柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

今日の認知症父は私の事は忘れても昔の記憶は鮮明でした。

投稿日:

 

4日ぶりに施設の父に面会に行って来ました。

父との面会は、分厚いビニールのカーテン越しで15分間。それでも姿が見えて声も聞こえるので嬉しいです。

私を見ても、「お宅は誰かな?」と娘という事を思い出せませんでしたが、優しい表情で顔色もいいし、思い出して貰えないくらい何てことないです。

それに今日はとても嬉しい事があったんです。

私の長女から、先月産まれたひ孫の画像がたくさん送られてきたので、それをスマホで父に見せていたんですね。

すると写真を見ながら父が、「この子はお前の長女ちゃんの赤ちゃんの頃にそっくりだね。」と言いました。

「お父さんもそう思う?」と聞くと、「よく似ておるぞ。思い出すよ」と言いました。

長女が赤ちゃんだった頃の事を思い出してくれたなんて、感激でした。

前回あった時は、赤ちゃんは私が産んだ事になっていたのに、今日はしっかりと事実が解っていましたね。

こんな会話ができるなんて夢のようでした。

 

15分の面会時間が終わり、じゃあまたね。と私が言うと、
「ワシは病気じゃないですが、一人暮らしで自由に行き来ができんので、失礼しております。」と父が言いました。

「また明後日来るからね。楽しみに待っててね」と言うと、
「遠いところを来て頂いてすまないね。」と手を振りながらにっこり笑っていました。

 

最後まで私の事はお客さんだと思っていたようですね。それでも、ひ孫の写真を見て、長女の赤ちゃんだった頃を思い出してくれた事が私にとっては何よりの嬉しいサプライズでした。

 

あんなに施設に入れた事に心が苦しくなっていた私ですが、今日のように、優しい笑顔で昔を思い出しながら笑う父の顔を見る事ができるなんてあの頃想像もできない事でした。

 

こんな幸せそうな父を見る事が出来れば、私の事を忘れられても少しも残念ではありません。

  

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

私を心配する認知症父に涙です。

今日も不足分の日用品を持って施設に行ってきました。 父が施設に入所して今日で4日目です。 そして私は、認知症なのに私の事を心配して「娘が心配だから帰る。」と言ったという父の話を聞いて号泣してしまいまし …

認知症父よ。これはもしや施設入居拒否のアピールなの?^^;

今日は父を入居させたい施設2ヶ所から、父の様子を見にいらして下さいました。 父はなぜか体調も頭も絶好調で、昨日までの事が嘘みたいな対応でびっくりしたのです。 トイレも私の誘導でスムーズにでき、ご飯も朝 …

思わず泣いてしまった病院での出来事

今日は 何度も行くのを渋っていた父の整形外科に行ってきました。 なぜ行くのを渋っていたかと言うと ・ヨタヨタとやっと歩ける父を必死で車に乗せ、 ・病院に連れて行き必死で車から降ろし、 ・靴を脱がせ、 …

家が燃えなかったのが奇跡です。

  今朝、父がいつも寝ている部屋に行くと、 信じられないような光景が目に飛び込んできました。 私は震えが来て、そこにへたり込んでしまいました。 夜中の3時頃までは父がいつものように唸っていた …

2種類の涙。

昨夜、北海道の長女に赤ちゃんが産まれました。 大切な宝物が1つ増えました。 そして昨夜の私は、2種類の涙が出ました。 1つは、初孫が無事産まれてきてくれた事の嬉し涙。 もう1つは、施設にいる認知症の父 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ