柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

認知症父が搬送拒否された時を思い出します。

投稿日:

 

テレビをつけると、コロナ感染患者の搬送先が無い現実が流れ、胸が締め付けられます。

搬送先が見つからず、患者と家族が自宅で大変な思いをして過ごしている映像や、お年寄りが一人で自宅で耐えている姿をみると、

以前、自宅でひとり介護をしていた時の事を思い出します。

 

・痛がる認知症父の事で悩みに悩んで救急車を呼んだけれど、認知症という事で病院から搬送拒否された事や、

・介護タクシーのストレッチャーに乗せて、やっとの思いでかかりつけの病院に連れて行ったのに、「ごめんね。認知症患者を入院させる病院は宮崎にはないんだよね。」と、

あっさり言われ、頭を抱えて涙をこらえた事を思い出します。

 

父の場合は、明日の命に関わるような病気ではなかったのでまだよかったですが、コロナの場合は明日の命の保証もないような切羽詰まった患者さんなのに、搬送先がないと告げられる不安。どれだけ不安でしょうか。

 

そして、そんな映像をテレビで見ると、私の中でトラウマになっている搬送拒否されたあの1時間程の時間を思い出します。

救急隊員の方から、あと1件だけありますから、そこに今から連絡してみますが、そこがダメなら搬送先はもう無いと思って下さい。と言われ、祈るように病院に連絡してくれ、「認知症患者は受け入れていません」と最後の望みを絶たれた時のあの絶望感・・・。

 

入院が必要な全てのコロナ患者の方が、搬送先が見つかりますように。
冗談じゃないわ。って思います。

 

関連記事⇒悩んで119番しても認知症患者は搬送先見つからず。

  今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

トイレと廊下に敷き詰めた尿漏れ対策は後始末5分の大正解でした。

朝の6時に、「これはいかんなあ。よいこらしょ」と言って父がトイレのドアを開ける音がしました。 あ~、今日も垂れ流しなんだろうな。といつものように落胆したあとすぐに、「あっ!そうだ!シートしたんだった! …

施設入居の話をしたのは間違いだったかな。様子が変わる父。

 昨夜の11時頃、父の部屋からのドスンという音と父の唸り声で目が覚めました。 慌てて部屋に行くと、父が半袖の下着1枚になり、ベッドの横の部屋に座り込んでいました。 やっとどうにか父を立たせて、ベッドの …

たった数千円でもこんな使い方は勿体なくて仕方ありません。

    父が6月に施設入所の時に、介護用の前開きになった大きなぼたんと、ボタンの所がマジックテープになっている下着を6枚ほど用意したんですよね。 しかし、入所2ヶ月めの先日、あと3 …

施設入所の認知症父のささやかな願い。

施設の父に会いに最近は2日おきに行っています。 宮﨑のコロナ感染者が少ないおかげで、分厚いビニールのカーテン越しで会えるようになりました。 面会の時父はと言うと、毎回メロンを食べて喜び、北海道で産まれ …

今日で認知症親の在宅ひとり介護が終わります。まだ実感はありません。

  今日で在宅ひとり介護が終わります。 荷物を詰め終わりました。 父は、最後の朝に私に歩ける姿を見せました。 ・頭も正常になったの?と思う程しっかりしてる所を見せてくれました。 ・坐骨神経痛 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ