柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

体感温度の差が違い過ぎる介護の悩み

投稿日:

最近の悩みは、89歳の後期高齢者の父と、58歳の私の体感温度の差です。

日中の気温が23~25度になった最近では、私は半袖1枚で過ごしています。

実家の掃除をするときは、この半袖1枚に薄いズボンも上までまくり上げて靴下も抜いでしますが、それでも汗がにじんできます。

 

父はというと、半袖の下着に長袖のシャツにジーパンと靴下を履き、こたつに電気を入れてすっぽりと入っています。

窓はいつも閉めた状態です。

 

私が部屋の暑さに我慢できない時は、「窓をあけさせてね」と言って窓を少し開けますが、父の「寒くなった」という言葉で窓をすぐに閉める事になるんですよね。

 

私は時々暑くて気分が悪くなるので、庭にでたり散歩に出かけます。

 

最近これの繰り返しです。

 

父はというと、私が暑さを我慢している状態の時に、少し肌寒いからと言って上着を着たりします。そして、電気の入ったこたつにすっぽり入り、熱いお茶を飲みます。

 

思い出すと、去年の夏も、クーラーはつけなくて良い、暑くないと言って私を困らせてましたね。

 

58歳と89歳のこの温度差。

去年は私も今より1歳若かったので何とか父との体感温度の差を我慢できましたが、今年は昨日でもう無理だよ~。って感じでした。

 

私はまだ父のお世話は一日置きですが、毎日高齢者のお世話をする方達は、体感温度の違いも深刻な悩みではないのかなと、私の体験から思ったのでした。

 

これからますます気温があがるのに、どうしようといった困った体感温度の差です。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

認知症の父と地震訓練の話をして思ったこと。高齢者の一人暮らし

最近スマホの画面から地震情報が目に飛び込んでくる事が多くなりました。 そのたび、88歳で一人暮らしをしている認知症の父の事が気になっていたんです。 先日、青森で震度5弱の地震を知ったのを機に、父と地震 …

ネクタイの結び方も忘れてしまった父が言った一言。

こんにちは。 息子の高校の卒業式に今月88歳になる父と一緒に行ったみのりです。     息子が高校に入学した時から、長生きして卒業式にワシも出席すると張り切っていたので、私と一緒に …

認知症で変わっていく父を傍で見て思う事。

  だんだんと日常を忘れる事が多くなった父です。 昨日の私は朝早く7時頃に実家に行きました。 いつもより1時間も早く行ったのは、なんとなくそのほうが良い気がしたから。 案の定、父は起きていて …

高齢者の父には腕より優しさ優先の病院を選んであげたい。

先週、高齢の認知症父が顔から足の指まで血だらけになりました。その時に行った病院での話です。 夜中に近くのやぶに生ごみを捨てに行き、よたよた歩いている途中で大雨になり、やぶの側溝ですべって父が転びました …

50代シニアおひとり様の死ぬまで知りたくなかった事

こんにちは。 父に会う度、妹からの手紙の内容に凹むみのりです。 いくら家族でも、黙っていたほうが良い事ってあると思うんですよね。   少し前、父の通帳一式が見当たらないので、妹に聞いてみたん …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ