柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

シングル家庭の家事情 子供達の事

20歳なる息子の帰省中に苗字の変更を相談します。

投稿日:

 

夜の駅で息子にそっくりな青年に大きく手をふったアホな私です。^^;

ゆうべ息子が帰省したんです。迎えの駅に着くと暗い雨の中、車のライトの向こうに見慣れた立ち姿の青年を発見。

あっ!息子だ!

車の窓を開けて、ありったけの笑顔で大きく手を振ったのに、知らん顔。ん?と思った瞬間横から本物の息子が歩いてきて・・・。

暗闇の中、一人赤面する私でした。^^;

 

しかし、家を離れた子供が帰って来るって、母親にとって幸せな時間ですね。

パンが好きな私に、ジャムのお土産を買ってきてくれました。

 

いろんな話を聞くうちに時間は深夜をまわり、名残惜しいけれどまた明日。

 

朝起きると、相変わらずの風景に笑っちゃいました。

ちっとも変っていません。笑

 

今回は帰省中に、

•4本とも横向きに生えた親知らずの抜歯と、

•今年20歳になるので、国民年金の学生納付特例制度の手続き

•20歳になるまでに決めたい苗字の変更

 

この3つをしなければなりません。

苗字の変更の件は、まだ本人には伝えていませんが、この苗字もわが家は複雑なので(2度の離婚と国際再婚と離婚の中で色々あり)私としては息子が20歳になるまでに、私、息子、次女を私の実家の苗字に戻したいと思っているんですよね。

息子がイヤだと言えば、息子はそのままで仕方ないと思っています。

 

しかし、家の中で話す相手がいるって最高に楽しいですね。

今日から3週間、2人暮らしです。笑

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑
PVアクセスランキング にほんブログ村

-シングル家庭の家事情, 子供達の事
-, ,

執筆者:

関連記事

優しい紅茶ケーキを食べて涙がとまった経験から学んだ事。

  20年前、私の心をふわっと優しく包んだ息子さんのお母様と会いました。 その息子さんの作ってくれたケーキのおかげで、私は前向きになれたし、子供達を、手作りの料理が一番だと信じて育てる事がで …

わが家の部屋がガラーンとしている理由

こんにちは。 新しいわが家は小さいのに荷物がないので、 やけにガラーンとしていて妙に落ち着かないみのりです。   すっきりした部屋に憧れていたはずなのに いざ、すっきりというかガラーンとした …

no image

ゴミ箱から拾い上げたやっぱり大事な物。

実は昨日のコーヒーカップの話から嬉しい続きがあったんです。 昨日の話を読んでない方はまずこちらをお読みくださいね。昨日の話   娘から「覚えているようないないような・・・。」という感想をもら …

待ち焦がれていた再会。

朝から暖房もつけずひたすら料理を作っていました。 洗面所を拭き上げ、身体が冷たいと思って温度計を見ると室内は6°c。寒さも気付かないほど舞い上がっている私です。 今日から数日間、久しぶりに息子と過ごし …

実は不思議な力が娘を守ってくれた気がしてなりません。

長女の帰省中に、国際宗教離婚をした私の元夫の話になりました。 「14年も家族でいたのに、1度も家族には思えなかった。」と長女が言いました。 長女は元夫から馬乗りで暴力を受け、ねじ曲がった宗教の言葉の暴 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ