柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

還暦近い私の人生後半戦、お金に目がくらんだ結果は。

投稿日:

窓にはレースのカーテンしか無くても、足元は暖房無しでも、壁にはきれいな飾りも何もないけれど、でもでもそれでもやはりウチがいい。

ああ、私の小さなわが家。

今日は幾日かぶりに小さな間取りのわが家に夜戻ってきました。

どうしてこんなに何もない質素なわが家に異常に感動しているかというと・・・。

最近認知症の父を夜に一人にするのが不安で、ずっと実家に泊まっていて、

泊まっている間にあれこれわが家の家計状況を計算したりして、お金に欲が出て体調を崩してしまったんです。

だから、何もない我が家に帰って来たらホッとして異常な感動をしているという訳なんです。

実家にいる間は当然わが家は住人のいない空き家状態だったので、この部屋を解約して実家に住めば、家賃代も浮くし、それに父も安心するし・・・。なんて考えが頭をよぎりだしたんですね。

で、本当に私は実家で父と一緒に住んで暮らしていけるかを確かめる意味もあって実家で何日か過ごしていたのですけれど、

無理でした。

無理です。むり、むり。^^; 例え年金全部あげるから一緒に住んでくれと頼まれたとしても無理です。

何日か実家で模擬生活しただけで、吐き気が襲うんです。多分ストレスですよね。

当然です。実家での生活はこんなだから。

馬鹿ですよね。こうなる事解っていたはずなのに、お金に目がくらんで欲が出て。
まあ、父の事が心配って事も事実ではありますが。

実家で暮らして家賃を浮かして生活が少し楽になる事より、

・家賃で生活が圧迫しようが、
・預金を崩す生活だろうが、
・毎日同じ服着てようが、

わが家へ帰ってきた時の安心感の方が私には大事です。

そうです。
小さくて質素な私だけの空間は私にはとても大事な場所。

それを捨てようかと考えがよぎったなんて、おバカ過ぎます。

私はこんな暮らしが自分らしくて楽しくてやはり好きです。

とにかく、帰ってきて安心感からかあくびばかりでます。^^;

私の人生の後半戦、残りの人生の大事な時間なのに、お金に目がくらむとロクな事考えないし体調崩すしだめですね。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

腹も立てずに優しく寄り添えた日。

今日は認知症父のデイサービスの日でした。 デイサービスと言っても、私が連れて行きお風呂に入ってご飯を食べるだけ。 すぐに帰ってきます。 週に1度たった4時間なのに、父はいつも「命からがら戻ってまいりま …

認知症の部屋、マッチの火で焦げた残骸を見て思う事。

  今日は、天気も良かったので、実家の介護後の掃除をしました。 畳を拭いている時に畳の焦げた跡が目に入りました。 そして、焦げた座布団に、焦げた父のはんてん。 よくあの時家が燃えなかったと、 …

しまむらで?認知症父の介護用品を購入する。

  以前は息抜といえば、オシャレなカフェだったり素敵な雑貨屋だったりしましたが、今はもっぱらしまむらになった私。 今日もしまむらに息抜きに行って来ました。それも上下しまむらで買った服着て。笑 …

誕生日の記憶も全て宇宙へ飛ばした90歳の父。^^;

先日は父の誕生日でした。めでたく90歳になりました。 朝からハプニング続出の本人は何も覚えていない誕生日でしたが、思い返せばあれはあれで楽しかったと苦笑いしながら思えます。(当日はヘトヘトでしたが^^ …

父の徘徊も夜中の唸り声も治まったのは安心したからでしょうか?

今日は朝から実家の押入れの物を一旦出して、パズルのようにすき間なくきれいにはめ込んでいました。 実家のどこに私の荷物を置く場所があるのだろうかと思っていましたが、 収納は多いのに、実家はその多さを活か …


  1. JACK より:

    毎日拝見してますよ。うん、うん、分かるよそれ。なんて心の声で話しています。
    母の汚部屋を何度片付けたか。100袋近いゴミが出たかと思います。一人で掃除して
    朝からやって日が暮れて夜になり酷く疲れたのを覚えています。衣裳持ちの母は何度
    言っても新しい服を買うんです。古い服を捨てられないまま。散らかった部屋に飼い犬が
    タワーのように積み上げられた衣類に向かっておしっこをするわけなんですよ。母はその度に犬を怒っていたけれど片付けられない自分の責任がこれまた分からないんですよね。
    そんな母は今は介護3級で車いす生活になり施設におります。思い起こせば私にももっともっとたくさんの事がありましたよ。聞いて欲しいくらいです。

    • minori より:

      JACKさん、こんばんは。
      本当に親の介護って大変すぎる。
      やった人にしか解らない外からは見えない小さな苦悩だらけですよね。
      私の父は反対にきちんとしすぎていて今日はこんなことがありました。
      自分が夜汚したであろうおしっこ臭い下着と、
      何日も履いていた靴下と、いつから着替えてないのか忘れた程来ていた上着の下着が
      今朝実家に来てみると、私の布団の上に綺麗に川の字になって並べてありました。

      近いうちに、このブログ内に介護用のコメント記事欄を作りたいと思っているのですが、
      ブログ内にコメントを載せてもよろしいでしょうか?お返事を頂けるとありがたいです。
      宜しくお願い致します。
      いつもお読みくださりありがとうございます。

      • JACK より:

        大丈夫です。皆で話し合いの場を作りましょう。一人で頑張るのは疲れます。
        不安なことなども聞いて下さる場が欲しいですよね。眠れない夜もあります。
        助けてと天を仰ぐことも最近ありました。MINORIさんが近くに住んでいたら
        きっと友達になれたかと思います。今日初めて確認したので返信遅くなってごめんなさい。

        • minori より:

          JACKさん、おはようございます。
          お返事頂いて、ありがとうござました。^^
          本当に・・・。私もJACKさんが近くにいらしたら心強いのに。

          眠れない夜もあります。
          助けてと天を仰ぐことも最近ありました。

          そうなんですね・・・。
          私も一昨日、頭の血管が切れるのではないかと思う出来事があり、
          眠れなくて、ネットで大好きな賛美歌を聞いて自分を落ち着かせたばかりです。^^;

          コメント記事欄の件、心良くお返事頂いて本当に感謝です。
          いつも読んで下さりありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ