柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

施設入所の認知症父のささやかな願い。

投稿日:

施設の父に会いに最近は2日おきに行っています。

宮﨑のコロナ感染者が少ないおかげで、分厚いビニールのカーテン越しで会えるようになりました。

面会の時父はと言うと、毎回メロンを食べて喜び、北海道で産まれた初ひ孫の動画をみて泣くを繰り返すというルーティンで時間がきてバイバイするのですが、

昨日は、「お前に触れたいね。」と言いながら、何度も車椅子から手を伸ばしていました。

 

私、父の私に触れたいという気持ちが痛い程解ります。

私も遠く離れて暮らす3人の子供達に触れたいと思う時がありますもん。

普段はLINEや電話だけでも嬉しいけれど、心が淋しい時は肌で子供の存在を感じて安心したいなぁ。と思います。

父も同じなのでしょうね。

 

上手く言葉が出てこないと言っていました。寂しいから娘の手を握りたい。という気持ちを表現できないもどかしさがイライラさせるようでした。

帰る時に分厚いビニール越しに私の手と父の手を合わせましたが、このビニールを外してくれと懇願するように言っていました。父の目が涙目になっていました。

私が逆の立場でも泣くでしょうね。

大切な相手がすぐ傍にいるのに触れられないって高齢者には特に酷ですね。

バイバイして振り向くと、父が私に手を振っていました。
また振り向くと、父が気付いて大きく両手で手を振りました。

 

施設に入っているすべての高齢者の為にも、早くコロナが終息してほしいと思いながら帰路についた私でした。

 

 認知症の父と私

父の認知症

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

認知症父と私の朝のルーティーン

興味ある人いないと思うけど、要介護1の認知症親とひとり自宅介護の娘の朝の様子を書いてみます。 ■朝5:00 ・真夜中の3時にやっと寝たはずの父が起きて台所に来る。 ・妄想の中でひとり言をブツブツ言いな …

泣くなよ、おばさんに涙は似合わないって。と言われた私ですが・・・。

今日は自宅でのひとり介護の孤独を嫌という程味わった私でした。 ゆっくり話を聞いてくれる人もいない。 共感してくれる同じ立場の知り合いもいない。 これって、結構きついですね。 昨日ペット用シートを父のト …

私が選ぶものはそんなに趣味が悪いのだろうか?^^;

老衰の症状の中の父の姿。

  今日は自力で食事ができなくなって入院した父の今後の事を話しあってきました。 父は施設で身体を痛がったり、ベッドの上でもがいた形跡があり打身があったり、急に自力で食事がとれなくなったり、身 …

トイレと廊下に敷き詰めた尿漏れ対策は後始末5分の大正解でした。

朝の6時に、「これはいかんなあ。よいこらしょ」と言って父がトイレのドアを開ける音がしました。 あ~、今日も垂れ流しなんだろうな。といつものように落胆したあとすぐに、「あっ!そうだ!シートしたんだった! …


  1. 河合 馨 より:

    切ないですね。
    お父様との時間を大切に。

    • minori より:

      河合 馨さん、こんばんは。
      仕方ない事とはいえ、私も切ない気持ちで帰りました。認知症さえなければ、と未だに思います。
      認知症でも心はあるのだと、いつも父をみて気付かされるので余計辛いですが、出来る限り会いに行き、顔を見せて安心させてあげたいと思います。
      コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。みのり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ