柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

施設入所の認知症父のささやかな願い。

投稿日:

施設の父に会いに最近は2日おきに行っています。

宮﨑のコロナ感染者が少ないおかげで、分厚いビニールのカーテン越しで会えるようになりました。

面会の時父はと言うと、毎回メロンを食べて喜び、北海道で産まれた初ひ孫の動画をみて泣くを繰り返すというルーティンで時間がきてバイバイするのですが、

昨日は、「お前に触れたいね。」と言いながら、何度も車椅子から手を伸ばしていました。

 

私、父の私に触れたいという気持ちが痛い程解ります。

私も遠く離れて暮らす3人の子供達に触れたいと思う時がありますもん。

普段はLINEや電話だけでも嬉しいけれど、心が淋しい時は肌で子供の存在を感じて安心したいなぁ。と思います。

父も同じなのでしょうね。

 

上手く言葉が出てこないと言っていました。寂しいから娘の手を握りたい。という気持ちを表現できないもどかしさがイライラさせるようでした。

帰る時に分厚いビニール越しに私の手と父の手を合わせましたが、このビニールを外してくれと懇願するように言っていました。父の目が涙目になっていました。

私が逆の立場でも泣くでしょうね。

大切な相手がすぐ傍にいるのに触れられないって高齢者には特に酷ですね。

バイバイして振り向くと、父が私に手を振っていました。
また振り向くと、父が気付いて大きく両手で手を振りました。

 

施設に入っているすべての高齢者の為にも、早くコロナが終息してほしいと思いながら帰路についた私でした。

 

 認知症の父と私

父の認知症

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

シニアの鼻でも敏感に匂うもの。

今日は疲れで午後からコタツに潜り込んでいました。 去年はこのコタツ布団が、認知症父のおしっこの匂いが染みついていて、その匂いが自分の身体に臭いがしみ込むのが嫌でした。 今年は、そんな事すっかり忘れコタ …

認知症の父と私の繰り返される会話はまるで録音テープそのものです。

    認知症の父は、私が寝ている部屋にお構いなしに入ってきます。 仕方のない事ですが、今日はまだ私が寝ているのに、明け方の5時から何度もカーテンを開けたり窓を開けたりしてきました。私1度目 …

父が私を思い出せない時間が増えました。

今朝、父が私の事を忘れました。 台所に立っている私と目が合った時に、きょとんとした顔をして、 「朝早くから来てもらってご苦労かけますなぁ。」と父から頭を下げられました。 私を見てもよその人と思っている …

しまむらで?認知症父の介護用品を購入する。

  以前は息抜といえば、オシャレなカフェだったり素敵な雑貨屋だったりしましたが、今はもっぱらしまむらになった私。 今日もしまむらに息抜きに行って来ました。それも上下しまむらで買った服着て。笑 …

納得するアドバイスで背中を押してもらえる有難さ。迷い無しで進めます。

父のとりあえずの施設入居が決まりそうです。予約している施設が空くまでの仮の施設です。多床室の6人部屋です。 昨日からの続きで、父は勘付いているかのような態度と言葉で私を悩ませ続けています。^^; 今日 …


  1. 河合 馨 より:

    切ないですね。
    お父様との時間を大切に。

    • minori より:

      河合 馨さん、こんばんは。
      仕方ない事とはいえ、私も切ない気持ちで帰りました。認知症さえなければ、と未だに思います。
      認知症でも心はあるのだと、いつも父をみて気付かされるので余計辛いですが、出来る限り会いに行き、顔を見せて安心させてあげたいと思います。
      コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。みのり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ