柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

母との思い出 親の遺品整理

実家は現実も思い出も反面教師の材料で溢れてる?

投稿日:

 

とにかく「これって高そう」と思うような置物がたくさんある実家です。

全部母が買い揃えた物だけど、

母の亡き後、父にとっては全て邪魔な物となっている置物。^^;

この実家の高かったであろう置物が目に入る度、

「捨ててくれ」と私に頼む父に苦笑いしています。^^;

 

そして、こんな物にお金を使ったって、

死んだらあの世に持って行けるわけでもないのにね。・・・。と心の中で呟き、

この家に住んでいた頃のお金にまつわる母と私の

辛いエピソードを思い出す自分がいます。

 

高校生の頃、

•ピアノの楽譜代をちょうだいと母に言う私に、嫌な顔をしながら1円をばらまかれた事。

•高校の卒業アルバム代を、母のキツイ顔や態度を想像すると母にどうしても言えなくて、

相談した知り合いが見かねてお金を出してくれた事。そして、その事を母が知っても知らん顔していた事。

 

今、高かったであろう実家の置物のホコリを拭きながら、

あの当時の私に対してお金をしぶる母を思い出し、

人間の見栄や自己満足の物欲ってなんだろう。とつい考えてしまいます。

きれいに整頓されて、収まる場所にきちんと収まっているので、

決して邪魔ではないのですが、

こんな高価なものでも、買った本人が死んだら意味ないんだよ。って思いながらほこりを払っています。^^;

 

まあ、私達兄弟3人の中でも、

昔、子供に渡すお金を1円でも渋っていた母の顔を思い出してしまう

私だけが感じる感情かもしれませんが・・・。^^;

 

そうそう、実家には「原色日本の美術」という本が30巻あります。

これにもエピソードがあって、

当時、兄は大学生、私は私立の高校生、父は単身赴任で

家のお金が飛ぶように出ていくのは子供の私でも想像ができました。

 

いつもお金が無いと言っていた母がある日、

「もうすぐ定期が満期を迎える。」と私にいったんですね。

楽譜代を1円で渡される私でしたから、

その満期になる定期預金がなんだか嬉しかったんです。何でも買えるねって。

 

そしたら、しばらくすると、家に大きな美術の本が30巻あるんです。

あの満期になった定期預金全部を使って買ったと母が言った時の私の落胆ぶり。

家族みんなの為に使うんじゃなかったの???と。^^;

と、こんなエピソードありの原色日本の美術30巻は、

母が開いて観ている姿を1度も見た事がなく、

これも、目に入るたびに考えさせられる置物です。^^;

 

まあ、母がパートで貯めた定期預金だったかもしれないので、

どのように使おうが自由なのですが。その当時の私はね・・・。^^;

 

そんなエピソードがある実家に今いると、

•自分の人生後半の生き方、

•物の増やし方、

•子供へ残すもの、

•見栄の捨て方、

•大事なプライドの持ち方を

真剣に考える事ができるという、有難い面もある事は確かですね。

 

まあ、高価な置物を買う事で母が幸せだったのならそれでいいのですが。

それか、見栄があるから生きられたのでしょうか?・・・。

それとも、子供に残してあげたいと思ったのでしょうか?

 

とにかく私が親の形見として欲しいな。と思う物はたった1つ。

私が小さい頃から母が良く使っていたのを目にしていた古びた宝石箱だけ。

親の事が思い出される思い出のもの。

形見ってそんなものだと思います。

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

-母との思い出, 親の遺品整理
-

執筆者:

関連記事

30代の頃欲しかった物が58歳でタダで手に入りました。

実家で凄い物を発見しました。 今年はこの発見によって1万円は浮くことになります。^^ 凄い物とはこれです。じゃじゃーん!笑 32年前に母が20万円で購入したミシンです。   長女がお腹にいる …

50代おひとり様。コンビニの駐車場で嫌いだった母を想い涙する。

  こんにちは。 今朝はなんともいえないけだるさで目が覚めたみのりです。   昨日、久しぶりに1日中パソコンの画面をみていました。次々に襲ってくる難題を一人で解決できた事に満足して …

手作り果実酒を飲みながら、ずるいよ今頃。と涙する私です。

果実酒を飲んでいる時は、嫌な思い出ではなく、
母が亡くなる前のか細く小さくなって、子供のようになった母の姿と、
亡くなる前日に父が母の手を握り、
2人で歩んできた2人の人生をありがとうありがとうと言って話していた時の姿と、
そんな父の言葉を最後の力を振り絞り、
目を大きく開けて聞いていた母の表情を思い出します。

亡くなった母が美化されていく事に不満が爆発しそうになります。

  今までの記事にも何度か母の事を書きましたが、母とは折り合いが悪く、 特に父親似の私が母は苦手だったようで、子供の頃はよく罵声を浴びせられて育ちました。 容姿の事も、兄と妹は母の家系に似た …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ