柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私 高齢の父の事

まさか認知症の父と会話が出来るなんて夢のようでした。

投稿日:

 

認知症父の面会に、次女と一緒に行って来ました。
次女は施設に会いに行くのも、認知症が激しくなってからの父に会うのも初めてです。

 

前回の面会の父の様子から、変わり果てた父を見て次女が悲しむかもしれないと思ったので「おじいちゃんを見てもびっくりしないでね」と伝えて家を出ました。

ですが、施設に着くと、もうすでにビニールのカーテンの向こうで待っていた父は、私達の姿を見て、

「おたくさま達はどなたさんですかな?」とニコニコしてこっちを見ていました。

視線をこちらに向けて、しっかり目が合いました。

「おとうさん、こんにちは♪」と私が言うと、

「よく来てくださいましたなぁ」と。^^

そして、「お父さんの孫の〇〇ちゃんも一緒だよ。」と次女のほうに視線を向けさせると、「次女ちゃんかい?それはありがとう」と父はしっかり次女に向かって挨拶しました。

記憶は無いけれど、認知症になっていても覚えているふりをしてくれるその気遣いに次女も嬉しそうでした。

父に、ご飯は美味しく食べられてる?って聞くと、「ああ、美味しく頂いておりますよ。」とニコニコして言ったので、

じゃあ今度、お父さんの大好きな宝楽饅頭を持ってくるね。みんなと分けて食べられるようにたくさん持ってくるね!と私が言うと、

「宝楽饅頭?それはわしの大好物ですぞ。それはいいですなぁ」と目が輝かせ私の方を向き、声を出して笑っていました。

 

次に、「そうだ!お母さんがとびっきり奇麗に写っている写真を今度持ってくるね。お母さんが一人で写っているのとお父さんと一緒に写っているのとどっちの写真がいい?」と聞くと、

少し考えて「両方がいいですなぁ」と言ったので、傍にいた施設の方と私と次女と父と皆で笑いました。

認知症なのに、私と次女に失礼のないように、差しさわりないように応えようとする昔の父そのままでした。

 

宝楽饅頭の話の時も、母の写真の時も、父が「お宅さんはお気遣いの出来る方ですなぁ」と言いながら私に微笑んでくれました。

こうやって笑う父がまた見られるなんて夢のようでした。

それから、実家の庭の花の事、父が植えてくれた果樹の事を話しているうちに面会時間の15分のベルが鳴り、

じゃあ、お父さんまたね。と私が立ち上がろうとした時、果樹の話をした時の「柿の名前は何じゃったかのう?」と父が聞き返したので、びっくりでした。

えっ??お父さん、果樹の話の記憶が残ってたの?

この最後の父の一言が、どれだけ嬉しかったことか。

前回の面会で、もう父との会話のキャッチボールを諦めていた私だったので、今回の父との面会は私の力にもなりました。

昨日は父の目に力があったし、言葉も多かったので、本当に嬉しかったです。

認知症の父が、
一生懸命生きているのが次女にも私にも充分過ぎるほど伝わった昨日の面会でした。

◆迷惑そうな顔をする認知症父に戸惑う私でした。

◆私を忘れた認知症父の事をもうこれで充分だよと思えたのは。

◆「認知症の父と私。」一覧

 

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

-認知症の父と私, 高齢の父の事
-,

執筆者:

関連記事

全ての値上げと認知症父の施設入所の不安。

最近ふとした時に、不安に思う事があります。 それは、このまま物価や公共料金の値上げが続いた場合、父はどうなっちゃうのだろう?って。 そうなんです。施設の料金が上がりまくり施設の入居費が払えなくなったら …

意見の違う2人介護よりひとり介護が楽でいい。【ひとり介護1ヶ月めの記録】

  認知症要介護1父のひとり介護になって1か月が経ちました。 1ヶ月私ひとりで介護をやったてみた感想は、 「ひとり介護は楽。」の一言に尽きます。   父は要介護1と言っても、 まだ …

今日の認知症父は私の事は忘れても昔の記憶は鮮明でした。

  4日ぶりに施設の父に面会に行って来ました。 父との面会は、分厚いビニールのカーテン越しで15分間。それでも姿が見えて声も聞こえるので嬉しいです。 私を見ても、「お宅は誰かな?」と娘という …

父の徘徊も夜中の唸り声も治まったのは安心したからでしょうか?

今日は朝から実家の押入れの物を一旦出して、パズルのようにすき間なくきれいにはめ込んでいました。 実家のどこに私の荷物を置く場所があるのだろうかと思っていましたが、 収納は多いのに、実家はその多さを活か …

認知症父への殴り書き 続編

  昨日の私の父への怒りは、夕方実家に戻ると消えました。 昼間3時間ほど、実家を離れただけなのに、私が「ただいま~」と帰ると、 まるで小さな子供が母親の帰りを待っていたかのような表情の父がそ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ