柔らかく楽しく生きる。

50代おひとり様が、小さな暮らしの中でささやかながらも楽しく暮らす日常を綴っています。

認知症の父と私

今日の認知症父は私の事は忘れても昔の記憶は鮮明でした。

投稿日:

 

4日ぶりに施設の父に面会に行って来ました。

父との面会は、分厚いビニールのカーテン越しで15分間。それでも姿が見えて声も聞こえるので嬉しいです。

私を見ても、「お宅は誰かな?」と娘という事を思い出せませんでしたが、優しい表情で顔色もいいし、思い出して貰えないくらい何てことないです。

それに今日はとても嬉しい事があったんです。

私の長女から、先月産まれたひ孫の画像がたくさん送られてきたので、それをスマホで父に見せていたんですね。

すると写真を見ながら父が、「この子はお前の長女ちゃんの赤ちゃんの頃にそっくりだね。」と言いました。

「お父さんもそう思う?」と聞くと、「よく似ておるぞ。思い出すよ」と言いました。

長女が赤ちゃんだった頃の事を思い出してくれたなんて、感激でした。

前回あった時は、赤ちゃんは私が産んだ事になっていたのに、今日はしっかりと事実が解っていましたね。

こんな会話ができるなんて夢のようでした。

 

15分の面会時間が終わり、じゃあまたね。と私が言うと、
「ワシは病気じゃないですが、一人暮らしで自由に行き来ができんので、失礼しております。」と父が言いました。

「また明後日来るからね。楽しみに待っててね」と言うと、
「遠いところを来て頂いてすまないね。」と手を振りながらにっこり笑っていました。

 

最後まで私の事はお客さんだと思っていたようですね。それでも、ひ孫の写真を見て、長女の赤ちゃんだった頃を思い出してくれた事が私にとっては何よりの嬉しいサプライズでした。

 

あんなに施設に入れた事に心が苦しくなっていた私ですが、今日のように、優しい笑顔で昔を思い出しながら笑う父の顔を見る事ができるなんてあの頃想像もできない事でした。

 

こんな幸せそうな父を見る事が出来れば、私の事を忘れられても少しも残念ではありません。

  

今日も話を聞いて頂きありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

↑お手数ですがクリックして頂けると嬉しいです↑

↓こちらもぜひよろしくお願いします↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

柔らかく楽しく生きる - にほんブログ村

 

-認知症の父と私
-

執筆者:

関連記事

1日が父で始まり父で終わる認知症ひとり介護も最終段階に入りました。

最近は、朝父の部屋に行くと、父は畳に落ちています。歩けると錯覚してベッドから一歩踏み出してなだれ込むように体勢が崩れるのだと思います。 そんな父を見ても慌てず、車椅子に乗せる事が出来るようになりました …

認知症施設入所の請求書を見てしばらく息が止まった私でした。

保険料3割で要介護4の父の8月の請求書が届きました。 目がテンになるほど高額な数字を見ながら、心臓がバクバクしながら息が止まってしまった私です。 今のままだと、支払いが毎月の年金額を少し超えているし、 …

風呂おやつ昼寝付きの最高の住み込み家政婦だと思えばね。

今日は私の嫌味も父のおかず捨て活もなく平穏に過ごせました。 こんな日はこれから先の事をプラス思考で考える事ができます。 今日は自分の事を、好き放題出来る住み込みの家政婦だと思えばいいんじゃない?と思っ …

親から年寄りか老人かドロボーと言われます。^^;

ケアマネージャさんに施設入居の相談をした途端、ひと言も父の前では施設の事は口に出していないのに、何かを察したかのように、私を褒める言葉が増えた父。 一生懸命褒めてくれているつもりだろうけれど、やはりそ …

うち殺してやる!って、お父さん・・・。施設入所後父は豹変しました。

  昨夜は寝る前に明日は有意義な一日を送ろう。と心に決めていました。 もう、大変だった介護は終わった。とそう思っていたから・・・。 朝起きて、やることリストをスマホに書き、シャワーを浴びて朝 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ運営者

こんにちは。 minoriと申します。 最近、心も体も丸くなってきた アラフィフおひとり様です。 どうぞよろしく! 詳しくはコチラをご覧ください  

介護日記まとめ