの棺桶には、花とお母さんの写真で一杯にしてあげるね。」と言うと

認知症の父が喜んでいました。

喜ぶ顔が本当に嬉しそうだったので、これは決まりだわ。と思ったのでした。

私は何を入れて欲しいかなぁと考えましたが、花だけでいいです。^^;

忘れていた事を思い出しましたが、私は昔から、

あの映画タイタニックの中でタイタニック号が沈む直前に流れた賛美歌が大好きで、

自分の葬式の時は、この讃美歌を流して欲しいなぁと思っていた事があったんですよね。

その事を思い出していると、その讃美歌が流れる中、棺桶の中で死んでいるのに微笑む自分が想像出来て

ご飯中なのに、棺桶に眠る自分たちの姿を父と想像して笑ってしまいました。

棺桶の話なのに、楽しい食事の時間でした。

私は子供達が、私の為に賛美歌を歌ってお別れしてくれたらそれだけでいいです。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症でもまだ羞恥心の残っている親のトイレ事情に悩む娘。

  「まるで4人目の子供みたいね。」と私の話を聞いて笑う長女の言う通り、本当に子育てと変わらない認知症の父です。 父の名前に「あ」がつくので、4人目あっくんです。 そんな4人目あっくん父は、 …

介護中、それでも幸せは自分次第と思う時。

  今日は認知症の父のデイサービスの日。 私にとっては週2回の待ちに待った朝。父にとってはどうでも良い日?^^; そんな今朝の事、いつもは渋りながら行く父なのに、私の「今日はお風呂に行く日だ …

コタツの上に靴下を並べた認知症の父の気持ち。

間違い探しが新聞のチラシに入っていました。 これなら父にも出来るかも! コタツで口を開けて寝ている父を起こして チャレンジさせました。 この程度だったら5分程で出来るかなと思っていましたが、 15分何 …

認知症父の輝くキセキの一歩がまた1つ増えました。

  昨日は私の方が緊張して眠れませんでした。 なぜかというと、ショートステイ先から父の「帰るコール」が来るかもしれなかったからなんです。 そうです。昨日父はあんなに頑なに嫌がっていたお泊りを …

世にも不思議体験、何がどうしたらこうなるの?

  私の大事なコート。 あと3年は大事に着ようと思っていたコートが、 今朝、探すけれどどこにも無くて、 昨日かけたところに無くて、 家中探すけれどどこにも無くて、 認知症の父に聞いてみました …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ