柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

誕生日の記憶も全て宇宙へ飛ばした90歳の父。^^;

投稿日:

先日は父の誕生日でした。めでたく90歳になりました。

朝からハプニング続出の本人は何も覚えていない誕生日でしたが、思い返せばあれはあれで楽しかったと苦笑いしながら思えます。(当日はヘトヘトでしたが^^;)

朝起きると、台所のごみ箱はこんな事に。

ゴミ箱の中身からして、も、もしやと冷蔵庫を開けると、案の定誕生日の為の物が捨てられていたり食べ尽くしていたり。ガーン。
最近は冷蔵庫の中身を捨てられることが無かったので気を抜いていました。

そしてここからが父らしいハプニングの本番です。笑

・お昼前にケーキ屋に小さなホールケーキを取りに行き冷蔵庫に保管。
・午後買い足しに外に出る。
・実家に戻る。冷蔵庫を開ける。ん?
・ケーキが無いーー!!!!
・ごみ箱を見る。箱だけある。
・庭に出る。ケーキが捨ててある。
・私、庭に立ち尽くす。

もうケーキ無しでも良いかなと思ったけれど、やはりローソクをフウさせたい。またケーキ屋に行く。ホールケーキは予約制なので普通のロールケーキを購入。
で、家にあった物だけでトッピング。ロウソクの火をふうさせるだけで意味がある!!笑

と言う訳で、こんなケーキができあがりました。

どんと笑ってください。
父は待てなくて大あくびしながらウトウトしてるし、冷蔵庫には何も無いしこれが精いっぱいでした。^^;

目の前には料理が並んでいるのに、ケーキ皿に添えたユキノシタ(画像手前の丸い葉っぱ)に真っ先に手を伸ばす父。
そしてロウソクを一気に吹き消したものの、このケーキにはいっさい興味を示さず、さっさとコタツで寝てしまったのでした。笑

30分後に目を覚まし、ケーキとお寿司を見るなり「おや?今日は豪勢な料理じゃのう。」とすっかり誕生日の事は頭から抜けていました。

もしかして自分のお誕生日の記憶、宇宙に飛ばしちゃったの?と冗談で聞いたつもりでしたが、不思議そうな顔をして誕生日とな?と。

何度も自分の歳を聞き、90歳になった事を喜ぶ父の笑顔と、何も覚えていない合点のいかない顔の父を見ながら、その日の夜は複雑な疲れがでました。

しかし、家で誕生日を迎えるのはこれが最後だと思うから楽しくやれて良かったとひとり思いながら、後かたずけをした私でした。

 今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症父が搬送拒否された時を思い出します。

  テレビをつけると、コロナ感染患者の搬送先が無い現実が流れ、胸が締め付けられます。 搬送先が見つからず、患者と家族が自宅で大変な思いをして過ごしている映像や、お年寄りが一人で自宅で耐えてい …

割れない食器でお互いストレス減。心に余裕が生まれます。

買って良かったって思います。介護用になるニトリの割れない食器。 今まで私のイメージの介護用の食器は、こんな味気ない食器で毎日食べさせたらかわいそう、でした。なんとなく昔の病院の器のイメージ? 今は介護 …

親の介護は終わったのに心労で寝込む日々。

父が施設に入所すれば、父と私の介護日記は終わると思っていたのに、心配や悩みでまだまだ書くことが多そうです。   朝早く起きて、木の剪定をして雑草を抜き、雑草の中からキレイな花を見つけたので、 …

90歳認知症父の施設入所で少し反省している事。

実家の固定電話が鳴りました。 相手は両親の故郷の古い友達からでした。 「あら、長女ちゃんお久しぶり!お父さん居る?」 父の施設入所の事を伝えると、 「ああ。もう少し早く電話すれば良かった」と言って電話 …

認知症父の入所準備が着々と進む中、穏やかな日常がありました。

  昼間、施設入所の為に必要な物を買いに出かけました。 向かった先はしまむら。介護用品や年配男性の服が売ってるんですよね。 ちらっと覗いてみて、無かったら少し遠いイオンに行こうと思っていまし …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ