柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症 認知症の父と私

お願い、ずっと寒さに負けていて!

投稿日:

私の住む宮﨑も寒くなりました。

認知症の父は、寒さには勝てないらしく、例の味噌汁や冷蔵庫の中身やお茶の葉を夜中やぶに捨てに行くことがなくなりました。

ああ、寒さ様様です。

お茶殻を捨てに行こうとして、玄関を開けると寒いのでしょうね。

今は、玄関を開けたすぐ横の植木の「金の成る木」にお茶がらがバサッとかけられ捨てられています。

大きく育っていたのにバッサバサに切られまくり、その上お茶殻を掛けられて気の毒な金の成る木です。^^;

 

父に言っても無駄だし、来客に見られてももう恥ずかしくないし、夜中外に出て捨てに行かれるより何倍もいいので、

ほうほう。寒い冬はこう来たか。って感じで観察中です。

そしてもう一つ寒くなって変わった事があります。

それは、ゆで卵。

私が外出する時は、よく父の為にゆで卵を作っていくのですが、

今までは、時間が経って冷えた状態でも食べていたようなのです。

でも、最近は冷たいのが嫌なのでしょう。

皮をむいたゆで卵が、やかんの中に入っています。

そして、私が帰ってきてお湯を沸かすと、その中にゆで卵が入っているという事がたびたび。

寒くなるとゆで卵はこう来たか。って感じです。^^;

・ゆで卵が食べたくなる。
・冷たいなぁ。
・お湯で温めよう。
・やかんの中に入れて忘れる。
・食べたかった気持ちも忘れる。

こんなところですよね。きっと。

そしてそして、最後のとっても嬉しい寒さのご褒美はこれです。

明け方の3時頃から頻繁に起きてこなくなった事。

これはめちゃくちゃ嬉しいです。

もう私にとっては地獄でしたからね。

それと、朝ベッドから起きてくる時間が遅くなった事。

1度父に聞いてみたんです。朝起きるのが遅くなったねって。

すると、「寒くて早起きはかなわん」らしいです。

もう、寒さがありがたいです。

ありがとう!寒さ!そして冬!!

冬の寒さは私にとって救世主です。

わが家の介護は夏より冬の方が断然楽です。

宮﨑という冬でも気温がそれほど低くない場所での介護だからというのもありますよね。

あなたの介護はどうですか?

私は、「お願い!このままずっと寒さに負けていて!」って念じる介護です。^^;

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症, 認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

台風の怖さを忘れた父の事。

さあ、今日からあと2日間、 認知症の父と2人、築46年の木造平屋で最大級台風10号が過ぎるのを待つことになります。 今はまだ雨風も大したことなく大丈夫ですが、 最大級の大型台風10号と同じくらい、認知 …

要介護1親のひとり介護をHSPの娘がやってみて気付いた事。

  親のひとり介護を始めて今日で2週間が経ちました。 毎日朝の7時過ぎに実家に行き、夜の7時半頃に自宅に帰ります。   以前は、午後の3時間は自宅に戻ったり買い物に行ったりしていま …

認知症父の自宅介護を活かせるお手伝い。

  木曜日は、70代80代のお宅に、介護保険ではまかないきれないお手伝いをしに行く日です。今日も行ってきました。 このお手伝いを始めて初めて、老いて自宅で過ごしていても、生活するにあたり介護 …

認知症の症状がここまで進行したのかと胸が痛くなります。

今朝、父の部屋に行くと、ずっしり重い紙パンツがベッドの横に脱ぎ捨ててありました。 着替えようと脱いだのですね。 でも、脱いだらトイレに行きたくなったのでしょうか。ベッドの横はおしっこまみれでした。 今 …

割れない食器でお互いストレス減。心に余裕が生まれます。

買って良かったって思います。介護用になるニトリの割れない食器。 今まで私のイメージの介護用の食器は、こんな味気ない食器で毎日食べさせたらかわいそう、でした。なんとなく昔の病院の器のイメージ? 今は介護 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ