柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

58歳のシミができた手には似合わないブレスレット

投稿日:2019年11月10日 更新日:

10年程前にちぎれて使えなくなったアクセサリーをリメイクしてブレスレットに作り直したんですよね。

100均で部品のアジャスターを買い、簡単に作ったものですが、気に入って何度か使いました。

先日、しばらくぶりにそのブレスレットを手にはめてみると、

ん?なんだか違うような。変な違和感です。

 

ガビーーーン!でしたよ。(古くてスミマセン)

なんと、手の甲にシミができていました。

で、そのシミがブレスレットの存在の邪魔をしていました。

 

父のお世話で昼間運転しているうちに(九州はまだまだ日差しが強い)

知らない間に腕がやけて黒くなり、手の甲にはシミが・・・。

かなりショックでした。

 

ブレスレットをはめるまで、気が付かなかった手の甲のシミ。

シミが1度目に入ると、ブレスレットが全然似合いません。

それもそのはずです。

このブレスレットの色、シミと同色・・・。

 

とにかく、老化は突然顔をだして主張しますよね。

 

今までの、

•お茶を飲んで、気管にひっかける。

•少しの段差でこけそうになる。

•夕方のうす暗い道は目が薄くて歩き方がよろよろになる。

•何度も聞き返す。

•指が乾燥してお札が数えられない。

•お肉やフライがたくさん食べられない。

•九州こってり豚骨ラーメンが好きでなくなった。

 

こんな老化現象を主張された時もショックでしたが、今回のシミは得にショックでした。

•左利きの私がレジでお金を渡すその左手にできました。

•今年こそは中指に誕生石の指輪が欲しいと思っていたその左手にできました。(あぁ~涙)

それにこんな手、恥ずかしい。

結構ドスンと何日か落ち込んだ私です。

が、

日が経つにつれ、58歳おひとり様で親のお世話で忙しい一人暮らしの私の手にシミができたところで、誰に対して恥ずかしいのやら。と開き直りこの悩みは一件落着したのですが、

しかし、

最近は、シミよりも手のシワが気になり始め、リメイクしたブレスレットはますます似合わなくなってしまいました。

 

50代後半って老化にびっくりしたり落ち込んだり、開き直ったりの日々ですね。

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

PVアクセスランキング にほんブログ村
 

-自分の事
-

執筆者:

関連記事

みのり豊かな人生で終われる為の大切な気持ち

  最近の私は、自分のこれから先の残りの人生は、 今持っている特技や趣味を誰かの為に思いきり使って人生を終わりたいな。と思うようになりました。 例えば、私はピアノが弾けて歌も歌えるのに、その …

ひざ掛けに包んだパソコンだもの。アナログ人間に見えるよね。

  最近、40代の方と知り合いになりました。 この人から見る私の印象は、機械にうとい機械オンチ。昭和のアナログ人間。と言ったところなんだと思います。 とにかく笑っちゃう程私がコチコチのアナロ …

介護の怒りの矛先は父ではなく亡くなった母にでした。

昨夜またも途方に暮れるような事が起こり、私が半泣き状態で父を介抱しているさなか、認知症で何も覚えていない父は、私が手当てした包帯やガーゼをかたっぱしから外してしまいます。 やっとベッドに寝かしつけた時 …

一人で頑張ってきたのではないと気付くまでの長い道のり。

  昨日、もう2度と行かないと思っていた教会に行きました。 そこで約20数年前、 私が30代後半の頃に出会った優しい方達に再会する事ができました。 そこは賛美歌が歌いたくて元夫と通った教会。 …

終わったはずの再婚候補の話。続編^^;

    終わったはずの再婚候補の話に続きができました。笑 前回の話はこちら。   あれから頭をひねるような続きがありましたよ。^^; Aさんからまた着信がありました。 本 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ