柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

自分の事

センスなし、野暮ったい引きこもり50代おひとり様の暮らしを頑張ります。

投稿日:2019年1月4日 更新日:

 

こんにちは。

今年の手帳に、「野暮ったいままでいい。自分らしくありのままの暮らしを楽しむ」と書いたみのりです。

 

今日は時間がたっぷりあったので、これから先の事や今までの生活を振り返りながら目標を立ててみました。

 

野暮ったくていい。自分らしくありのままの暮らしを楽しむ

 

これを今年のモットーに生活する事にした理由はというと、

 

•変わりたい。

•今変わらなきゃ遅れてしまう。

•環境を変えたのだから、自分も変わらなくちゃ。

 

という思い込みの間違いに気づいたからというのが理由です。

 

ほかの50代のかたの生活ぶりをブログや本で拝見すると、カッコよさが満載でとても素敵で刺激的。で、自分を振り返ると、素敵な生活とは程遠い野暮ったくてありゃりゃ?な自分。

 

地味で、物欲がなくて、食にこだわりもなくて、花もお店の花よりも雑草が好き。路地裏が好きで、苔を見るのが妙に好き。1億って言葉にはまるで関心がないけれど、小銭を貯めるのは大好き。一番の幸せは、太陽の匂いがするお布団にくるまる子供の寝顔。

 

どこにも素敵さやカッコ良さの無い自分。

でも、これが私なんですよね。

 

この野暮ったさが私の自分らしさなのでは?と気づいたんです。これが自然体の私?

イヤでも認めざるを得ない事実に気づいたんですね。

 

そして、野暮ったい自分を認めたら、57歳という年齢の私は、他人を羨ましがらない。もう上を目指さない。ありのままの生活を大事に維持する。そんな生活がベストなんじゃないかと思えるようになってきました。

これまで頑張ってきて、50代後半になってまで上を目指す必要あるのかな?と。

今の生活を大切に肩の力を抜いて自分らしく暮せばいいんじゃないのかな?と。

 

そう思いませんか?

 

私がこんな風に思えるようになったのは、やはり今の小さな暮らしになってからかな。この小さな必要最低限の今の暮らしが自分が自然体で暮らしやすくて、今以上の上の生活を目指す事の意味が解らなくなった事が大きいです。

地味で物欲がなくて、食にもこだわりがない事が、小さな暮らしで活かされている。と気づいたんです。

 

という訳で、

今年は、野暮ったくも、自分らしくありのままの暮らしを楽しみながら、おひとり様のこと、節約のこと、子連れ国際離婚のこと、今の暮らしぶりのことなどを綴っていきたいと思います。

センスなしの野暮ったい引きこもり50代おひとり様の暮らしを今年は楽しみたいと思います。

今日もお読み頂きありがとうございました。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

-自分の事
-,

執筆者:

関連記事

そっちがそうならこっちは食費0円よ!というちっこい反撃

    食費0円のみのりです。   一日おきの父のお世話で実家に行く私ですが、 実家に行った日は、父からお金を貰って食料品の買い物に行きます。 父が「お前の好きな物も一緒 …

50代シニア。消してしまいたい人生履歴が今の幸せに繋がっているという実感

  人生に起きた事の全ては繋がっているんだなぁと最近思う事が多いみのりです。 父の介護をする中で、父のこれまでの人生の話を聞く事が多くなり、 自分のこれまでの人生を振り返る事も多くなりました …

買い物恐怖症を克服しつつあります

  この部屋に引っ越して1年の間に買った生活用品。 それは掛布団カバーたった1つ。 私は、買い物恐怖症になっているんだと思います。 不審者から逃れるための去年の引っ越しが、トラウマになってい …

おひとり様の練習3日めの朝。すでに一人暮らしに飽きました。

  こんにちは。 只今、「完全おひとり様」を練習中のみのりです。 息子が受験のため、4日いない間の期間限定おひとり様練習中という訳です。   やっとひとり♪ ついにひとり♪ ようや …

宗教DVの子連れ国際離婚は以外にも深い爪痕を残します。

こんにちは。 春になると、フラッシュバックに悩むみのりです。   子連れ国際再婚の14年間で一番苦しかった2013年の春。 この年の春を境に苦しいフラッシュバックが起き始めました。 &nbs …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ