柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

子供達の事

低コスト生活の私が90円切手を使う理由。

投稿日:

 

先日、夜中の10時になっても息子から何の連絡も無いので、

もう待ちきれずに、「今日は母の日!」とメールを送って母の日ありがとう。を催促してみました。^^;

すると、

「そうそう。(笑)」

「母の日、ありがとう。(笑)」とメールが・・・。

 

はぁ?忘れてたの?そりゃないわ。ガチョーン(古すぎ)とか、色々思いながら、

まあ、返信がきただけでもいいか。と寝ようとしたところへ息子からLINE電話がきました。

 

47分もしゃべりました。^^

 

会話の中で、

前回の帰省中に作ってくれた、汁なし担々麵というメニューが今でもハマっていて、よく作って食べてるけど、その汁なし担々麵の冷凍食品がコンビニに売ってるので、家で作るのが面倒な時は冷凍をチンして食べてる。という話になりました。

 

汁なし担々麵の味の決め手は山椒です。

山椒がもっと欲しいけど値段が高いからね。といっています。

なんというタイミング!

今年も実家に山椒がたくさん葉をつけたので、ちょうど乾燥させていたところ。

 

早速ミルで粉にして、定形外郵便で送りました。

送る時に84切手が無いことに気付きました。次の日郵便局で切手を買おうと思いましたが少しでも早く送ってあげたい。

仕方ない、80円切手と10円切手を貼って90円分として、夜中にすぐ近くのポストに投函しました。^^;

 

メルカリで不用品を出していた時は、金券ショップで1枚1円でも安い切手を買っていたのに、息子は別です。といってもたかが84円→90円の6円の差ですが。^^;

 

こんなケチっぽい事でも、小さな事でも、息子にしてあげられる事が嬉しくてとにかく私の元気の元です。^^

 

昨日も実家の庭で山椒の葉を摘み、2回目の乾燥中です。

 

普段はのんびりなのに、息子のためだと行動が早くなる。^^;

 

母の日のメールを催促したおかげで、47分も息子の声が聞けたし、楽しい会話が出来たし、乾燥させたまま放置していた山椒を送ることができました。

母親にとって、息子という生き物は、なんでこんなに可愛いのでしょうね。

電話の最中に、好き好き好き!という気持ちをもろに表に出さないように必死で堪えましたよ。^^;

 

と、低コスト生活の私が、90円切手を使った理由はこんなところです。

 

とにかく母親から見て、息子という存在はかわいすぎです(親ばかも度が過ぎている^^;)

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-子供達の事
-,

執筆者:

関連記事

明治昭和平成と同じ顔した血の繋がった学生服の3人。

  ある日、実家の写真をみていると、一人の学生服を着た男性の写真が出てきたんです。 それは、「あれ?こんな息子の写真を両親にあげたっけ?」と息子と間違える程そっくりな私の兄の学生時代の頃の写 …

送料は無視!母の味を届けたいそれだけです。

今日は遠く離れた子供達3人に手作りおかずをクール便で送りました。   体調の事や、精神的な心の事もあり、なかなか台所に立てませんでしたが、昨日の夜突然やる気が出て、買い物に行き夜中に5品作り …

落ち込んでいる私に息子からLINE音声での生歌プレゼント

  なんと!息子からLINEにウクレレ演奏付きの生歌がきました。 もう嬉しくて、昔のレコードなら擦り切れるんじゃないかという程聞きました。 「こんなに歌の上手な子他にいるかしら?」と親ばか全 …

心配性もほどほどにと笑われそうですが・・・。^^;

  もうすぐ10月の半ばだというのに、私の住む宮崎は今日も気温が29度でした。4時の現在でやっと27度になりましたが、台所は30度。 戸建ては窓を開けて寝るのが怖いので、閉め切って寝るのです …

シングル家庭の大学生の息子の頭の中。

  底辺暮らしの母を持つわが家の息子は現在大学3年生。 親からの援助なしで県外で大学生活を送っています。 そんな息子ですが、アルバイト先から夏のボーナスを頂きました。 去年の冬も頂いたので2 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ