柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

父の認知症

認知症と思って諦めてはいるけれど

投稿日:

 

認知症の父は、庭に咲いている花が目障りだったらしく、

私が昼寝をしている間に、ばっさばっさと切り刻んでいました。

 

先日までは、花に蝶がとまるのを居間から見ながら、

2人で「癒される光景だね」といって眺めていたんです。

だからこうして写真を撮ったし、

「ユリもきれいだね」と褒めていたのに、

昨日は無残に1つ残らず切られていました。

あらー。( ;∀;)

この光景を見た時は目がテンでした。^^;

 

花、切ったんだね?と父に言うと、「目障りな花じゃからのう」と言ってました。

今日は目障りになったんだ・・・。と心の中で苦笑いです。

 

いつもハサミを持って庭をウロウロしては、

手あたり次第何かしら切っている父。

 

あんなに野菜を育てる事が好きだったのに、

今は、庭の小さな畑に所狭しと何かが植えてあることも、

花が咲いている事も嫌みたいです。

突然、親の仇みたいに切り刻みます。

 

父の家だし、父の庭なので、私は何もいいませんが、

認知症がそうさせると解っていても、

怖い顔をして野菜でも花でも切り刻んでいく父の姿を見るのは

少し抵抗があります。

 

父の介護をする中で、

認知症は機嫌を損ねない事が一番だと解ってきたので、

否定せずに好きにさせていますが、

 

なにか、認知症介護の正解ってあるのでしょうか?

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-父の認知症

執筆者:

関連記事

父にはやってあげられなかった病院付き添いをして思う事。

  ご近所で一人暮らしの高齢者の方が、一人でコロナワクチン接種に行くと言うので、接種する病院も近いし、付き添いとして一緒に行ってきました。 80代後半のこの方は、耳も遠いし、最近まで入院して …

認知症親のひとり介護3ヶ月に入って思う事

  休みなし1日12時間のひとり介護が3ヶ月目に入りました。 今年の夏は、猛暑でしたので、クーラーも扇風機もその使い方を忘れてしまった父を、一人にすると熱中症になるかもしれない不安から、朝か …

施設入居の話をしたのは間違いだったかな。様子が変わる父。

 昨夜の11時頃、父の部屋からのドスンという音と父の唸り声で目が覚めました。 慌てて部屋に行くと、父が半袖の下着1枚になり、ベッドの横の部屋に座り込んでいました。 やっとどうにか父を立たせて、ベッドの …

認知症父の入所準備が着々と進む中、穏やかな日常がありました。

  昼間、施設入所の為に必要な物を買いに出かけました。 向かった先はしまむら。介護用品や年配男性の服が売ってるんですよね。 ちらっと覗いてみて、無かったら少し遠いイオンに行こうと思っていまし …

嫌だ嫌だと言い続けても解決の道は残されてないのに往生際の悪い私です。

  昨夜、夢にうなされて飛び起きました。 大きな声で「待ってください!」と言って飛び起きたと思います。 夢の相手は不動産屋さん。^^;   実家の父はもう一人では暮らせない程おかしな行動が2 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ