柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 子供達の事

大人になった子供達への母親としての本音。

投稿日:

 

先日次女が一泊だけ、それも夜の8時到着で朝の5時出発という慌ただしいスケジュールで帰ってきてくれました。

楽しかったし、次女の気遣いが嬉しかったし、

私も子供の為に尽くせる事が幸せでした。

 

子供が小さい頃は、早く大きくならないかなぁ。と思っていましたが、

今になって、そんな罰当たり!とあの頃を思い出します。^^;

 

子供達3人共私の元を離れて行きました。

それぞれ、自分の道をしっかり歩んでいるので嬉しいですが、

これからあと何回会えるのかと思うと、胸の奥が寂しさで詰まる時があります。

私が80歳まで生きたとして、あと20年弱。

今まで通り、子供達が年に1度帰省すると考えると、あと20回程しか会えないのです。数字にしてみると悲しくなります。^^;

次女は一番近くといっても、往復6時間かかりますが、

たまに今回のように帰省してくれる気遣いが嬉しいです。

ガソリン代やら、お弁当やら、こまごまな物を持たせました。

 

車が見えなくなるまで見送った後は、

毎日一緒に過ごしていた時が懐かしくて仕方なくなりました。

寂しいわ。と言葉にすると子供達に心配させるので言いませんが、

本当はもっと大人になった子供達に頻繁に会いたい、と言うのが本音です。

電話で声を聞いたり、LINEで顔を見ながらのおしゃべりもいいけれど、

やはり近くで存在を感じていたいのが本音。

 

子供達が高校を卒業するまで一生懸命子育てをしたので楽しい思い出がたくさんですが、

子供が今大人になってからの思い出がもっと欲しい私です。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-シングル家庭の家事情, 子供達の事
-

執筆者:

関連記事

娘の子育てで親の私が学ぶ事。

  最近は、子育て真っ最中の遠く離れて暮らす長女から、「育児で○○な時、お母さんはどうしてた?」という質問が多くくるようになりました。 長女は12歳の時に弟が生まれ、まるで母親のように育児を …

食べさせたい相手が違うの。ごめんね^^;

  認知症の父と食事をするために、毎日実家で料理を作る私ですが、 昨日は久しぶりに肉を使った料理を作りました。 豚肉の生姜焼き。 (上の画像からは美味しさはみじんも感じられませんが^^;) …

チョコレートに貼るシールが売ってるなんて知りませんでした。

  次女から手作りチョコが送られてきました。 いつもおじいちゃんのお世話ご苦労様という事で。 お店で買ったみたいにかわいいチョコに歓声の声をあげた私。 今は、チョコに貼れるきれいなシールが売 …

親ばかから見る20歳の大学生息子の成長。笑

自分の手を離れた息子が帰省して今日で3日め。 帰って来た日から置きっぱなしのリュックには、昨日に引き続き、今日はこんなものが置いてあります。^^; 一昨日の靴下は、横に落ちてる。^^;   …

私の取り扱いを熟知している息子。

今日は余りにも一人が寂しいので、息子にメールしてみました。 私:「おーーい!むすこーーーー!」 すると、 息子:「へい!」 私:「母さ、しばらくそっちで暮らそうかな。」 息子:「いいんじゃない?」 私 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ