柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

お願い、ずっと寒さに負けていて!

投稿日:

私の住む宮﨑も寒くなりました。

認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。

ああ、寒さ様様です。

お茶殻を捨てに行こうとして、玄関を開けると寒いのでしょうね。

今は、玄関を開けたすぐ横の植木の「金の成る木」にお茶がらがバサッとかけられ捨てられています。

大きく育っていたのにバッサバサに切られまくり、その上お茶殻を掛けられて気の毒な金の成る木です。^^;

 

父に言っても無駄だし、来客に見られてももう恥ずかしくないし、夜中外に出て捨てに行かれるより何倍もいいので、

ほうほう。寒い冬はこう来たか。って感じで観察中です。

そしてもう一つ寒くなって変わった事があります。

それは、ゆで卵。

私が外出する時は、よく父の為にゆで卵を作っていくのですが、

今までは、時間が経って冷えた状態でも食べていたようなのです。

でも、最近は冷たいのが嫌なのでしょう。

皮をむいたゆで卵が、やかんの中に入っています。

そして、私が帰ってきてお湯を沸かすと、その中にゆで卵が入っているという事がたびたび。

寒くなるとゆで卵はこう来たか。って感じです。^^;

・ゆで卵が食べたくなる。
・冷たいなぁ。
・お湯で温めよう。
・やかんの中に入れて忘れる。
・食べたかった気持ちも忘れる。

こんなところですよね。きっと。

そしてそして、最後のとっても嬉しい寒さのご褒美はこれです。

明け方の3時頃から頻繁に起きてこなくなった事。

これはめちゃくちゃ嬉しいです。

もう私にとっては地獄でしたからね。

それと、朝ベッドから起きてくる時間が遅くなった事。

1度父に聞いてみたんです。朝起きるのが遅くなったねって。

すると、「寒くて早起きはかなわん」らしいです。

もう、寒さがありがたいです。

ありがとう!寒さ!そして冬!!

冬の寒さは私にとって救世主です。

わが家の介護は夏より冬の方が断然楽です。

宮﨑という冬でも気温がそれほど低くない場所での介護だからというのもありますよね。

あなたの介護はどうですか?

私は、「お願い!このままずっと寒さに負けていて!」って念じる介護です。^^;

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

世にも不思議体験、何がどうしたらこうなるの?

  私の大事なコート。 あと3年は大事に着ようと思っていたコートが、 今朝、探すけれどどこにも無くて、 昨日かけたところに無くて、 家中探すけれどどこにも無くて、 認知症の父に聞いてみました …

認知症ひとり介護の形跡を綺麗にする決心がつきました。

  コロナの影響で認知症で施設に入っている父に会えなくなってしばらく経ちます。 6月に施設に入所して面会出来なくなったのはこれで2回目です。 まだしばらくは面会出来そうにありません。 15分 …

認知症の症状が改善する事があるとしたら。

昨日、朝の7時半頃に実家に行くと、認知症の父が「おはよう!元気だったかな?」と声をかけてきました。 そして、 「朝ご飯はもう済んだから、悪いがお前は一人でたべておくれ。」といいました。 一瞬、認知症の …

認知症の父の真剣な顔と美味しい物アンケート。

  実家に行くと、火災保険の書類が届いていました。 封書の中に、「抽選で毎月100名様に美味しい物が当たるアンケート」が同封されていたので、   父が昔よく、本に付いている懸賞や感 …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ