柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

体感温度の差が違い過ぎる介護の悩み

投稿日:

最近の悩みは、89歳の後期高齢者の父と、58歳の私の体感温度の差です。

日中の気温が23~25度になった最近では、私は半袖1枚で過ごしています。

実家の掃除をするときは、この半袖1枚に薄いズボンも上までまくり上げて靴下も抜いでしますが、それでも汗がにじんできます。

 

父はというと、半袖の下着に長袖のシャツにジーパンと靴下を履き、こたつに電気を入れてすっぽりと入っています。

窓はいつも閉めた状態です。

 

私が部屋の暑さに我慢できない時は、「窓をあけさせてね」と言って窓を少し開けますが、父の「寒くなった」という言葉で窓をすぐに閉める事になるんですよね。

 

私は時々暑くて気分が悪くなるので、庭にでたり散歩に出かけます。

 

最近これの繰り返しです。

 

父はというと、私が暑さを我慢している状態の時に、少し肌寒いからと言って上着を着たりします。そして、電気の入ったこたつにすっぽり入り、熱いお茶を飲みます。

 

思い出すと、去年の夏も、クーラーはつけなくて良い、暑くないと言って私を困らせてましたね。

 

58歳と89歳のこの温度差。

去年は私も今より1歳若かったので何とか父との体感温度の差を我慢できましたが、今年は昨日でもう無理だよ~。って感じでした。

 

私はまだ父のお世話は一日置きですが、毎日高齢者のお世話をする方達は、体感温度の違いも深刻な悩みではないのかなと、私の体験から思ったのでした。

 

これからますます気温があがるのに、どうしようといった困った体感温度の差です。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

無休の介護が無給にならないように認知症の父と話し合いです。

  昨日から父の自宅介護を毎日私一人ですることになりました。   自宅に他人が入る事を極端に嫌う父は、 ヘルパーさんに来てもらう話をすると、怖い顔になり妄想が始まり 機嫌が悪くなり …

89歳高齢者の父を襲う悪質なワナの数々

私の父は今月で89歳。 私と妹が毎日交代で生活のサポートをしていますが、基本一人で暮らしています。 まだ一人で出来る事もあるので、一緒には住んでいません。 そんな、一人で頑張っている父の暮らしに最近あ …

認知症父の身の回りを改善しまくりました。

  明け方の4時半、父が唸っていたので部屋に行ってみると、ベッドから起き上がれなくて唸っていました。 そこで、私が背中を押してあげて立たせトイレに誘導。床が濡れませんでした。 次は8時。私が …

親の介護で知る妹の異常な性格に私が下した結論

こんにちは。 やっと介護ストレスのスイーツのやけ食いが止まったみのりです。 妹に思い切ってこれまでの事を手紙で聞いてみた結果、私は父の日常のお世話以外、一切関わらない事が自分の身の為だと思うことができ …

子供の優しい一言は効き目がありますね。

    今日はずいぶん涼しくて、 台所が28度よ!と叫ぶように喜んでしまった私です。^^; 今まで朝から34度もある台所で料理をしていたので、ホントに嬉しいです。 涼しくなった途端 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ