柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

高齢の父の事

体感温度の差が違い過ぎる介護の悩み

投稿日:

最近の悩みは、89歳の後期高齢者の父と、58歳の私の体感温度の差です。

日中の気温が23~25度になった最近では、私は半袖1枚で過ごしています。

実家の掃除をするときは、この半袖1枚に薄いズボンも上までまくり上げて靴下も抜いでしますが、それでも汗がにじんできます。

 

父はというと、半袖の下着に長袖のシャツにジーパンと靴下を履き、こたつに電気を入れてすっぽりと入っています。

窓はいつも閉めた状態です。

 

私が部屋の暑さに我慢できない時は、「窓をあけさせてね」と言って窓を少し開けますが、父の「寒くなった」という言葉で窓をすぐに閉める事になるんですよね。

 

私は時々暑くて気分が悪くなるので、庭にでたり散歩に出かけます。

 

最近これの繰り返しです。

 

父はというと、私が暑さを我慢している状態の時に、少し肌寒いからと言って上着を着たりします。そして、電気の入ったこたつにすっぽり入り、熱いお茶を飲みます。

 

思い出すと、去年の夏も、クーラーはつけなくて良い、暑くないと言って私を困らせてましたね。

 

58歳と89歳のこの温度差。

去年は私も今より1歳若かったので何とか父との体感温度の差を我慢できましたが、今年は昨日でもう無理だよ~。って感じでした。

 

私はまだ父のお世話は一日置きですが、毎日高齢者のお世話をする方達は、体感温度の違いも深刻な悩みではないのかなと、私の体験から思ったのでした。

 

これからますます気温があがるのに、どうしようといった困った体感温度の差です。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-高齢の父の事
-

執筆者:

関連記事

父からの生きる事への問いかけに戸惑う私です。

人が何も出来なくなっても生かされる意味を、神様に聞きたいみのりです。   父は88歳。70代半ばに胃がんで手術しましたが、その他はこれといった病気は無しです。 年に1度の後期高齢者の健康診断 …

もうこんな家族どうにでもなれと思った日。

お金の引き出しの件こちらとこちらを皮切りに、色々な事が表に出るようになりました。   妹の心の中、父の性格。   もう、好きにしてくれ!という気持ちになりました。 こんな家族に真剣 …

認知症の父と介護疲れの私を救った夜中の珍客

こんにちは。 大変だった夜通し介護の中、珍客の姿に心をほぐされたみのりです。   朝の4時、まだ真っ暗い外に珍しいお客様がきました。 このかたです。笑     &nbsp …

日常を忘れる事が多くなった父を見守る家族の体力と優しさと忍耐力

  【親の認知症記録】 こんにちは。 私の父は現在87歳。母が亡くなった6年前から実家で一人暮らしをしています。   去年までは寂しいと言いながらも、庭に作った小さな畑に野菜を植え …

昭和6年生まれの89歳の誕生日は親子でうれし泣きです。

  父が元気に89歳になりました。 軽い認知症があり足が少し弱っているほかは病気も何もない89歳です。 •歯は1本抜いただけで他は全部自分の歯。 •内臓の病気も無し、持病も無し。 昨日は私が …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ